2020年おすすめゲーミングPC

人気PCゲームの推奨スペックや最新CPUとグラボの
トレンドを踏まえてコスパの良いゲーミングPCを紹介します

10万円以下のおすすめゲーミングPC

価格を抑えながらも最新ゲームを中設定以上で遊べるスペック

税込み10万円以下ではドスパラのガレリアRT5がイチオシです。
コスパが良い理由はCPUに2018年に発売されたRyzen5を搭載している点です。IntelのCPUより安価に同等性能を発揮できます。税込みでも10万円を切っているにもかかわらずメモリはしっかり16GB。重要なパーツであるグラボも最新のGTX1660Tiを搭載しており、ストレージもSSD+HDDのハイブリット構成と隙がありません。

ノートPCで価格重視ならこの機種

デスクトップPCより2割以上高額になってしまうゲーミングノートPCもドスパラのゲーミングノート売り上げ1位モデルなら低価格でこのスペック!!省スペースを重視するならこのモデル
2019年下半期に発売されたばかりの最強コスパノートであれば軽いゲームは快適で最新の重たいゲームも画質を下げれば十分遊ぶことが可能です。2019年11月にはメモリが16GBに無料アップグレードされています。

最新ゲームを高設定で遊ぶハイエンドでもコスパが大事

売れ筋モデルがさらに安く!!

ドスパラで不動のランキング1位【ガレリアXF】が10月の消費税増税にも負けず1万4,000円引きされ、増税前より安く購入できます。無料アップグレード祭りで全体のスペックがバランスよく高くまとまっており、他社と比較しても圧倒的コスパを誇っている2019年のベストバイゲーミングPCです。



CPU

IntelのハイエンドCPU。Core i7-9700Kを搭載しておりRTX2070SUPERの性能をフルに発揮できるほか、ゲーム配信も高画質で可能です。

グラボ

2019年7月に発売されたばかりの最新グラボRTX2070SUPERはハイエンドモデルの人気グラボです。既存のゲームはもちろん最新ゲームも高設定から最高設定でプレイ可能です。

メモリ
メモリはしっかり16GB搭載でメモリにおいても推奨スペック不足になることはありません。
ストレージ
超高速NVMeSSD+HDD構成とストレージにも手を抜いておらず、PCの起動やゲームのロード時間が大幅に短縮されます。
ストレージ
超高速NVMeSSD+HDD構成とストレージにも手を抜いておらず、PCの起動やゲームのロード時間が大幅に短縮されます。

レビュー抜粋

GALLERIA XF 基本モデル CPU、メモリ、SSDが無料アップグレードキャンペーンだったため、即決。 納品も早く、お店の対応はすこぶる良い感じです。 試しにバトルフィールド5を高解像度で実戦しましたが 特にカクつくこともなく、ファンの音も気になりませんでした。 SSD採用により、PC起動も早く、無料アップグレードの恩恵も受けたため コストパフォーマンスはものすごく良いです。
前回PCを購入したのが約8年前で、さすがに性能的に使いにくさを感じ始めたので、 こちらのPCを購入しました。 やはり今までとは動作の速さが全然違い、別世界になりました。 PCの立ち上げも数秒ですし、ゲームも今まで低解像度でやっていたものが、 高解像度でヌルヌル動くようになり、とても感動してます。 ベンチマークで測ってみると、スコアが数倍違うので、 性能の高さを感じています。 また、今まで使用していたPCは、ファンか何かがうるさいと感じていたのですが、 こちらはとても静かで驚いています。 注文後、2日で届いたのもよかったです。 次回PC購入時も、こちらで検討させていただきたいと思いました。
前回PCを購入したのが約8年前で、さすがに性能的に使いにくさを感じ始めたので、 こちらのPCを購入しました。 やはり今までとは動作の速さが全然違い、別世界になりました。 PCの立ち上げも数秒ですし、ゲームも今まで低解像度でやっていたものが、 高解像度でヌルヌル動くようになり、とても感動してます。 ベンチマークで測ってみると、スコアが数倍違うので、 性能の高さを感じています。 また、今まで使用していたPCは、ファンか何かがうるさいと感じていたのですが、 こちらはとても静かで驚いています。 注文後、2日で届いたのもよかったです。 次回PC購入時も、こちらで検討させていただきたいと思いました。

最新トレンドを学ぶ

推奨スペックトレンド
2019年の大型ゲームタイトルのトレンドはCPUに4-5年前のi7かRyzen5の1000番台か2000番台。グラボにGTX1060 6GBが主流となっています。ゲームクライアントの容量は数十GBが当たり前なのでロード時間を短縮させるため400GB以上のSSD搭載モデルがオススメです。メモリは12GB以上を推奨するタイトルも少しずつ増加傾向にあるので最低8GB。予算が許すのであれば16GB搭載しましょう。
グラボ解説
大半の推奨スペックを上回る最新グラボはGTX1660、1ランク上のモデルであるGTX1660Tiの売れ行きが良くGTX1660Tiであれば最新のゲームをフルHD環境で快適に遊べます。より高解像度または144Hzモニタを使用して高設定を楽しむにはRTX2070が目安となります。
CPU解説
CPUは2019年4-7月にかけてIntelとAMDからそれぞれ最新モデルが発売されました。Intelは9000番台。AMDは3000番台が最新モデルです。RTXグラボを搭載するのであればi7やRyzen7をチョイスしましょう。GTX1660Ti以下はi5やRyzen5でもボトルネックになりません。
CPU解説
CPUは2019年4-7月にかけてIntelとAMDからそれぞれ最新モデルが発売されました。Intelは9000番台。AMDは3000番台が最新モデルです。RTXグラボを搭載するのであればi7やRyzen7をチョイスしましょう。GTX1660Ti以下はi5やRyzen5でもボトルネックになりません。

ドスパラの特徴

ドスパラは国内最大手BTOゲーミングPCメーカーでコスパNo.1メーカーです。
私も初めてのゲーミングPCはドスパラで購入しました。
2019年10月の増税後も大手メーカーで唯一キャッシュレス決済による
5%還元が適用されよりコスパがよくなりました。
E-sportsにも力を入れており第2回全国高校eスポーツ選手権を主催するなど
将来を担う若者を支援しています。

おすすめゲーミングPCを選んだ基準

  • 毎日のようにゲーミングPCメーカーをチェックし、選りすぐりのモデルからスペックに対してコスパが最も優れたモデルを紹介しています。
  • 人気ゲームタイトルの推奨スペック調査は3年間で70を超えており推奨スペックのトレンド分析にも精通しております。
    推奨スペック解説ブログ
  • 最新ゲーミングPCのレビューは2019年だけで20機種を超え、1機種当たり6時間近くかけて良しあしを学んでいます。

    ゲーミングPCレビュー記事