瑠璃オータニ、バースデーイベント開催。

原宿にあるスタイリッシュなアートギャラリースペースを貸し切って、知的創造と参加者同士の繋がりが加速するバースデーパーティを開催。


原宿駅から徒歩6分。

数あるイベントの中でもバースデーイベントという特別な性質上、特別な人脈の中から素晴らしい参加者が集まるイベントとなります。
そして、これ以上の場所はない!と自信を持って言えるほどの空間、
セミナーとしての価値も併せ持つ、見つけようとしてもなかなか見つからないレベルのイベント。

特別な日の特別な時間のパーティーで、素晴らしい出会いがあること間違いありません。


ここで、自己紹介をさせてください。

知ってる方はこんにちは、知らない人は始めまして。

ペガ女こと、瑠璃オータニです。

少し、自分のことを話させてください。

昔の私はありのままで生きると言うことは『このままで生きる』事。と考えていました。

自分の良しとしているものが、周りから理解されない事に苦しんでいました。

自分が白だと思っているものをに変えさせられそうになる事に怯えていた感じで、誰にも理解されないなら、一人でもいいや…と思っていたし、一人でもなんとかなると思っていました。

そして、理解されない理由が自分の経歴や生い立ちにあると考えていました。



自分が認めるべき事があるのに、そこから目を背けて。



他人の感情を無視して時に傍若無人に振る舞っていると周りの目に映る事が多かったのではないかと思います。


自分を大切に育てること。

『そのままわがままに生きる事=ありのままで生きる事』のように考えていたのですが、
今ではそうではなく『自分を大切に育てていく事』そんな風に捉えています。

自分のありのままをしっかり理解し、元のありのままの自分を大切に育てていく事で、自分らしく誰かと共存していけたり、また誰かのありのままの姿を尊重する事が出来たり、

困っている人に自分が得意な事を差し出す時の目安にもなり、また、自分の弱みを誰かに補ってもらう事も出来る…そんな風にありのままの自分らしく、
沢山の人と幸せを築いていける自分に成長していく事が『ありのままの自分で生きる』という事だと思っています。

たくさんの出会いがあり、自分のこれまでと向き合い、その時々で何を思っていたのか?

その裏で自分は何を望んでいたのか?そして、何をしてきたのか?そんな事を理解すると、さらに、これからどうして行きたいのか?自分が求める自分の姿、あり方はどう言ったものなのか?と言った事が分かりました。

私の分身

実は、私は小さなころから自分の気持を紙に書いて、自分を確認する作業が習慣づいていました。

そうしないと、目まぐるしい環境の中自分を保つ事が出来なかったからです。

そして、22歳頃、今までの自分が何を想い、何を考え、今までを選び…とゆう事をじっくりと紙に書いて自分を見つめました。

たしか、あの時は対人関係に悩んで、他人を理解したいと願った時に、自分を理解出来ていない人間が他人を理解しようなんておこがましいと思い、まず、自分を理解する為に、そう言った作業を本能でやっていました。

紙に書く事は、結婚しても続けていたのですが、ある時主人に今迄書き溜めていたものを見られてしまい『私だけの自分。誰にも触れられたくない自分。』をそこに詰め込んでいたので、あまりのショックに、それを期に書くことを辞めていたんです。

そして、8年分の私の分身であるノートを捨てました。

その時は『私にはもうこの作業は必要ないんだ。必要であるとしたら、またその時が来る。』と思いましたが、偶然にもその時お世話になっていたグループコーチングで出た課題が、自分年表と掘り起こしの可視化だったのです。

私自身ずーと、そうゆう機会を求めていたのだと感じます。

ありのままの自分を見つめる機会を。


幼い頃から自分と違う人と共存する術を知らずに我慢したり、切り捨てる事で相手とその場を紡いでいく事をしていましたが、そんな事をしなくても私は私のままで生きる手段を1つ身に付けました。

それにより、自分へ与える機会も出会いも時間も自分で選べるようになったし、これまでの人生にも自信が持てました。

私がこれまでの道を生きたからこそ、出来る事がある。


私には私だから分かる気持ちがあります。

自分を取り戻して。

私のように幼少期から親の事で苦しんだり、過去の事で『今』に悪影響を及ぼしている、自分で分かっているけれど、どうにも出来ない。やり方が分からない、自分で試行錯誤しても同じ所でつまずいて、元通り。
しだいに、自信を失って、もっと自分が分からなくなっての繰り返し。


そんな場所からありのままの自分を取り戻して『今』を生きる。

そこに至るまでの、過程の苦しみやあがきが私には分かる。
そして、沢山の方に手を差し伸べてもらい、支えてもらい、引っ張っていただきました。

自分が乗り越え、生きやすくなったからこそ、それを誰かに伝える事ができて、また、自分がこれまでやって頂いたようにする事で、同じような事を乗り越えようとしている人を支える事が出来ると考えられた時に、これまでの事は私に課せられたテストだったんだ!と思いました。

 
私のこれまでの生きた道のり話を聞いて、虫を見るような眼でみられたり、否定的な言葉をかけられたり、そういった事もありますが、そんな時は『こっちは背負ってるもんが違うんだよ!』ぐらいに思うようにして、気にせずに自分が出来る事、役に立てそうな事を考えるようにしています。

以前は、当たり前に大人になるまで守られて、普通に社会に出て…という境遇に恵まれた人を羨ましく思う事もあったけれど、今は私が私でいられる事がとても嬉しく感じます。

長くなりましたが、ここで自己紹介を終わらせていただきます。

ほんとうはもっと伝えたいこと、話したいことがあるけれど

それはバースデーイベントで直接、お話ししたいなと思います。

イベント概要

■イベントの日程: 5月20日、21日  (2Days) 

■時間:11時〜18時

■会場:ultrasupernewギャラリー
   普段はアートギャラリーとして使われているスタイリッシュなアートスペース。
   

東京都渋谷区神宮前1-1-3
〒150-0001

*JR原宿駅(竹下口)徒歩6分
*東京メトロ/北参道駅(2番出口)徒歩6分
*東京メトロ/明治神宮前駅(5番出口)徒歩10分

■参加者

業界職種さまざまな方が参加されます。
初対面の方も多くおりますので、幹事メンバーが交流の架け橋となって盛り上がります。

※定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにチケットをお求めください!