10年先を
変えたい
40代のための
未来計画
セミナー

◇真っ白な地図に◇
幸せへの道を描こう

セミナーに参加する

皆さんこんにちは。

10年先を変えたい40代のための未来計画セミナー


ファシリテーターを務める有馬頼子です。

人生100年時代という言葉がすっかり定着した現在、男性の平均寿命は81.09歳、女性は87.26歳。

40代半ばはちょうど人生の折り返し地点で、仕事も子育て親の世話も頑張らなくてはいけない時期ですよね。
  • もう少し自分の時間が欲しいけど、仕事と子育ての両立に必死で余裕がない
  • 子どもはどんどん成長しているのに、自分は成長していない気がする
  • 仕事もプライベートも中途半端で達成感がない
  • ダイエットの成果が出にくくなったり白髪が出たり年齢を感じて寂しくなる
  • 人生100年時代と言われてもセカンドキャリアのイメージがつかめない
  • パートナーとの間に会話がなく幸せな老後のイメージが浮かばない
  • 子どもとの関係がうまくいかない
  • 経済的に余裕がなく将来の展望が開けない
  • 最近疲れやすく、この先の健康に不安がある
  • 副業に興味はあるが何をすればいいかわからない
  • もう少し自分の時間が欲しいけど、仕事と子育ての両立に必死で余裕がない

これは私自身が感じていることですが、皆さんも同じような悩みをお持ちではないでしょうか。


私はこの1年の間に
・子どもの不登校
・子どもと自宅で過ごす必要に迫られ退職
と、自分では意図しない方向へ人生の方向転換を迫られ、少しでも明るい未来を目指してさまざまなトライ・エラーを繰り返してきました。


その中で自分と子どもの幸せのために必要なものは何か?」がはっきりした時、霧が晴れるように自分の未来が見えてきたのです。


子どもが不登校になってしばらくたったある日、子供から「お母さん笑って」と声をかけられました。いつの間にか自分から笑顔が消えていたんですね。


私は必死で考えました。自分と子どもの笑顔のために絶対に必要不可欠なものは何だろう?


・私と子どもふたりが一緒にいること
・自宅でなくても家族で住む場所
・今の学校でなくても子どもが学ぶ環境
・体力的に無理のない事務的な仕事
・私と娘のもっと密なコミュニケーション


こんなふうに自分と子どもの笑顔のために本当に必要なものがはっきりしたとき、パッと気持ちが晴れやかになりました。
離島か過疎地の学校で不登校児を受け入れてくれる場所に母子で移住してもいいかな~などと夫と相談し始めたのもこのころです。



こうやって何が本当に必要かを見定め一生懸命娘とコミュニケーションをとる日々が続くうち、不思議なもので娘の不登校はおさまってゆきました。


私が「自分も子どもも笑顔で過ごす」という気づきを得て未来への明るい展望を持つことができたのは、実は「人生計画書」を作ったからなのです。

「人生計画書」は人生の目的(夢、生きがい)を探すために作る1枚のシートです。

  1. 自分が何歳まで生きたいか
  2. 自分の人脈、資産、スキル、知識、使える時間
  3. 自分の過去の棚卸し
  4. 自分はどのような存在でいたいか
  5. 人生の目的(夢または生きがい)は何か
  6. なぜそういう目的をもっているのか
  7. どのようにその目的を実現するのか
  8. 人生が終わるまでにどうなっていたいか

これらをすべて自分で書き入れて作ります。つまり、人生計画書=未来計画書なのです。


私が人生計画書を作りたいと思ったのは、母親でも妻でもパートのおばちゃんでもない「わたし」の人生の目的を持って生きたい、と思ったからです。


↓↓↓今年の人生計画書です
有馬頼子の人生計画書を見る


これを作るためにわたしは『自分の幸せとは何か』という問いを何度も何度も何十回も、何百回も繰り返し繰り返し自分自身に問いかけてきました。


色々なワークをしたり、いくつも文章を書いて答えを見つけようとしてきました。


まだ「これこそが私の人生の目的だ!」と完全に納得できる答えは見つかっていませんが、何か問題にぶつかったときや選択を迫られたとき、迷わなくなりました。


自分が幸せを感じることへのアンテナが敏感になっていて「自分の人生をより良くする」選択肢を自信を持って選べるようになってきたのです。


私にとって「人生計画書は未来計画書。真っ白な紙の上に自分で描いた幸せへの地図であると言えます。


あなたも、同じような地図をもっていますか?


何か選択を迫られたとき、自分が幸せになる方向へ迷うことなく進んでいけますか?


私たちが伝えたいメッセージはただ一つ。


まずは「真っ白な地図に幸せへの道を描こう」ということです。

ちょっと想像してみてください。


毎日、1日に3分間ずつ、前日までとは違う時間の使い方をしていったら、あなたの生活はどう変わるでしょうか?


1日3分×365日=1095分=18時間15分。1日に3分間だけ今までと違う時間の使い方をしてみると、たった1年で睡眠時間以外の時間がそれまでとは全く質の違う時間になります。


つまり1年後には、新しく生まれ変わっている「あなた」がいます。10年後には今のあなたが想像できないような人になっているかもしれません。


今想像できないことをすべて「ありえない」と否定することなどできないのです。


人生計画書という一枚の紙にあなたの望み、積み重ねてきたもの、持って生まれたもの、あなたが手にしているすべてのものを書き出してみましょう。


それを改めて目にしたとき、見えてくるものが必ずあります。隣にいる人とシェアしてみると、さらに違った可能性を受け取れます。


これまでに50名以上の人たちと人生計画書をつくり未来を計画するノウハウを蓄積してきた私たちと一緒に、「あなた」の未来計画を作ってみませんか?


「10年先を変えたい40代のための未来計画セミナー」では40代からのあなたの幸せが見つかるよう未来を計画する「人生計画書」を作ります。


作成に必要なノウハウを出し惜しみすることなどありません。


今回講師としてあなたに全てを伝授するのは渡辺キャサリン。私と一緒に、これまでのセミナーを作ってきた仲間です。


当日は私もファシリテーターとしてセミナーをサポートします。


未来を計画する「人生計画書」を作りましょう。そしてあなたの幸せな10年後への地図としてお持ち帰りください。


有馬頼子の人生計画書を見る


2019年9月14日㈯の講座でお待ちしています。

講師

渡辺キャサリン

英語の話せるRPAエンジニア。普段はRPAの講師としてスタッフを率いて企業を訪問している。有馬頼子と共に人生計画書講座を運営し育ててきた。「人生計画」という考え方を提唱した本多静六への愛を語りだすと止まらない。純粋な日本人だが、Katherine B Watanabeまたは渡辺キャサリンとして活動している。小学生の子どもがいる。

LINE@ではセミナー当日までに数回、Katherine_B_Watanabe(渡辺キャサリン)からセミナー内容を解説する動画をお届けします。

ID検索:@504kudtc

登録URL: http://nav.cx/9YLzZ0E

◆LINE@登録特典◆

渡辺キャサリンが人生計画書で未来を変えてきたストーリーをご覧いただけます!

ファシリテーター

ヨッコ(有馬頼子)

2018年9月に東京都台東区で初の人生計画書セミナーを開く。そのセミナーが好評を博し港区および中央区からのセミナー開催依頼を受ける。2019年1月に港区、2月に中央区にて人生計画書セミナーを開催。渡辺キャサリンら仲間と共にその魅力を広めるため活動中。中学生と小学生の子どもがいるwebライター。

これまでのセミナー開催実績

ヨッコのブログでは、これまでに3回開催したセミナーの記録をご覧いただけます。

これまでのセミナー開催実績を見る

10年後の未来を変えたい40代のための未来計画
セミナー

◆日時:2019年9月14日㈯ 13:00-16:00(3時間)

◆会場:芝ダイヤハイツ910号(会議室)浜松町駅徒歩3分/大門駅徒歩1分

◆費用:5,000円(寄付500円含む)または4,500円(寄付なし)
 ※養護施設で過ごす子供たちのために活動している団体への寄付となります。
  団体の詳細については当日会場にてご紹介します。当日検討後にご寄付いただくことも可能です。

会場:芝ダイヤハイツ910(会議室)

◆浜松町駅からの道順◆

①JR浜松町駅北口改札を出て東京タワー方面に直進します。

②しばらく進むとすぐに大きな大門交差点に着きますので、横断歩道を渡ってください。 

③渡ったら左手に40mほど進んでいただき韓国料理屋「からくに家」が1Fにある建物が芝ダイヤハイツです。道を挟んだ向かい側がちょうどファミリーマートとなります。

④エレベーターで9Fへ。降りて左手一番奥が910号室が会議室です。 一階入口が工事等で締まっている場合は、裏手にも入口あります。 

◆大門駅からの道順◆

A3出口を出て、右手30mです。