不動産管理システムの特徴や
選び方は?
おすすめシステムについて

仕事において、もっとも重要なことは作業効率です。どんなに良い仕事をしても効率が悪ければ会社のためにはなりません。今回は不動産管理システムの特徴や選び方、おすすめシステムなどについて紹介していきましょう。

不動産管理システムの特徴

こちらでは、不動産管理システムの特徴について見ていきましょう。これまで導入していなかった企業も特徴を知ることで導入するべきか否かの参考になるのではないでしょうか。

 ・賃貸管理

賃貸に関する管理業務は意外と複雑です。しかし、不動産管理システムを導入することで多岐に渡る複雑な管理業務を行いやすいようにサポートしてくれます。契約や更新、工事関連の支払いや会計管理などもあるので比較的管理業務がスムーズに行えるようになります。

 ・不動産販売管理

事業計画管理、中古管理、物件管理などさまざまな機能が搭載されているものもあります。分譲マンションに関しては、先述した事業計画管理なども行わないといけないので不動産管理システムを導入しないとやりにくさを感じる所が多いはずです。

 ・営業支援

名前の通り、不動産売買などの営業支援をしてくれるシステムです。集客状況、契約件数など営業職に関して大きなサポートをしてくれます。

不動産管理システムの選び方

こちらでは、数多くある不動産管理システムの選び方について見ていきましょう。さまざまな機能を持つシステムが多いので、自社に合う選び方を心掛けてください。

 ・自社に必要な機能が搭載されているか

不動産管理システムと言っても、売買メインの会社向け、賃貸メインの会社向けがあります。売買と賃貸であれば業務内容も大きく変わってくるのです。不動産管理システムだからと安易に決めるのではなく、しっかり細かな機能性などもチェックしておきましょう。

 ・サポート

導入初期などは分からないことなども多く出てきます。システムにトラブルが起こる場合もあるのです。そのため、システム運営会社がどのようなサポート体制を取っているのかを確認しておきましょう。

 ・費用

どんなものにも当てはまりますが、さまざまな機能が搭載されていると高額になります。ただ、不動産管理システムについては「費用は高ければいい」「機能が多ければいい」というわけではありません。不要な機能が多く搭載されていると、それだけ費用も高額になります。無駄を省くためにも、自社に必要な機能に注目して費用を抑えられるようにしましょう。

不動産管理システムのコストについて

不動産管理システムを導入するとなると、コストがかかります。あまりコストをかけすぎると本末転倒になるので注意しましょう。こちらでは、不動産管理システムのコストについて見ていきましょう。

 ・一般的な費用相場

不動産管理システムのソフトは機能性などにもよりますが、数万円から数十万円となっていて、費用幅が大きいことが伺えるのです。フリーソフトなどもありますが、セキュリティが心配な部分があるので有料版の方がおすすめです。

 ・初期費用

結論から言えば、初期費用は約50万円前後を考えておきましょう。一般的な賃貸管理業務を行うために必要な機能が搭載されているもので50万円前後が相場のようです。売買メインの場合は機能が異なってくるので、費用が変わってきます。

 ・ランニングコスト

無料のフリーソフトではないので、毎月支払う料金なども考えないといけません。初期費用だけではなくランニングコストも踏まえたシステムの選び方を心掛けましょう。

おすすめの不動産管理システムとは?

不動産管理システムと言っても数多くあります。こちらでは、その中でも特におすすめしたい不動産管理システムについて見ていきましょう。

 ・賃貸革命

1つのデータでさまざまな帳票に連動できる特徴を持っています。これによって管理業務の作業効率化を図ることができるのです。契約や請求、入金業務を1つのシステムで運用できるのも魅力のひとつでしょう。

 ・マルチユースV3

売買仲介専門のシステムであり、100種以上の機能から必要なものだけを実装できます。そのため、本当に自社に必要な機能だけを搭載できる特徴を持っているのです。

 ・みらいえ

人工知能やオープンデータを併用して、入力作業の7割がオートとなっています。学習するサジェストが搭載されているので、自動化による営業支援なども行ってくれます。

不動産管理システムについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

不動産業はさまざまな作業があるため、管理システムがないと厳しい部分もあります。
コストはかかりますが、
作業効率化を図るためにも不動産管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
必要な機能だけを搭載できるシステムもあるので、
費用を抑えて自社に必要なものだけを選ぶこともできます。