角質トラブルについて


ウオノメ


タコ
ガサガサ
カカト
ガサガサ
カカト

角質トラブルの原因とは?

皮膚の機能の一つに外界からの刺激から身体を守るという役割があります。
靴による刺激などの外力が加わると、皮膚の機能がはたらき、皮膚の表面の角質層を厚く硬くして身を守ります。
それがタコやウオノメ・ガサガサカカトです。


本来足には3つのアーチの構造が存在しており、歩行時の衝撃吸収や安定性を高める役割をしています。
足の筋肉や靭帯が加齢や運動不足によって弱くなると、このアーチ構造が崩れてしまいます。
その状態には扁平足・開帳足などがあり、放置することによって外反母趾や内反小趾、外反扁平足という変形を引き起こしていることがあります。
また土ふまずが何らかの原因で高すぎるハイアーチや、
足指が地面に接していなかったり、適切に使えていない浮き指

という状態の方がいます。

このように足が変形している状態でサイズや形が足に合っていない靴を履くと、出っ張っている部位が靴に当たったり、摩擦を受けるなどの外的刺激が加わることで角質トラブルが起こります。

ウオノメとタコの違いは?

どちらも外部からの刺激や圧力に対して自らを守るため、角質層を厚くしてしまうのがタコやウオノメです。

タコは皮膚の上に向かって厚くなって行くのに対して、ウオノメは皮膚の奥に向かってくさび状に入り込んでいきます。

タコはそれほど痛みがなく、感覚が鈍くなってきますが、ウオノメは激しい痛みを伴います。

タコ・ウオノメMAP

足の変形の種類によってできるウオノメやタコの場所がだいたい決まっています。

その位置をあらわしたのがタコ・ウオノメMAPです。
赤がタコ・青がウオノメです。
外反母趾: 母趾の付け根の関節・母趾の裏側・母趾の横
内反小趾: 小指の付け根の関節・第4趾と小指の間
開帳足:前足部の中央部
ハンマートゥ:第2~4趾の指先
O脚・内反足:足の小指側の真ん中あたり
浮き趾:指の付け根

足の出っ張っているところが靴に当たって刺激を受ける他、
外反母趾の場合は母趾でうまく地面を蹴るように歩けないため、
母趾の裏側にタコ・ウオノメができます。
内反小趾の方は小指が第4趾のほうへ曲がってくっついてしまうので、間が圧力を受けます。
開帳足の場合は横アーチが崩れているため、ここに圧力がかかってしまいます。
 


サロンでできる角質のケア

【ケアの流れ】
①足浴をします。
②大きな硬いタコはコーンカッターで少しずつ削っていきます。
③だいたい平らになったら、フットケアマシンと角質用のアタッチメントを使って滑らかにしていきます。
指先など細かい所のタコも細かいアタッチメントを使ってキレイにしていきます。

④ウオノメは細い専用のアタッチメントで芯を取り除いていきます。
⑤ガサガサカカトもある程度までアタッチメントで削っていきます。
⑥最後に手作業で目の細かいやすりをかけて滑らかに仕上げます。

⑦足専用の保湿化粧水とクリームを塗布し保湿します。

※ほとんど痛みはありません。

角質ケアの例

立ち仕事が楽になりました

40代女性
【お客様の声】
これくらいのタコやウオノメは普通だと思い、あまり気にしてしませんでしたが、リフレクソロジーのついでに取っていただいて、立ち仕事がとても楽になりました。もっと早く取ってもらったらよかったと思います。


気になって仕方がなかったタコが1回でとれました

30代男性
【お客様の声】
空き時間を利用して直前に予約しましたが、空いていたのですぐに対応してもらえました。
左右の小指の付け根にできた大きなタコとカサカサのかかとが気になっていましたが、全く痛みもなく施術中に熟睡してしまうほどでした。起きるとスベスベになっていて感激しました。

歩くのが楽になりました。

40代女性
運動不足解消のため歩いて通勤するようになってから、ウオノメが痛み出しました。
短時間で痛みもなくスッキリ取れました。
この場所にウオノメができる原因や予防法なども教えていただいて、これから気を付けていきたいと思います。

ご予約方法について

◆角質ケアの場合のおすすめメニューは「フットケア」の各コースとなります。
上のボタンでホームページに戻ってメニューをご確認下さい。
トラブルの程度により3段階に分かれておりますが、ネットでのご予約は「フットケア」でお取りください。
2時間の枠が確保できます。
どのコースになるかはお足を拝見してからご相談とさせていただきます。
初回は施術前後のカウンセリングのお時間もかかりますので、十分な余裕をもってご来店下さいませ。

◆訪問をご希望の場合はネット予約を受け付けておりません。
ご予約される方は、ご面倒ですが上のボタンから介護予防フットケアのページに戻っていただき、お問い合わせフォームにご記入の上送信してください。
または080-6142-8436までお電話下さい。
施術中は電話にでることができません。
メッセージを残してくださるか、またはショートメールでもかまいません。
のちほどご連絡いたします。

サロンのご予約はこちら