知っていましたか?リセールバリューが悪く、値が付きにくい輸入車が高く売れることを


輸入車を所有しているあなたへ、こんな悩みはありませんか?
輸入車は高く売れない......


輸入車を所有している人は、実感されているのではないでしょうか?

ディーラー査定やあらゆる査定に出してみても、大して値が付かないことを。

せっかく大事にきれいに乗ってきたのに..
まだそんなに年数経ってないのにこんな値段低いの⁈


など、街中で一般的となっている輸入車でも売買事情は厳しいものがあります。


あなたも疑問に思うでしょう。
なぜ、輸入車が高く売れる傾向にないのかということ。
それには大きく3つの理由が存在します。
全体的に流通量が少ない
昨今、輸入車を街中でよく見かけるといっても、当然ながら国産車の台数を上回っているわけではありません。

一番売れてる国産コンパクトカーなどに比べれば流通量も雲泥の差です。


プレミアム性はあっても全体的なシェアは国産車に及ばず、売買における利益は不利。

故障リスクも含めて販売業者も取り扱いにリスクが生じるわけです。

こういった事情も輸入車のリセールバリューの悪さにつながっています。

修理コストなどが国産車より高い
輸入車では故障した際の、修理費が国産車より割高になるケースが多いです。

幾度か経験されたオーナーの方も多いでしょう。

車両を大量生産していないことによる、全体的なパーツ流通量の少なさは修理やアフターサービスに関するコストを増大させます。

希少性はあるけど、販売する側からしてみればリスクが高い

安い値段で取引せざるを得ない

海外の車だけにこのようなデメリットもあることが査定額が低くなる原因の一つとなっています。
趣味性が高く、雰囲気重視
輸入車には内外装ともに魅力的なデザインのモデルが多数存在しますよね。
例えば

ドイツ車はシンプルかつ機能的、質実剛健且つお洒落

イタリア車はフェラーリに代表されるように派手目でエギゾチック

アメ車はラフで男気ある筋肉質なデザイン

などその国、そのメーカーごとにはっきりとコンセプトがあります。
実用性を多少犠牲にしてでも、走行性能やデザインを重視する傾向があり、機能性を重視する日本では使い勝手が悪い一面もあることからリセールバリューが悪い傾向にあります。
趣味性が高く、雰囲気重視
輸入車には内外装ともに魅力的なデザインのモデルが多数存在しますよね。
例えば

ドイツ車はシンプルかつ機能的、質実剛健且つお洒落

イタリア車はフェラーリに代表されるように派手目でエギゾチック

アメ車はラフで男気ある筋肉質なデザイン

などその国、そのメーカーごとにはっきりとコンセプトがあります。
実用性を多少犠牲にしてでも、走行性能やデザインを重視する傾向があり、機能性を重視する日本では使い勝手が悪い一面もあることからリセールバリューが悪い傾向にあります。
しかし、これから紹介する方法を使えば今まで不満の多かった査定額がアップするかもれません。

しかも無料で


もし、あなたが輸入車を売ろうとしていて、査定額に不満を抱きながらも、仕方ないなと思っているなら...

趣味性の高い車を所有していて、少しでも高く売ろうと頭を悩ませているとしたら...

輸入車に特化した専門店ならではの査定サービスがあなたの輸入車ライフをサポートしてくれるでしょう。
〈輸入車専門店ならではの査定サービス〉を受けたい方は下記をクリックしてください。