技術士二次試験
[建設部門]
業務内容の作成は
大丈夫でしょうか?

業務内容は作成できましたか?
口頭試験は業務内容をベースに質問されるので非常に重要です。


口頭試験では約10%の人が不合格になります。折角、難関の筆記試験を合格したのに口頭試験で落ちるとモチベーションが持たなくなります。

特に「この業務のどこが技術士らしいのですか?」という口頭試験での質問は
業務内容がうまく書けていないことが原因です。
業務内容
指導・作成

業務内容作成で
以下の様な悩みは
ありませんか?

・周りに技術士がいなくてアドバイスがもらえない。
・建設部門のどの科目で受験したら良いのかわからない。
・自分の業務内容に、何をネタにすれば良いのかわからない。
・今まで「技術士にふさわしい仕事をしたことがない」と思っている。

・文章を書き慣れておらず、業務内容をうまく書けない

受験申込み期日は、4/5~4/19でした(令和3年度)

「実務経験証明書 添削・作成支援」
一度作成しておけばずっと使えます!

手順① 「実務経験証明書」をお送り下さい
記述する業務内容を決めたら、まず、自分で書いてみましょう。自分で考えながら記載することは非常に重要です。なぜなら、問題解決そのものが技術士の業務であり、筆記試験も同じパターンで記載することになるからです。
※実務経験証明書で見せたくない部分は空白でも結構です。

手順② 業務内容の添削・作成
【Aコース(添削・作成コース)】
頂いた業務内容を元に、僕が業務内容を添削・修正して業務内容を作成します。メールにて業務内容を2回ほどヒアリングさせて頂きます。Bコースに比べて完成度が大分高くなります。

【Bコース(添削コース)】
頂いた業務内容を添削し、追記した方が良い項目や文章のコメントをまとめてお返しします。
※業務経歴は、一度作っておけば、ずっと使えます!

手順③ オリジナルマニュアルを送付
10年間の技術士指導をベースにして、実務経験証明書作成に関する「オリジナルマニュアル」(PDF)をお送りします。


表示したいテキスト

実務経験証明書
添削・作成チケット

Aコース(添削・作成)
メールによるヒアリングから「業務内容」を添削・修正および作成を行います。僕が内容を把握する必要があるため、メールによるヒアリング(2回)が必要です。
Bコース(添削)
あなたが作成した「業務内容」の添削・追記項目等をコメントします。
[注意]
※本チケットは「施工計画、施工設備及び積算」の方限定のサービスとなっています。
※品質確保のため、申込者が多い場合は、急遽、締め切らせて頂く場合があります。ご了承ください。
Aコース(ヒアリングにより業務内容を作成します)
  • 販売価格
  • 16,500円
  • (税込)
Bコース(業務内容を添削・コメントします)
  • 販売価格
  • 5,500円
  • (税込)
Bコース(業務内容を添削・コメントします)
  • 販売価格
  • 5,500円
  • (税込)


ご質問等は以下のフォームからお願いします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

BONTA(ゼネコンで10年間 技術士受験指導をしています)

【年齢】50歳近傍
【会社】ゼネコン勤務
【経歴】25年(現場9年→設計部6年→技術部10年)
【技術士指導歴】10年
 (業務経歴書作成指導、論文添削、口頭試験指導)
【専門】土木技術全般
    (科目では施工計画、コンクリートに強み)
【所有資格】技術士(建設部門)
      コンクリート診断士
      一級土木施工管理技士
      コンクリート技士・測量士

【口頭試験実績】今まで全員合格しています。

技術士口頭面談に関してのご相談

今回「模擬面談」を申し込みして下さった方には、口頭試験日まで質問等があれば回答やアドバイスをしていきたいと考えています。以下のボタンから友だち追加して頂くと、簡単に質問および回答ができるようになります。

友だち追加お願いします!
クリック後、スタンプ送付で友だち登録が完了

技術士二次試験ラボは
受験生を応援します!

技術士は難関試験ですが、一流の技術者を目指す方にとっては非常に価値がある資格です。

・名刺に「技術士」を記載することが許されるので、仕事のフィールドが広がります。
・技術士を取得することで、社内評価が上がり(会社によっては手当あり)、より良い仕事が廻ってきます。
・技術士の受験勉強をすることで「論理的思考能力」と「ラィティング能力」が大きく上昇します。
・将来、技術士の指導者としてコンサル業務も可能となります。
・一度取得すれば、一生使える資格となります。

さあ、みなさんも技術士になりましょう!