FX日誌

つれづれなるままに
FXにはいくつか種類があります。
毎日チャートをにらめっこするデイトレード。
機関投資家や専業の人がやることが多いです。
一般人には太刀打ちしづらい領域。
松井証券によると「デイトレードとは、同一銘柄を買ったその日のうちに売却もしくは、売りから入ってその日のうちに買戻し、ポジションを翌日に持ち越さない投資手法です。」とあります。

他には長期のトレードがあります。
基本的には短期のチャートに一喜一憂せず、ゆったりと構えるスタイル。
スワップポイントを得るためにやる人も多いです。
レバレッジが大きいほどスワップポイント大きくなります。
メキシコペソが最近では人気。

最近流行っているのはシステムトレードというのがあります。
その中で自動売買FXが人気です。
具体的な名称で言うと、トラリピとかループイフダンなどといいます。
コンピュータが勝手に取引をするので、手間がかからない点がメリット。
初心者でもシステムに任せられるので、FXの中では勝ちやすいと言われています。
特にループイフダンはけっこう実績も出しています。
詳しいやり方はループイフダンのやり方・始め方で解説されています。

FXの手段はたくさんありますが、とりあえずは自分にあった方法でなくなっても困らない金額で試すのがいいでしょう。
間違っても大金を投入したり、レバレッジをかけすぎることがないうようにしてください。