ディスコ(DISCO)にデメリットはあるの?調べるととんでもない結果が・・・

今日本中で大人気のダイエットサプリって知っていますか?
普段からSNSなどを活用している人ならご存知の人もいるかもしれませんね。

そう、【ディスコ(DISCO)】です。

ダイエットサプリなんてどれも同じじゃないの?
飲むだけで本当に痩せるの?
なんて声が聞こえてきますが、安心して下さい。

ディスコ(DISCO)が人気があるのは、ダイエット効果が高いからなんです。

今までの間に数多くの人がディスコ(DISCO)でダイエットに成功しています。
芸能人やモデルさんの間でもディスコ(DISCO)が流行っているそうですよ。

そんな大人気のディスコ(DISCO)ですが、デメリットは1つもないんでしょうか?

あまりにの良いものだと言われすぎると、粗探しをしたくなってしまいます・・・(笑)

ディスコ(DISCO)が良い商品なのはわかっていますが、きっとデメリットもあるはず!
なのでディスコ(DISCO)のデメリットを徹底的に調べました。

するとディスコ(DISCO)のデメリットを発見・・・!

大きな声では言えませんが、この記事でこっそりお教えしますね。
気になる人はこっそり覗いていって下さい( ´ ▽ ` )ノ

ディスコ(DISCO)のデメリット1.即効性がない

まず1つ目のデメリットは、即効性がないこと!
ディスコ(DISCO)の高いダイエット効果を実感するためには、早くても1ヶ月ほどはかかってしまうんですよね・・・

中には1週間で効果が出たなんて人も見かけましたが、やはり1ヶ月ほどで効果を実感している人が多いようです。

なのでディスコ(DISCO)は「今すぐ痩せたい!」という即効性を求めている人には向いていないかもしれません。

ディスコ(DISCO)のダイエット効果を高める方法として1番オススメなのは、運動をすることですね。
軽い運動でもいいのですが、運動をするのとしないのとでは体重の減り方が違います。
運動をするとおそらく2~3倍は早く体重が落ちるでしょうね。

自分のペースで続けられる運動をしてみて下さいね♪

ディスコ(DISCO)のデメリット2.飲み忘れが多い

ディスコ(DISCO)は1日2粒飲むだけなのでとても苦手です。
でもこの手軽さが裏目に出てしまうこともあるんですよ。

それはディスコ(DISCO)を飲み忘れてしまうということ。
あまりの手軽さに、ついつい忘れてしまうんですね。

解決策としては、毎日同じ時間にディスコ(DISCO)を飲むと良いでしょう。
毎日同じタイミングで飲むことで、ディスコ(DISCO)を飲むのが習慣になり、飲み忘れにくくなります。

もう1つの解決策は、外出時にもディスコ(DISCO)を持ち歩くことですね。
外出中に飲み忘れに気づいても、持ち歩いてさえいればいつでも飲めますからね。

自分なりに工夫をして、毎日欠かさず飲むようにしましょう♪

ディスコ(DISCO)はどんな人に向いているサプリなの?

ではデメリットを踏まえて、ディスコ(DISCO)はどんな人に向いているサプリなのかをお教えしますね!

まず、焦らずじっくりダイエットを続けられる人です。
ディスコ(DISCO)を飲んでも急には痩せられないので、長い目で見てじっくり飲み続けましょう。

続いて、リバウンドをしたくない人です。
ディスコ(DISCO)は痩せた後も飲み続けることでリバウンドを防ぐ効果があります。
なので楽に体型をキープしたい人に向いているサプリです。

最後に、大幅な減量をしたい人です。
ディスコ(DISCO)は即効性はありませんが、痩せ始めると順調に体重が減っていきます。
そのためディスコ(DISCO)で大幅な減量に成功した人が数多くいます。
10kgや15kgも痩せたなんて人も・・・
なので、大幅に痩せたい人に向いているサプリです。

まとめ

今回はディスコ(DISCO)のデメリットについて調べました。

私の見つけたディスコ(DISCO)のデメリットは、

  1. 即効性がないこと
  2. 飲み忘れてしまうこと

この2点でした。

人によってはデメリットとすら感じないレベルのものかもしれませんね。
やはりダイエットにはディスコ(DISCO)を飲むのが1番だと思います。

ディスコ(DISCO)が気になっている人や、まだ1度もディスコ(DISCO)を飲んだことがない人は、ぜひ1度試してみて下さいね♪

この記事も参考にして、ディスコ(DISCO)で賢く痩せましょう!
モデル体型も夢じゃないですよ☆