北海道の治験

あまり知られていませんが、多くの治験を実施している北海道。「治験をもっと知ってほしい」そんな思いから私たちは北海道の地から事業をスタートさせました。

特長

全国の治験情報を網羅
全国の治験やモニター情報を網羅しています。皆さんの健康や美容の役に立ち、ほんの少しお財布にもうれしい、そんな情報サイトを目指しています。
電話・メールで気軽に質問
経験豊富なコールセンタースタッフが、初めての方でも安心して参加いただけるようご案内します。
豊富な治験コンテンツ
治験って名前しか聞いた事がないという方も多いかと思います。治験参加にあたって皆さんが抱く疑問や、不安な気持ちを少しでも解消できるように「治験コンテンツ」にもチカラをいれています。
簡単に探せる
「治験の募集情報を探すと、関東や関西のものばっかり」といった不満を解決!自分の住んでいる地域に絞って、募集中の治験を一発検索が可能です。
簡単に探せる
「治験の募集情報を探すと、関東や関西のものばっかり」といった不満を解決!自分の住んでいる地域に絞って、募集中の治験を一発検索が可能です。
治験とは?

厚生労働省から「くすり」として製造や販売の許可を得るために実施される治療を兼ねた試験のことを「治験(Clinical Trial)」といいます。人を対象に、新しい薬の有効性(効果)や安全性(副作用)などを確認するために実施されます。 

薬は、開発したからといってすぐに販売できるわけではありません。なぜなら、多くの患者さんが使用することになる薬は、病気の治療効果があることはもちろん、安全に使えなければ意味が無いからです。

そのため、「新しい薬」の効果や安全性、適切な投与量など、治験によって得られたデータを厚生労働省が審査します。

そして、この審査によって承認されたものだけが「薬」となって処方・販売されていくのです。

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/fukyu1.html

治験のメリット
治験に参加したことで新しい病気が見つかったり、現在治療中のご病気がある方は、主治医以外の治験の専門医を受診することでセカンドオピニオンとして、専門的な意見を聞けたというお話もよく聞きます。

治験はあなた自身の健康管理に役立つことはもちろん、創薬ボランティアですので、未来の医療のための社会貢献にもなります。

治験参加者の体験談

過多月経による貧血がある人の治験に参加しました。もともと月経量は多く、月経期間中はめまいがひどいのは気になっていましたが、わざわざ病院に行くほどなのかな?という思いがあり特に治療はしていませんでした。
そんな時、ちょうど治験が募集されていたので応募しました。初めての治験だったので不安はありましたが、病院のスタッフさんがとても丁寧に説明してくれたおかげで、安心して参加する事ができました。詳しい検査でやはり貧血だということがわかり、治療を始めることができたのはとてもいい機会になりました。
今では以前よりめまいの頻度も減って、生活の質が上がったと感じています。
札幌市 20代女性
社会人ですが何か副業がしたいなと思い、色々と探していた時に治験を知りました。
正直少し怖いイメージがありましたが、参加してみたら意外とあっけなく、特に苦痛もない上に謝礼ももらえたのでよかったです。
院内はWi-Fiが完備されていたので、入院中もスマホが使えたので退屈せず過ごせました。
有給休暇の消化をしつつ謝礼がもらえるうえに、将来だれかの役に立つ薬の開発にも貢献できる治験参加は、とても有意義だなと思いました。
小樽市在住 20代男性
社会人ですが何か副業がしたいなと思い、色々と探していた時に治験を知りました。
正直少し怖いイメージがありましたが、参加してみたら意外とあっけなく、特に苦痛もない上に謝礼ももらえたのでよかったです。
院内はWi-Fiが完備されていたので、入院中もスマホが使えたので退屈せず過ごせました。
有給休暇の消化をしつつ謝礼がもらえるうえに、将来だれかの役に立つ薬の開発にも貢献できる治験参加は、とても有意義だなと思いました。
小樽市在住 20代男性

よくある質問

Q.地方からでも参加できますか?

A.健康成人向けの入院の治験の場合、札幌市以外からでもご参加いただける事が多いでしょう。ただし、合否に関わらず事前検診の謝礼が3,000円程度しか出ず、それ以上かかる場合にはご自身の負担となってしまいます。また、治験参加中や参加後に何か緊急事態があった際に、遠方の方だと適切な処置ができないという、被験者保護の観点からもやはり遠方の方よりは近隣の方が優先される傾向にあります。

持病をお持ちの方向けの通院タイプの治験に関しては、日本全国のクリニックや病院でおこなわれる事が多い為、この限りではありません。

Q.生活保護を受けているのですが、治験へ参加出来ますか?

A.残念ながらほとんどの場合、治験への参加はいただけません。負担軽減費は収入の一部とみなされ、生活保護の適応を除外されたり減額になる可能性があります。

また、もし治験や健康食品・化粧品などのモニターで参加が可能な場合でも、各自治体の福祉課などに事前に確認していただく必要があります。

Q.ハーフ・クォーターですが、登録出来ますか?

A.もちろん、ご登録いただけます。

しかしながら、ぺいるーとでご紹介しているモニター(治験や臨床試験など)のほとんどが、日本国籍の日本人の方を対象としているため、外国籍の方やハーフ・クォーターの方は、ご参加頂けないモニターが多いことを予めご了承ください。

Q.未成年(20歳未満)ですが登録できますか?

A.はい、ご登録頂けます。
しかし、入院タイプの治験などはすべて20歳以上の健康成人を対象としているため、未成年の場合ご参加いただくことはできません。通院タイプの持病をお持ちの方の治験や、ニキビの塗り薬の治験などは未成年を対象としたものもございます。ただその場合は、保護者の同伴が必要な場合がほとんどです。因みに19歳の方の場合でも、事前検診までに20歳を超える場合は問題なくご参加頂けます。
Q.未成年(20歳未満)ですが登録できますか?

A.はい、ご登録頂けます。
しかし、入院タイプの治験などはすべて20歳以上の健康成人を対象としているため、未成年の場合ご参加いただくことはできません。通院タイプの持病をお持ちの方の治験や、ニキビの塗り薬の治験などは未成年を対象としたものもございます。ただその場合は、保護者の同伴が必要な場合がほとんどです。因みに19歳の方の場合でも、事前検診までに20歳を超える場合は問題なくご参加頂けます。

北海道で募集している治験

北海道は日本の北端にあたり、気候は冷涼低湿で梅雨や台風の影響をあまり受けません。
四季がとてもはっきりしていること、札幌・富良野・小樽・函館など魅力的な観光地や四方を海で囲まれていることもあり海産物も豊富で観光地として国内外問わず人気です。

そんな北海道では、県庁所在地である札幌で実施される治験が最も多く、その他の地域としては
恵庭市や小樽市、また少し離れた旭川市などで治験が実施されるケースもあります。
札幌では、健康食品や化粧品、また健康な男性対象の入院など様々な治験の募集があり、種類も豊富です。
比較的女性が参加できる化粧品の募集が多いのも特徴です。

また病気の方を対象とした治験は北海道大学病院、北海道医療センター、北海道がんセンターなど大きな医療機関で独自に募集していることも多いようです。
札幌以外にお住まいの方でお住まいの地域でなかなか参加できる治験がないと思われる方は、札幌で治験を探すことをお勧めします。

■北海道大学病院
■北海道医療センター
■北海道がんセンター

SNS