セミナー開催
本当の不登校の話をしよう

2018年12月8日(土)
武蔵新城パサールベース







学校へ行かないのは、
いけないことですか?

学校は行くべきところ。
多くの人がそう思うからこそ、子どもも親も
不登校という状況に苦しみます。

「不登校を問題行動と判断してはならない」

文科省が正式に
そう通達しているにも関わらず、
”学校へ戻ることが不登校の解決”
という意識が、
家庭でも学校でも社会でも、
まだまだ根強いようです。

しかし不登校の経験は、
親と子が真剣に学びと自立に向かいあい、
新しい地平へとつながる
チャンスをもたらすものにもなり得ます。

NHK「ウワサの保護者会ー
シリーズ不登校 学校に行かない学び方」
にご出演された蓑田雅之さんと、

高校時代に引きこもりを経験した
現役の大学生である山田莉那さんを
ゲストにお迎えして、

不登校、教育のあり方、
子どもの多様な学びについて、
出来るだけ多くの視点から自由に考えます。

これまでとは違う新しい視点や
気づきのヒントを、みなさんと一緒に、
自由に楽しく探したいと思います。
セミナー名 本当の不登校の話をしよう
ゲスト 蓑田雅之さん、山田莉那さん
日時 2018年12月8日(土)10:00 - 12:00
会場 PASAR BASE(パサールベース)
川崎市中原区上新城2-7-1
JR南武線 武蔵新城駅北口から徒歩3分
定員 先着50名(要事前申込)
参加費 500円(18歳以下無料)
当日会場でお支払いください。託児はありません。
日時 2018年12月8日(土)10:00 - 12:00
会場:武蔵新城パサールベース
JR南武線 武蔵新城駅北口から徒歩3分のレンタルスペース、「パサールベース」が会場です。

ゲスト&ナビゲーター紹介

ゲスト:蓑田雅之
(みのだ まさゆき)
早稲田大学第一文学部卒業、コピーライター。「東京サドベリースクール」の元保護者であり、 現在は評議員を務める。子どもがオルタナティブスクールに通うようになり、従来の学校教育の在り方に疑問を持ち、教育分野の研究に着手。自立した人間を育てるための保護者のあり方を探究するとともに、各地でお話し会を開催。また、企業や保育園・幼稚園にて、不登校にならないための予防薬「おはなしワクチン」の活動を続けている。
ゲスト:山田莉那
(やまだ りな)
福岡県北九州市出身。武蔵野大学人間科学科2年(在学中)。
不登校の経験こそないが、高校2年の夏、学校のあり方に疑問や不安を感じ退学する。その後高校卒業まで引きこもるが、無事東京の大学に進学。
趣味は映画鑑賞とゴンチャを飲むこと。
ナビゲーター:金子 あかね
(かねこ あかね)
川崎の親子を考える会」所属。びーんずネット代表。親業インストラクター、産業カウンセラー、編集者(季刊誌『青少年問題』)。2018年春より、親子関係をより良くするためのコミュニケーション講座やセミナー、カウンセリングを提供する「びーんずネット」の活動を開始。小学3年生の時に不登校になり、現在はデモクラティックスクールへ通う13歳の息子と夫の三人家族。川崎市高津区在住。
ゲスト:山田莉那
(やまだ りな)
福岡県北九州市出身。武蔵野大学人間科学科2年(在学中)。
不登校の経験こそないが、高校2年の夏、学校のあり方に疑問や不安を感じ退学する。その後高校卒業まで引きこもるが、無事東京の大学に進学。
趣味は映画鑑賞とゴンチャを飲むこと。

私たちは決して
一人ではありません。

このセミナーでは不登校、
教育のあり方、
子どもの多様な学びについて、
出来るだけ多くの視点から
自由に考えたいと思っています。

とっても気合いを入れて企画しました。

悩みの渦中にある人も、そうじゃない人も、
それから学校の先生にも
ぜひぜひ参加して欲しいと思っています。

私たちは決して一人ではありません。

12月8日の土曜日、朝10時。
武蔵新城のパサールベースへお越しください。

一緒に「本当の不登校の話」をしましょう!

本セミナーは平成30年度
「かわさき子どもの権利の日」
市民企画事業です。

セミナー;本当の不登校の話をしよう
■主催:川崎の親子を考える会
■協力:びーんずネット

平成30年度かわさき子どもの権利の日市民企画事業全般に関するお問い合わせ先:川崎市役所こども未来局青少年支援室(電話044-200-2344)