2020年3月26日(木) 21:00~22:30
<テーマ>各々の理想の多文化共生とは?
     ~"寄せ鍋型"で、お互いのうま味を活かす社会へ~


主催:共創を考える多文化チーム
開催場所:ZOOM(オンラインテレビ会議システム)

「知らない。」を知ろう

今回のテーマは「各々の理想の多文化共生とは?」です。
「多文化交差点」で、あなたの可能性、社会の可能性を見出します。
見るだけ、耳だけ、いるだけ、何でもOKです。

当日のスケジュール
※参加人数や状況により、時間が前後する可能性があります

時間
(日本時間)
内容
21:00~21:30 「ハロータイム」(オープニング)
 ・イベント概要、スケジュール説明
 ・チェックイン:参加者の名前(orニックネーム)と参加理由/きっかけをシェア
 ・グランドルール
  みんなにとって「安心・安全な場作り」に協力してください
  全員が当事者として、感じたことを声に出してみましょう。
  「正解」というものは存在しません。
  当日の内容は録画して、出席者、及び革命共創サロンメンバー内にて、シェアします。
  (NGの方は、画像なし、ニックネーム、耳だけという形ででご参加ください)
21:30~21:45 全体会での「ストーリーテリング」
 異文化体験者一人ひとりのマイストーリー ~日常生活で感じる異文化ニッポン~
 ※ストーリーテラー3名(予定)
21:45~22:00 分科会での「対話タイム」
 ・ニッポン人にとっての"〇〇〇"って、なんだろう?どんな違いがありそう?
 ・「ナショナリティ」と「パーソナリティ」の違いも意識しつつ、声を聴き、声に出し、感じてみよう
22:00~22:15 全体会での「シェアタイム」
 ・「他の分科会で、どんな話が出たのか気になる!」を、知る。
22:00~22:15 「振り返りタイム」(クロージング)
 ・全体写真撮影(ZOOM画面のスナップショット)
 ・チェックアウト:今後に向けて、みなさんの感想や気づきをお聞かせてくださいませ。
お土産♪ ・ZOOMワールドで、多文化で、話をしてみた、という体験
・「違い」を考えるための新しいアンテナ
・「日本の当たり前」を考えてみるきっかけ
21:30~21:45 全体会での「ストーリーテリング」
 異文化体験者一人ひとりのマイストーリー ~日常生活で感じる異文化ニッポン~
 ※ストーリーテラー3名(予定)

【トーク配信@Spotify】Episode#1
Guest: 地球市民塾主宰 栗崎由子さん
スイスに30年間住んでいた彼女は一昨年日本に帰国。今何を感じ、何を想っているのかお話ししていきます。

日本を外からの目で見る、発想の違う人たちと話すことがどんなに豊かなのか、ということを1人でも多くの方にお伝えしたい。
ナショナリティの違い?パーソナリティの違い?
オランダのサッカーのコーチ。
「"異文化マネジメント"は、自分の仕事に必要。そこから、1人1人のモチベーションや注意の与え方を学ぶ。」
異文化に気がつかない、気がつくきっかけがあまりに少ない。これから、どうすればよい?
Multi-cultural togetherness
 Cast your eyes to the world -- and think about what we should do and what I can do now. Do you know that we are connected wherever we may be? Let's talk what you think and feel over Zoom!

共創を考える多文化チーム
世界に思いを馳せよう。私たちがやること、私が今できること。どこにいても、私たちはつながっている。ZOOMで、オンラインで語り合おう。あなたは何を考えているの?何を感じているの?
MEMBERS
メンバー紹介
栗崎由子/Yoshiko Kurisaki

社会人としてNTTから出発。その後欧州の国際機関や多国籍企業で30年間、230ヶ国以上を相手に国際ビジネス第一線を経験。異国で失業経験もあり。どこでもたったひとりの日本人という環境に鍛えられ現場で使えるビジネス英語力を培った。2018年日本に本帰国、企業のSDGs、英語コーチング、日本の開国推進が今のミッション。多文化共生をテーマとしたブログ、研修、講演、執筆活動も目からウロコが落ちたと好評。2017年より、視野を世界に広げるオンラインセミナー 地球市民塾を主宰。
片野京子/Kyoko Katno

カナダに2年間留学し、その後カンボジアにてBAR運営を経験。 多国籍な人達と働く中での楽しさや難しさを学び、人として日本人として何が必要なのか常に考えながら、経験第一で生きてきた飲食業畑の31歳。
Amey Kulkarni

Amey Kulkarni, 31 years old, originally from India, lived in USA for 7.5 years, in Japan for 3.5 years. Worked at YMCA shibaura island 2 years as cross cultural events staff, participated as camp leader at English summer camp, Nasu, Tochigi in 2017 and 2019. Gave a talk at “intercultural communication training” class at Keio university. Passionate about other cultures, countries and diversity.
山村ソウタ/Sota Yamamura

旅育クリエイター。43歳で脱サラ後、家族3人で1ヶ国に1ヶ月づつ暮らしながら世界一周冒険の旅を体験。他人に振り回される人生から脱却し、親子旅や仲間旅をベースに「自分の人生を生きる」ライフスタイルを実践し、仲間たちを絶賛巻き込み中! 旅育English Community(TEC)代表、合同会社たびいく代表
伊原あつこ/Atsuko Ihara

茨城県在住。地方に住みながら世界中の人とつながり、共に学び、創り、働くこともできるオンラインの魅力を探求中。
自分とは異なる価値観に出会うことで、私たちはあらためて自分を知り、自国を知ります。
それぞれの背景を聴き合いながら、自分を知り、他者を知り、深いつながりを感じながら、
一人一人が創造性を発揮させて、人生をより豊かにしていく。
そんな多様性が出会う「交差点」を皆で楽しめたら嬉しいです!
Michiko

19年間の海外生活の中で、実家が飲食店ということもあり、あらゆる国のバックパッカーや旅行者と出会う。その自由な生き方や価値観を持った人々との出会いから、多様性や多文化に興味を持つ。現在は大学で国際プログラムの環境学を学んでいる。
古岩井一彦/Kazuhiko Koiwai

「違い」を「ユニークなもの、価値の源泉」として捉えれば、世の中もっと楽しくやさしく過ごせるようになりませんか?
そんな気づきから、共創と共生の社会に向けた心の社会基盤が作れる、と確信しています。誰かのためではなく、未来のあなたのため、地球のためになることをしましょう。
「多文化交差点」というカオスの縁には、可能性という宝箱が山積みです。あなたも、自分の意志で交差点を歩きませんか?ZOOMという「どこでもドア」と「心のドア」をちょっと開けば、すぐ目の前にありますよ。
野中恒宏/Tsunehiro Nonaka

日本とオーストラリアの学校教育の中で20年以上20,000人以上の子ども達と向き合ってきた教師。日本とオーストラリアと世界中の子どもたちを結びつけることに生きがいを感じている。Zoomのコミュニティーとの出会いによって、そのミッションが拡大・深化してきている。と同時に、「オヤジギャグ」に目覚めてしまい、暑いオーストラリアから時々寒いジョークを発信してしまうため、反省し、よく「カンガルー(考える)」日々を過ごしている。
山村ソウタ/Sota Yamamura

旅育クリエイター。43歳で脱サラ後、家族3人で1ヶ国に1ヶ月づつ暮らしながら世界一周冒険の旅を体験。他人に振り回される人生から脱却し、親子旅や仲間旅をベースに「自分の人生を生きる」ライフスタイルを実践し、仲間たちを絶賛巻き込み中! 旅育English Community(TEC)代表、合同会社たびいく代表