坐骨神経痛の痛みをとる!
福辻式ストレッチを自宅でやってみた!

坐骨神経痛といえば

腰やおしりにいきなりくる激痛
お尻から太もも裏の痛みやしびれ

本当につらいですよね!

わたしも15年位、坐骨神経痛に悩まされてきました。

そんな坐骨神経痛に悩んでいた私も、福辻式ストレッチに出会って、おしりから太ももにかかる坐骨神経痛のしびれに悩まされなくなりました!

今までは整形外科に整骨院、整体院や鍼灸治療院など、近くの治療院はもちろん

「一発で治ったよ!」

と知り合いから聞けば行ってみたりもしました。

その時は坐骨神経痛が治ったような気がするけど、時間が経つと再発!の繰り返し。

福辻式腰痛改善ストレッチ」を自宅でマッサージをするようになってから、生活習慣も見直し再発しないで今まで来ています。

効果・返金保証ありの自分で痛みが取れるDVD
\福辻式の腰痛改善・解消ストレッチはこちら/
↓   ↓   ↓   ↓   ↓

坐骨神経痛を治したくて色々調べて見つけたマッサージ法!

坐骨神経痛で動けない
ひとことで腰が痛いと言っても、いろいろありますよね!

椎間板ヘルニアとか、脊柱菅狭窄症とか、坐骨神経痛とか、ぎっくり腰だったり、疲れが溜まってただ腰が痛いだけっていうのもあるし。

そんな中で、私が悩まされた腰痛は、坐骨神経痛。

かれこれ15年ぐらい坐骨神経痛に悩まされてきました。

もとは鍼灸治療院で坐骨神経痛だね!っていわれたのが最初。

坐骨神経痛?って思ったけど、椎間板ヘルニアじゃなくて良かった!

椎間板ヘルニアって手術しないといけないだろうから、よくわからないけど椎間板ヘルニアじゃなくてよかったと思ったんですよ。

今でこそ、知られるようになった名前ですが、15年前の自分は「坐骨神経痛」と言われても、あまり聞き慣れない名前だなって思いました。

それぐらい、全然知識がなかった。

結構そういう人多いと思うんですよ。


坐骨神経痛と言っても人によって痛む場所が違う

坐骨神経痛って簡単に言うと、背骨の腰のあたりから出てる坐骨神経という神経がなにかの拍子で、骨や筋肉などにあたり、痛みが出ることを坐骨神経痛って言うんだそうです。

腰から足先まで1m以上あると言われる神経の、どこかがあたって痛みが出れば坐骨神経痛って言うんだって。

色々調べてみると、諸説あるようですが厳密には坐骨神経痛っていう疾患はないらしい。

椎間板ヘルニアも脊柱菅狭窄症も、坐骨神経が痛みの原因の場合は、坐骨神経痛なんだとか。

坐骨神経痛って、腰の痛みの総称みたいなもの。らしい。

「らしいって・・・。(^_^;)」

この曖昧さが、坐骨神経痛で悩んでる人を苦しめるんですよね。

今回は、坐骨神経痛についての話なので、椎間板ヘルニアとかの話は置いておきますね。

「で、俺の腰痛はどのタイプなのよ?」

っていうのが知りたい!

そしてその改善方法を知りたいんです。

そうですよね!

俺の痛みは腰というより、おしりに力を入れると

「へこむ部分」の

中の方!

ら辺。


坐骨神経痛で痛い場所
またまた曖昧な感じ。

だけどこれ、俺と同じ坐骨神経痛の症状の人にはわかってもらえると思うんですよね。

痛いところを押しても、厚いおしりの肉の中の方だからツボのように押しても分かりづらい。

ギューっと押してかろうじて触れる時があるけど、自分でもココ!
っていう説明がしづらいのが歯がゆいんですよ!

おしりの中の方がメインで、太ももの外側が常にジンジンと言うかビーンというかしびれてる。

辛い時は、そのまま足先までしびれているんですよね。

そしてスイッチが入るというか、ある姿勢になったとき激痛が走るんです。

坐骨神経痛の痛みが出る姿勢を再現できない

このある姿勢も、再現をしようと思っても、なかなかうまくいかない。

例えば、おっさんが軽く足を組むような姿勢。

右のかかとの外側を左の膝の上にのっけて、右足だけがに股のような姿勢をとったとき、
ズキン!ッと衝撃が走ったことがあるんですが、

それを整骨院でやっても出ないんです。

これってその姿勢になると絶対痛みが出るとかじゃないんですよね。

関節の痛みとかだと再現できるじゃないですか。

例えば
膝が痛いときは屈伸をすると痛みが出る。

階段を登る時。
階段を降りる時。

でも、この坐骨神経痛は出ないんですよね。

これってたぶん、何気なくやってるときに使ってる筋肉が影響してるんじゃないかなって思ったんです。

坐骨神経痛の症状によって対処が違う!

坐骨神経痛と言っても、痛い場所によって対処する方法も違うのが、坐骨神経痛を治しづらくしている原因でもあるんですよね。

坐骨神経痛にいい!と言われるストレッチでも、悪化してしまうこともある。

だから、自分の坐骨神経痛がどこの坐骨神経が押されて症状が出てるのかをしっかり把握するのが大事になります。

で、俺の坐骨神経痛はどこが原因よ!?

車を運転しているときや、椅子に座っているときは、ももの外側がビリビリしびれてる。

膝の裏側や、かかとのアキレス腱の付け根の骨の部分を親指と人差し指でつまんでみると、針で刺されたような痛みを感じることもある。

激痛が走るときは、おしりの力を入れてへこむところの中の方で

ズッキーンっと衝撃が走るんですよね。

そう言った痛いのをイメージしながら、思いつく言葉で片っ端から検索してみたんですよ。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)らしい。

そうやって自分の痛いところを調べてたら

これ!

っていうのがあったんです。

さっき説明したように俺の坐骨神経痛は、おしりの凹んでる中の方!が痛くなるんですね。

そこには梨状筋と上双子筋という筋肉が横についていて、その間を坐骨神経が通って足に行ってるらしい。

梨状筋周りの筋肉が凝り固まると、坐骨神経が刺激されて痛みが出るんだって!
 
それを梨状筋症候群ていうんだそうです。

梨状筋症候群で調べてみたらドンピシャだったんです!

初めて聞いたけど、梨状筋という筋肉があるんですね。

口で説明するのは難しいので、画像で見てもらえればイメージできると思います。
画像を見てもらうとわかりやすいですよね。

梨状筋と上双子筋の間を坐骨神経が通ってるんです!

まさに俺の痛いところがここ!

まさに俺の言ってた、「お尻に力を入れるとへこむところの中の方!」

ですよね!
私のもここ!
そんな声が聞こえてきそうです!

梨状筋が硬直して、坐骨神経を圧迫するんです。

圧迫している坐骨神経から下のほうが常にビリビリしびれていたり、ずんっと思い感じがするんです!

何かの拍子で、梨状筋や上双子筋に坐骨神経挟まれたり、凝り固まった筋肉で押し付けられた時に

激痛が走るんです!

坐骨神経痛でいろんな治療院に通ってみたものの・・・。

腰が痛くて接骨院に行ったり 整体に行ってみたりするんですが

その時は良くなる。

だけどまた痛みが再発するの繰り返しでした。

そんな坐骨神経痛をなんとか治したいと思って、いろいろと調べますよね!?

私も、坐骨神経痛をなんとかしたくて、今までいろいろと調べました。

もちろんネットでも調べたし、本屋さんにいったら坐骨神経痛について書かれている本を探してみたりもしました。

整骨院や整体院、鍼灸治療院にも行き鍼もお灸もしましたし、整形外科にも行ってレントゲンなども撮りました。

そんな中で、ぎっくり腰になった人が、帰りにはピンピンして帰ると話題の治療院など、腕のいいと言われる治療院も何軒も行ってきました。

確かに行く前と帰りとでは全然腰の具合が違うんですよ。
すごくイイ!

良いにはイイが・・・。

腕のいい治療院は保険適用外が多いから通いきれない!

そのたびに、保険とか使えないから5,000円とか7,000円とか掛かるんですよ。

今まで何十回もそういった治療院に行きました。

10万や20万じゃ足りないくらい!

それだけ金額を掛けても、結局はもとに戻ってしまうんですよね

それもそのはず、

治ったとしても、生活や仕事が坐骨神経痛になりやすいから、また再発しちゃうんですよね。


どれも、そのときは良くなったように思うけど、数週間夜はい時には数日でもとに戻るんですよね。

で、また行く。

の繰り返し。

じゃあ、普段の生活から気をつけて、自分でマッサージをすれば生活習慣を変えられるかもしれないですよね!

福辻式の痛みをとるというマッサージ法に納得!

それにストレッチやヨガも調べてみたけど、ヨガはちょっとよくわからないから坐骨神経痛に効果があるっていわれているストレッチを、いろいろと試して見ました。

でも最初っから痛みがひどくなってできないストレッチや、見るだけでこれ無理じゃね!っていうストレッチもあるし、どれもこれもそんなに効果があるものはなかったです。

そんな中で、効果のありそうなストレッチを見つけました。

なんでも、行列ができる治療院らしく、テレビなどのメディアにもいろいろと出演している先生が教えるマッサージです。

TBSのテレビでは日本の名医50人に選ばれたほどです。

そのマッサージは、その腰痛を治すのではなく、痛みをとるっていう考え方。

確かに!

坐骨神経痛を治したいのヤマヤマだけど、まずはこのつらい痛みをなんとかしたいんですよね。

この痛みがなければ、別に坐骨神経痛でもイイや!って思う。

すっごく納得しました。

50,000人以上を治療してきた腰痛のカリスマ アスカ鍼灸治療院の院長 福辻鋭記さんが開発したマッサージ法

腰痛改善・解消ストレッチ「福辻式」DVDはこちら↓