船橋市の糖尿病内科

船橋市で糖尿病治療を受けようとお考えの患者さんへ。おすすめ医療機関のご案内です。

2型糖尿病は、運動療法や食事療法、薬物療法などで血糖値を正常にコントロールすることが重要です。糖尿病は高くなる(高血糖になる)病気ですが、高血糖だからといって、特別な自覚症状が現れることはあまりありません。 それなのになぜ治療が必要なのでしょうか。 それは、糖尿病の治療が十分でないと、知らず知らずのうちに、全身にさまざまな病気「合併症」が起きてくるからです。

糖尿病の慢性合併症 

命に直結する「えのき」

命に直結する合併症としてもっとも重要なのは、「えのき」です。これは、動脈硬化症です。動脈硬化症は、糖尿病でなくても、高血圧、脂質異常症、喫煙、肥満の人におこりますので、動脈硬化症は糖尿病特有の合併症ではありませんが、糖尿病ではより起こりやすくなります。

明らかな糖尿病と診断を受ける前の「予備群」の人たちでは、心臓病のリスク管理が一番大事になります。「予備群」でも狭心症・急性心筋梗塞症のリスクは正常な人の2.2倍、明らかな糖尿病になれば3.5倍にもなります。

 

 「え」は、「壊疽(えそ)」のことで、足の閉塞性動脈硬化症や潰瘍です。

足が腐ってしまう病気で、血行障害と神経障害による傷から細菌が入って腐ってしまいます。日本人でも、下肢切断の原因で一番多い原因は糖尿病です。この合併症は、動脈硬化症がある程度進行してからおこります。

また、喫煙でも血管が詰まりやすくなりますので、禁煙も重要です。

 

 「の」は、脳梗塞です。脳梗塞は、高血圧と糖尿病の人が起こしやすい合併症です。
脳梗塞を予防するためには、血圧を130/80mmHg以下に保ち、HbA1cを6.9%以下に保つことが重要です。日本人の糖尿病の動脈硬化症では、かつては脳卒中(脳梗塞と脳出血)がもっとも多い疾病でしたが、現在は次に説明する心臓病がもっとも多い疾病となっています。

 

 「き」は、狭心症です。
胸の痛みや、胸が圧迫される症状で発症する病気ですが、今は急性心筋梗塞も含めて一連の病態として「急性冠症候群」(ACS、Acute Coronary Syndrome)といいます。欧米人だけでなく日本人でも、心臓病を防ぐことが糖尿病の一番の課題になっています。糖尿病では、合併症の心臓病で亡くなる人が多いからです。

 

急性冠症候群を防ぐためには、血圧コントロール、脂質コントロール、血糖コントロール、そして禁煙の4つが重要です。

血圧は130/80mmHg以下に、脂質は「悪玉コレステロール」のLDLコレステロールを120mg/dl未満に、「善玉コレステロール」のHDLコレステロールを40mg/dl以上に、HbA1cを6.9%以下に保つことが重要です。

 

高血圧や脂質異常症は薬で比較的簡単に下げることができますが、HbA1cを6.9%以下に保つのが難しいのは、血糖降下作用が強いSU薬やインスリンを使うと低血糖を起こしてしまう危険性があるからです。また、体重が増えてしまう薬もあります。

低血糖をおこさず、体重も増えないようにして、なおかつ良好に血糖をコントロールするのは、なかなか難しいことです。

私たち糖尿病専門医を受診している患者でも、6.9%以下に保てている患者は約5割です。

低血糖を起こさない薬、体重を増やさない薬を上手につかって、かつ食事療法と運動療法を行わなくてはいけません。

したがって、メトホルミン、DPP-4阻害薬を中心に、必要に応じて、SGLT-2阻害薬やGLP-1受容体作動薬も使用します。

 

急性冠症候群は予防がもっとも重要ですが、もし胸の痛みや胸が圧迫される症状があれば、決して様子を見たりせず、すぐに常勤の循環器内科専門医が24時間体制で勤務している病院を受診するように指導してください。緊急で心臓の冠動脈造影検査と治療が必要になる場合があるからです。したがって、普段から地域でそのような医療連携ができる医療機関を調べておくことが重要です。 

船橋市で糖尿病内科と循環器内科を両方カバーしている医療機関、それがしもやま内科クリニックです。#しもやま内科クリニック では、幅広い疾患に対して治療を提供しています。