#令和の採用に精神・発達障がい者という選択肢を

「障がい者インターン」という、
新しい障がい者採用のスタイルに
ご協力いただける企業様を募集しています。

株式会社スタートラインのご紹介

日本の障がい者雇用の、新常識をつくっています。

雇用や働き方の多様性実現を目指して、従来の働き方だけではない、新しい障がい者雇用支援、
障がい者就労支援を実現しています。

障がい者が地元で働けるテレワークの利便性と、弊社サポーターによる体調管理および
雇用元管理者とのコミュニケーションの円滑化を両立した雇用・就労スタイルとして、
弊社サポートセンターをサテライトオフィスとして活用するワークスタイルを提案しています。
※各実績数値は2019年5月現在のものです。

障がい者のためのインターンとは?

令和の採用に精神・発達障がい者という選択肢を

障がい者雇用支援コンサルティングを行う株式会社スタートラインは、
「障がい者向けインターンマッチングサービス ー チャレンジドインターン(仮)」のリリースを予定しております。

同時に、社会経験がないなど一般企業で就労することに不安を抱える障がい者のために、インターンシップの受け入れにご協力いただける企業様を募集します。 

こんな企業様におすすめ

・障がい者雇用を検討しているが、どうしていいかわからない。
・障がい者雇用はしているが、離職が多く採用のミスマッチに課題を抱えている。
・純粋に、障がい者が働くための手助けに協力したい。
・障がい者採用の競争力が高まってきているので、新しい採用方法を検討している。
・単純に人手が足りないのでスポットでも作業を手伝ってほしい。
etc...

障がい者雇用の現状

障がい者雇用については2018年4月の法定雇用率2.2%への引き上げ、ダイバーシティ推進の流れもあり、
採用ニーズが高まっております。

しかしながら、障がい者(支援者含む)、企業、それぞれに課題を抱えております。

障がい者(支援者含む)の課題

障がい者の中にはこれまで就労経験がなく働くイメージがつかめないことや、自分に自信が持てず不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。 

また、就労経験がある方でも、障がいを抱えてから働いた経験がないので自身の障がいをまだ理解できておらず、準備期間が必要なケースもあります。 

一般企業への就労準備の場として※就労移行支援事業所がありますが、上記のような方のために訓練の一環で複数企業でのインターンシップを実施をしたいものの、インターンシップを受け入れる企業の開拓に苦労しています。 

※就労移行支援事業所・・・障害者総合支援法に定められた障がい福祉サービスのひとつ。企業等で働きたい障がい者に対して、働くために必要な知識と能力を高める施設。 

企業の課題

企業は、法定雇用率上昇に対応すべく、新規で障がい者雇用を進める必要があります。 

しかし、各社一斉に障がい者採用に動いていることもあり、人材確保の競争率が高まっています。 

そんな中、近年急増している精神・発達障がい者を雇用したことがなかったり、過去に雇用したが上手くいかなかった経験から、精神・発達障がい者雇用を最初から選択肢に入れていない企業も存在します。そういった企業は、自社にマッチした障がい者人材の確保に課題を抱えています。 

また、法定雇用率の問題とは別に、人手不足が深刻になる中、「障がい者雇用」による人手不足の解消という選択肢が考えられます。 

しかし、実際に障がい者雇用をしたことがない企業にとっては想像がつかず、選択肢にあがる機会すらない状況です。 

企業、障がい者双方の課題解決をするためには、

お互いを「知る」機会をもつことが重要です。
インターンシップを通じて、企業が障がい者(特に精神・発達障がい者)とより多くの接点をもつこと。
障がいのある求職者(支援者を含む)が、より多くの企業の現場を知ること。 

この両輪がそろってこそ、双方の課題が解決に向かうものと考えます。  

障がい者のインターンシップにご協力いただける、
企業様を募集しております。

企業は主に精神・発達障がい者の受入れノウハウ不足、就労移行支援事業所は人的リソース不足によって
企業アプローチができないことにより、充分なインターンシップの実施機会がありませんでした。 

これを、スタートラインが仲介・サポートすることで、より多くの「障がい者向けインターンシップ」の
機会を創出し、障がい者・企業、双方にとって有益な「選択肢」を増やすことで課題解決に貢献します。

企業のご担当者様へ

一般的な採用フローで考えると、実習やインターンは労力を要するため、ご担当者様からすると積極的に受けづらい状況にあるかもしれません。 

しかしながら、実習を行うことによって企業様にも以下のメリットが考えられます。 

採用のミスマッチを防ぐことができる

採用面接時の印象やスキルが適正だと判断して採用しても、実際働きだしてみると仕事内容が合わず長く続けられないなどの問題は起こりがちです。 

特に障がい者雇用においては、できるできないを採用面接だけで判断し、合否を判定することは企業と応募者双方にとってリスクがあります。 

実際の業務を体験してもらうことにより、採用ミスマッチを防ぐことにつながります。

採用母数の最大化

法定雇用率が上がっていることもあり、各社が障がい者採用を推進しているため、前述の通り、今後はより一層
人材の獲得が困難になること
が予想されます。 

一度も企業就労したことがない障がい者となると、採用側としては安定して就労できるのか不安に感じるところだと思いますが、充分にスキルを持っている人材も多くおります。 

経歴で判断され採用選考に進めず就労機会を逃している障がい者もいるため、インターンを実施することによって求める人材の発掘につながる可能性があります。 

ご協力いただける企業様のご連絡を
お待ちしております。

名称:株式会社スタートライン
担当者:渡邉 将司(ワタナベ マサシ)
TEL: 050-5893-8926

※まずはお気軽にご連絡くださいませ。

募集要項

  • 【仕事内容について】
    業種:特にこだわりません。
    仕事内容:事務作業、倉庫作業、清掃など
    時間:3~8時間
    期間:1日から実施可能(できれば、3~7日間ほどの実施をご検討ください )
  • 【備考】
    ・企業規模、地域※1、職種※2は問いません。
    ・インターンで実施する内容については弊社でご相談、一部サポートさせていただきます。
    ・給与のお支払いは必要ありません。
  • ※1 地域によってはインターン希望する障がい者が多くない可能性もあるため、インターン開催までお時間がいただくかもしれません。

    ※2 一般的に、障がい者が就労されるお仕事で多いのが事務作業や軽作業などのため、職種によってはインターン開催までお時間いただくかもしれません。

  • 【備考】
    ・企業規模、地域※1、職種※2は問いません。
    ・インターンで実施する内容については弊社でご相談、一部サポートさせていただきます。
    ・給与のお支払いは必要ありません。

インターンイメージ

障がい者雇用をしたことがない企業様としては、「どんな仕事ができるのか?」「どこまで任せていいのか?」など、インターンの内容をイメージすることが難しいかもしれません。

もちろん、障がいのため少し工夫が必要になることはありますが、戦力として働けるスキルを持った方もたくさんいらっしゃいます。

どういったカリキュラムを組めばいいかわからないなどお困りでしたら、一度弊社にご相談ください。

仕事内容参考
軽作業

データ入力作業
清掃


・事務系
書類発送作業/データ入力/人事業務アシスタント/イベント資料準備/ラベル貼り/リサーチ業務

【その他実習参考】

・倉庫/物流
ピッキング/タグ付け/梱包/空き箱回収/商品整理



・製造業
ライン作業/清掃/タイムカード/残業管理

清掃

インターンまでの流れ

Step.1
お問い合わせ、担当からご連絡
以下からお問い合わせください。
専用フォーム
Step.2
お電話、もしくは対面にてお打ち合わせ
インターンにて実施する内容や留意点、スケジュールの調整などさせていただきます。
Step.3
サイト掲載
インターン受け入れ先企業として、御社の情報を※弊社ウェブサイトに掲載させていただきます。
※ウェブサイトは現在準備中です。
Step.4
インターンの応募があり次第、日程の調整。
インターン応募があり次第、御社にご連絡の上スケジュール等調整させていただきます。
Step.5
インターン実施
事前に計画した内容にてインターンの実施をお願いいたします。
Step.6
インターン後のフィードバック実施
インターン実施後、インターン生の働きぶりなどフィードバックいただきます。
フィードバックの仕方については、弊社でマニュアルや専用のフォーマットをご用意しております。
Step.2
お電話、もしくは対面にてお打ち合わせ
インターンにて実施する内容や留意点、スケジュールの調整などさせていただきます。

特典について

今回、インターン受け入れにご協力いただける企業様には当社から特典のご提供を予定しております。
以下が提供予定候補となり、ご希望のいずれかのサービスをご提供させていただきます。
特設サイトへのロゴ掲載 ご希望により、協賛チャレンジドインターン(仮)の特設サイトへロゴ掲載をさせていただきます。
障がい者雇用に積極的な企業として訴求することが可能です。
ブランディングやCSRの取り組みの一環としてご活用いただけます。
SSS(Startline Support System)の提供

スタートラインが開発した障がい者向けの、ヘルスログ・ワークログをオンラインで管理できるツールです。
企業で働く障がい者、管理者の方の双方が利用でき、すでに障がい者雇用を推進している企業にて
ご活用いただいております。 

アセスメントの無料実施(1名) すでに障がい者雇用を推進している企業で、就労されている障がい者のメンタル面などでお悩みであれば、
弊社スタッフがお伺いしアセスメントを実施いたします。
障がい者雇用基礎講座動画  まだ障がい者雇用をしたことがない、しようと思っているがどう推進していいかわからないという企業向けに、
障がい者雇用基礎講座の動画をご提供いたします。
業務切り出しのサポート   障がい者に依頼する業務切り出しをサポートいたします。
①オリジナルの業務切り出しシート
②切り出し業務募集の社内告知文テンプレート
③シート記入後の個別相談会の開催
をご提供いたします。
アセスメントの無料実施(1名) すでに障がい者雇用を推進している企業で、就労されている障がい者のメンタル面などでお悩みであれば、
弊社スタッフがお伺いしアセスメントを実施いたします。

ご協力いただける企業様のご連絡、
お待ちしております。

名称:株式会社スタートライン
担当者:渡邉 将司(ワタナベ マサシ)
TEL: 050-5893-8926

※まずは、お気軽にご連絡くださいませ。