話して、手放すと、
子供が変われる
       まめちゃんカウンセリング

小学校教諭をしながら子育てを終えた私から、家族を一番大切に思うあなたに伝えたい

この頃、おこさんが朝グズグズして、登校させるのにひと苦労していませんか?

       担任の先生から、お子さんのしたことを連絡帳で知らされることが多くて、辛くありませんか?

          そう言えば、最近お子さんの言葉遣いが悪くなってきたように感じたり、不安ではありませんか?

いくら言っても忘れ物がなくならず困っていませんか?

私にはすでに成人しましたが女の子が一人と二人の男の子がいます。三人とも人間として・社会人として誠実に生活をしているので、基本的には心配していません。

しかし、小学生・中学生・高校生の頃には、

「この子はどうしてしまったの?」

「学校で何かいやなことがあったのかしら?」

「悪い友達に引きずられているのかしら?」

そんな思いを何度も経験しました。

また、小学校教諭としても、子育てに悩むお母さんたちに何人も出会ってきました。

でも、おかあさん・・・・・

お母さんも苦しいのですが、実際に一番苦しんでいるのは子供自身なんです。

そして、その子供たちをホットさせてあげられるのは、
やっぱりお母さん、あなただと私は思います。

これが私が小学校教諭をしながら
母親をしてきた経験から出てきた答えなんです。

子供たちがみんな幸せな気持ちで楽しく生きてくれたら、私たち親はどんなに嬉しいでしょうか!

子供たちが幸せな気持ちで楽しく生きてくれたら、社会はどれだけ優しい社会に変化していくでしょうか!

子供の悩みは
   ・友達と遊ばない
   ・すぐにけんかをする
   ・約束を守らない
   ・時間を守らない・
   ・宿題をしない
   ・グズグズしている
   ・落ち着かない
        などなど書き出せばきりがないほどありますよね。

お悩みに対して、
算数のように決まった答えはありません。
病院で症状に合わせて処方してくれるようなお薬も
出すことはできません。

それは、当たり前のことですが
一人の子供の生活環境、ご両親の価値観、生活形態、などが
異なっているからです。

だから、
子育ての本を何冊読んでも
答えが見つからないのです。

あなたのお子さんのこと、
私に話してみませんか?

安心して何でも話してください。
   ・ご主人のこと
   ・お姑さんのこと
   ・ご家族のこと
   ・ご自分のこと
   ・内緒の夢のこと
   ・学校の先生のこと
   ・ママ友のこと
   ・本当は苦手な家事のこと

話して、憂鬱だったことや苦しかったことを
まず、手放しましょう。

そうすれば、必ずあなたの心が変わり、
お子さんも変わります。

一人でじっと責任を感じて自分を責めても、
誰かのせいにしてその誰かを責めても
何も変わりません。

頑張ってきたお母さん、
あなたに寄り添い続けます。

そして、
お子さんのお悩みを一緒に解決していきます。 

焦らずに解決していきませんか?

お母さんやお子さんの笑顔が、
あなたが一番大切なご家族の
幸せを運んできてくれます。

ボタン