害虫110番

スズメバチなどの駆除をうけたまわっております。
日常で見かけた害虫は、放っておくと増幅します。

気づいたときに駆除の依頼を。

【宮崎害虫110番】
九州をメインにスズメバチなどの駆除を行っています。

相談
スズメバチなどの害虫を見かけたら、スグにご相談ください。
被害を最小限に抑えるためには、早めのお問い合わせが必要です。
素早く
依頼には、なるだけ早く対応しています。
一匹見かけたら、必ず複数匹が潜んでいます。

安心を
スズメバチなどを見かけると不安になります。
怖い気持ちも分かります。
駆除することで、日常の安心をお届けいたします。

安心を
スズメバチなどを見かけると不安になります。
怖い気持ちも分かります。
駆除することで、日常の安心をお届けいたします。

スズメバチに対する基礎知識
~自分で対応すると危ない理由~

スズメバチの危険性

スズメバチは、日本で最も危険な生物の1つとも言われます。

それは、スズメバチによる死亡事故の件数が多いからです。

厚生労働省の人口動態調査結果を見ると、
スズメバチによる死亡事故「毎年15~30件」発生しています。
これは報告されているだけの事故件数です。
ちなみに、
熊やヘビによる死亡事故は「毎年0~5件」なので、
その数倍の件数となっています。


巣の近くを通っただけで襲われるケースも多く、毎年必ずスズメバチに襲われて死亡しています
アナフィラキシーショック(呼吸困難や意識障害、全身の腫れなどを引き起こす症状)が危険で、毒蛇や熊による被害よりも、スズメバチによる死者のほうが多いほど。
スズメバチの毒液は「毒のカクテル」とも呼ばれ、特に神経毒は強力な作用があります。
刺されるたびに毒が効きやすくなるので、一度目よりも二度目に刺された時の方が危険。

スズメバチに刺された場合は、早急に病院で治療を受けるのが安全です。
スズメバチの攻撃は刺すだけではく、毒を霧のようにまき散らす攻撃もします。
目に入れば失明することもあり、呼吸気管に入っても危険です。
しかも、噴霧された毒は仲間を呼ぶ合図にもなります。

スズメバチはミツバチと違い、毒液が続く限り何度でも刺すことができると言われます。
それが集団で襲い掛かってくると、命の危険に繋がります。

スズメバチを見かけたら、まずお電話を!!
お問合せ時に、料金などを説明しお伺いします。
一人で悩まないで下さい!!
お問合せだけで解決することもー。

駆除は、専門家に任せるのが一番!!

スズメバチに刺されると「死」に至る可能性があります。
駆除の経験や、知識がない場合は、自分で対応するのは危険です。
命あっての日常生活。
費用はかかっても、専門家に依頼するのがベストです。
解決への道
お任せください。
順を追って解決します。
スズメバチの確認

巣の確認

駆除
蜂の巣が見つからない!!
でも、怖そうな蜂がいる!!
そんな時でも大丈夫。
近くに巣があるかどうか調査から始めます。

料金例①
ハチがいるけど、巣の場所が分からない。
 ➡出張調査し、巣の存在が確認できず。単体成虫のみ駆除。
(例)12,000円(税込み)



料金例②
小さめの蜂の巣を見つけてしまった。
 ➡巣の存在、成虫確認。巣の駆除実行。
(例)30,000円(税込み)



あくまでも料金例です。
状況や場所により、料金は変わります。
まずは、気軽にご相談ください。


LINEでのお問合せもできます。

上記のQRコードを読み込んでください。
「スクショ」して、LINEの「QRコード」から読み込むこともできます。

あるいは、
下記をタップして追加してください。