インプラントのフラップレス手術とは

歯の治療法にインプラントがありますがそのひとつであるフラップレス手術をご存知ですか。ここでは「切らないインプラント」と言われるフラップレス手術について解説します。

フラップレス手術のメリット


・メスで切らない

一般的なインプラントではメスで歯茎を切開しますが、フラップレス手術では切らずに小さな穴をあける程度の施術です。そして歯茎をはがして歯根を直接見ることもしないため、出血が抑えられ腫れる心配が少なくなります。また切らないことにより縫合が不要で、抜糸の必要もありません。

・2次手術不要の場合が多い

2回法を取るインプラントが多いですが、フラップレス手術では4~6か月後に再び同じ内容を行う2次手術をせずに済むことが多いです。この点は個人で違ってくるため、カウンセリング時に確認してみましょう。時には治療を始めてからそれまで分からなかった原因があり、2次手術が必要と言われる場合もあります。

フラップレス手術がしやすい人は?


フラップレス手術が可能な人はインプラントの場合と基本的には同じで、全身が健康な成人で歯周病も心配がないことが条件です。詳しくは女性18歳以上、男性20歳以上の骨の成長が止まる時期以降に施術を受けられるようになります。なぜなら骨の成長途中に治療を行うと、あごの骨にインプラントが埋もれることがあるためで、それ以上骨が伸びなくなってから治療をした方が良いです。

そして全身に何らかの病気がある場合、先にかかりつけ医と相談してフラップレス手術を受けても良いか判断が必要になり、判断のための時間がかかります。それから歯周病は歯茎を溶かす原因になるため、歯周病がある場合は土台の埋め込みが難しいこともあるでしょう。

費用の相場


・相場は1~10万円位

インプラントと同じようにフラップレス手術も使う素材によってかかる金額は大きく違っており、大体1~10万円と価格か品質かなど重視するポイントで変わってきます。そのため、フラップレス手術を考える時はどの素材を選ぶかは予算などと総合的に見て検討しましょう。そして施術方法によってはさらに高額になる可能性もあり、品質や治療内容を把握した上でどのクリニックのどういった治療法を選ぶか決断します。

・オプションによって費用差が出る

クリニックごとにフラップレス手術の金額に差がある理由は、オプション施術の内容が違うからです。従って、あるクリニックではその施術は必須と考え、別のクリニックではなくても良いとの考えのため省かれているでしょう。またすすめられた内容を全て依頼する必要はなく、やっておいた方が良いと納得した内容で治療を受けると安心です。

フラップレス手術を受ける歯科医院の選び方

・治療実績が豊富

一般的なインプラントを行う歯科医院は増えてきていますが、同じインプラントの一種とは言え特別な治療法のため、治療実績が多いクリニックを選ぶと安心です。どのくらいの治療実績があるかを公式サイトに掲載している歯科医院はまだ多くはありませんが分かりやすく、信頼しやすいでしょう。

・専用の設備がある

フラップレス手術を行うには専用の設備が不可欠なため、ただ興味を持つ人が増えてきているので公式サイトに説明を入れただけというクリニックでは受けられない可能性が高いです。どのような設備がフラップレス手術に使うかを患者側が把握して受診することは難しいため、カウンセリングの時にこれまでのフラップレス手術実績を直接尋ねることをおすすめします。

・通院を続けやすい

インプラントより通う回数が比較的少ないフラップレス手術であっても、何度か通院を重ねる必要があるため、通いづらいクリニックでは治療完了まで長引く可能性があります。そのため立地や開院日時を確認し、通えるかどうかも合わせて確認することです。

・話を聞き、押し付けない

評判の良い歯科医院ほど患者の気持ちを聞き、希望を理解した上で適切な治療の提案をしています。そのため歯科医の意見だけを強くすすめてくる場合は理由を尋ね、納得してから治療を受けると良いでしょう。

まとめ

世の中に広く浸透してきたインプラントの一種であるフラップレス手術に興味のある人は増えており、これは歯茎を切ってはがさずに治療するメリットがあるためです。他にも費用がインプラントより抑えられることがあるなどのメリットも関係しています。そしてフラップレス手術を受けるクリニックを選ぶ時は、実績や専門の設備があるかを確認し、事前のカウンセリングで納得できれば治療を始めて良いでしょう。

また、治療は1回で終了せず何度か通院することになるため、職場や自宅から近いなどアクセスの便利さも加えてクリニックを選ぶことをおすすめします。まず、フラップレス手術に興味を持ったのならば無料カウンセリングやメール相談などを利用して問い合わせをしましょう。