中高校生のお子さまをお持ちの保護者の皆さま、はじめまして。
'電話進路カウンセリング'の佐久間と申します。

自分の子どもの進学や進路を考えるときは
誰しもが思い悩むものです。

皆さんはこういうとき、誰に相談しますか?
周りのご友人でしょうか。
それとも、学校や塾の先生でしょうか。

進路を決めるときは、お子さん自身が
「自分がどういう人生を歩みたいのか」
ということをしっかりと考え
自分で「納得感をもつ」ことが重要です。

私は文系、理系を選択するとき
ほとんど誰にも相談せず
「数学が苦手で社会が得意」という理由だけで
文系に決定し、学部選択もその流れで決めてしまいました。

「あのとき誰かに相談して
 もっと真剣に考えて進路を決めていれば
 さらに幅広い可能性を考えられていたのかもしれない…」

いまの自分に後悔はありませんが
あのときの決定方法については
やはり、やり残した部分があったのではないか
そう思うところがあります。

こんな私だからこそ、中高校生のお子さんをお持ちの
保護者の方のご相談に
真剣に乗ることができるのではないかと思っています。

ぜひ、ご家族やお子さまのことをお話いただき
お子さまのこの先の進路について
一緒に考えてみませんか。

まとまっていなくても大丈夫。
まず、話をしましょう。

お子さまの一生を変える
気付きもあります。

子どもの将来や学部を考えるのも必要だけど
仕事や家事などでも忙しいから…

そんなあなたにこそ、反対に
話をする時間を作ってほしく思います。

たった1回の電話で、お子さまの一生を変えてしまう
そんな気付きを得られるかもしれません。

あなたとのご縁を、ぜひお待ちしています。

申し込みフォームへ