♯不登校は不幸じゃない in 福島

「学校に行きたくない。」

僕は不登校でした。正直、学校の楽しい思い出はありません。
学校に友達はいなかったけど、僕には不登校のいとこがいました。不登校の友達がいました。

いま振り返って思うのは、不登校になった先に居場所があるかどうか。
それが、とても大切だということ。

不登校は大丈夫だけど、引きこもりは良くないと思っています。

たくさんの当事者と会うなかで感じるのは、学校に行かなくなっても友達がいる子、
行かなくなったあとは1人で家に閉じこもっちゃう子。
やっぱり友達が居る子の方が明るいんだよね。

人とほとんど会わなくなるといろいろ問題が出てくる。
笑い方がわかんなくなっちゃったって話も聞いたりするし、それは僕にも思い当たるところがある。

これはさすがに良くないので、不登校になったあとの先をどうやって作るかが重要だ。

感情的に「辛かったら行かなくていいよ。」というのは簡単だけど、僕は論理的にも「辛かったら行かなくていいよ。」って言いたいです。

学校に行くのはあくまで選択肢。行かないという選択もあっていい。
そんな想いで自分のやれることをいろいろやってきましたが、今年は大きく仕掛けたいと思っています。


9月1日、夏休みあけ。

子どもの自殺が多くなる。
そんなバカなことがあってたまるか。

不登校を肯定するムーブメントを作ります。


発起人 小幡和輝

発起人 小幡和輝

agomiShareFund & 地方創生会議 Founder

内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。 著書:不登校から高校生社長へ

公式ブログ 
Twitter

 

当日内容

イベント名:
不登校は不幸じゃないin福島
会場:
福島テルサ 4F 研修室(すりかみ)
日時
2018年8月19日(日) 13:00〜17:00(開場:12:30)
問い合わせ
futoukoufukushima@gmail.com
参加対象
学校が辛いお子さんやその保護者の方
当日の内容(予定)
  • 主催者の不登校体験の共有、応援メッセージの上映
  • ゲーム『マインクラフト』を使ったプロミグラミング体験
  • 交流会(お菓子を食べながら気軽におしゃべり)
参加方法
参加申込ボタンをクリック
または、こちらから参加申込みください!
参加対象
学校が辛いお子さんやその保護者の方

実行委員会Staff

staff image

みーちゃん

福島県伊達郡桑折町出身。福島大学卒業。

中学2年生の時に不登校へ。高校は進学せずに、高卒認定を取得し大学へ。
大学卒業後、就職と同時に上京。

現在はフリーランスとして、採用・HR関連の仕事をしている。

Twitter
Blog

staff image

さおちゃん

福島県伊達郡桑折町出身(みーちゃんの姉)

福島県立橘高校卒業後、なぜか浪人1年を経て歯科衛生士を志す。専門学校入学とともに上京したものの、福島が大好きで卒業後Uターン就職。結婚を期に、再び上京。

不登校の家族としての立場から経験を共有できればと思います。

Twitter
Blog
staff image

ロンさん


staff image

まほりん

福島出身在住。1996年生まれの社会人1年生。
中2の冬、急に学校に行けなくなり病院へ。バセドー病&適応障害と診断され、病気療養を兼ねた暗黒の不登校時代を過ごす。
その後通信制高校へ進学。病気も回復し、高校、大学と様々な活動をして青春を満喫する。
現在は一般企業で働きながら、最近見つけた夢のために心理学や傾聴を勉強中。
女より男に近い、幸せ感じやすい人。過去のすべてがあるから今の私がある。
Twitter
staff image

まほりん

福島出身在住。1996年生まれの社会人1年生。
中2の冬、急に学校に行けなくなり病院へ。バセドー病&適応障害と診断され、病気療養を兼ねた暗黒の不登校時代を過ごす。
その後通信制高校へ進学。病気も回復し、高校、大学と様々な活動をして青春を満喫する。
現在は一般企業で働きながら、最近見つけた夢のために心理学や傾聴を勉強中。
女より男に近い、幸せ感じやすい人。過去のすべてがあるから今の私がある。
Twitter

News Information

news image

スポンサーリンク

クラウドファンディンよりご支援いただきました!!
有限会社 マインドビジネス様

福島県伊達郡桑折町にて、OA機器、事務機、オフィス向け・病院向け用品、パソコンソフトの販売だけでなく、名刺・ポイントカード・診察券・名入れ用品などの作成やホームページの制作も行っている企業様です!

この度はご支援、ありがとうございました!!
支援金額:10,000円