学生 × 社会人 座談会 #がくしゃか

これから何を目指したら良い?と悩む学生と
今を思い切り楽しむ社会人との対話を生み出すプロジェクト
「学生×社会人 座談会」 #がくしゃか


What's がくしゃか?

学生と挑戦する社会人の交流を通じて原体験を創り出すオンラインイベント
  • 社会人メンターによる小規模座談会を実施し、学生に将来への希望とやる気を出す材料を提供
  • オープニングでは基調講演やパネルディスカッションを行い、学生に「自分の殻を破る」きっかけづくり

イベント参加者同士の交流機会の創出
  • イベント参加者が加入できる非公開facebookグループでの、参加者同士の交流機会の創出

言い出しっぺ:濱本隆太

国内メーカー勤務 濱本隆太

2011年岡山大学卒業。国内電機メーカー入社。7年間法人向けソリューション営業担当を務め、数十億円のビジネスを受注。その後、有志活動で注目を集め、社内起業家育成プログラムの企業内アクセラレータに就任。数百の事業アイディアを発掘。

20以上のアイディアを実証実験フェーズまで推進し、2件の事業化に貢献 。

経済産業省次世代イノベーター育成プログラム「始動」国内プログラム選出。経済産業省主導の若手官民政策提言活動「ELPIS」メンバー。社内有志活動のパナソニックインキュベーションプラットフォームBOOST共同代表。直近は1,000人来場のONE JAPANカンファレンス2019の全体統括を務めた。共創型実行団体ONE Xのフェローとして、課題発見→課題解決の仕組みづくりを推進中。

企画のきっかけ
私(濱本)は、就職氷河期の2011年入社です。
今回のコロナショックのニュースを観ながら、
自分自身のリーマンショック後の就職活動のことを
思い出し、胸が苦しくなりました。
挑戦する社会人との交流を通じて、
学生の不安を取り除き、彼らを勇気づけ、
自身の殻を破るきっかけを創っていきたいと
思うようになりました。

運営メンバー&ご協力いただいた社会人の皆さん

運営メンバー
vol.2に協力いただいた社会人
vol.1にご協力いただいた社会人
vol.1にご協力いただいた社会人

第1弾がくしゃか後の学生らの動き

女子学生のための働き方を考えるワークショップ
地方について熱く語り合う会
コロナでも楽しく生きるワークショップ
コロナでも楽しく生きるワークショップ

マレーシア人と話してみよう!

JP&EN ONLINE CAFE

KANSAI U25 SUMMIT
みんなのおうちプロジェクト おうちでインタビュー水口哲也さん
みんなのおうちプロジェクト おうちでインタビュー水口哲也さん
がくしゃか ごちゃまぜ雑談会
実家の事業のデジタル化
九州の学生イベント始動
SDGs×コロナイベント
東大生×藝大生のアート企画
高校生主催のコロナ関連イベント
テンプル大学ジャパン関連イベント
消しごむはんこワークショップ
学生による環境関連イベント
九州の学生イベント始動

第1弾がくしゃかの反響

計230名、学生の99%が「次回も参加したい」と回答してくれました。第1回の当イベントが終わってから、学生がそれぞれ主体的にイベントやサービスの仕掛け人となっていく大きなモメンタムが創り出されてきました。

更に第2回の当イベントでは、20名以上が緊急ピッチプレゼンテーションを行ってくれました。第2回終了後は九州地区で大きな学生コミュニティを創る動きが生まれたり、地元の酒屋を救おうとする実家の娘が現れたり、非常にアクティブな学生が溢れてきました。

参加学生の声

・・・・・・
20代 大学生
・・・
20代 男性
・・・・
20代 女性
・・・・
20代 男性
・・・・
20代 男性

プロジェクトを応援する

次回開催があれば参加したい学生・がくしゃかを応援したい社会人の皆様はぜひ、公式Facebookページに「いいね」をお願いします。

随時、最新情報がアップされます。

よくあるご質問

  • Q
    ・・・・か?
    A
    ・・・です。
  • Q
    ・・・ですか?
    A
    ・・・です。
  • Q
    ・・・ですか?
    A
    ・・・です。
  • Q
    ・・・ですか?
    A
    ・・・です。