『LINEブロック/着信拒否された彼と復縁できた方法』

「私にはこの人しかいない!」そう信じていた彼との突然の別れ。
別れた後は寝ても起きてもずっと彼のことばかり考えて、何日も泣き続けて、何にも手が付けられず一日が過ぎていく……そんな日々でした。

友達に相談しても、みんな「もっといい人いるよ」とか「次の出会いを探そうよ」とか、真剣にアドバイスしてくれているんだろうけど、「誰も私の気持ちなんてわかってくれないや!」って余計に心が閉ざされていく感覚を味わっていました。

別れた後も机の上に置いてあった二人の写真に「ねえ、またやり直そうよ」と話しかけたり、いつものように「おはよう」や「おやすみ」とか、ハートの絵文字やスタンプも使って、LINEを送っていました。

もちろん返事はありませんでしたが、別れて数日してからは既読さえもつかなくなってしまいました。「忙しいのかな?」「読みたくないのかな?」色々考えましたが、LINEをブロックされたのだと気付きました。



LINEってブロックされても、ブロックされたことは通知されないんですね。
同時に電話も着信拒否にされたようです。


ただただショックで目の前が真っ暗になりましたが、彼と少しでも繋がっていたい一心で、ブロックされていることに気付いてからも送信し続けていました。

気持ち悪いと思われるかもしれませんが、私だって彼だけじゃなく、過去には他の男性との交際経験もあります。
でも、今までのどんな別れよりも、今回の別れは辛すぎて、不安でたまらなかったんです。

彼と出会う前に付き合っていた他の男性とは明らかに違う、彼にしかないドキドキ感。


「絶対に彼と結婚したい!」そう思っていました。
もしこれから先、他の誰かと交際しても、きっと彼のことが好きすぎて自分自身が苦しくなってしまうことがわかっていたから、他の人と付き合うことは考えられなかったんです。
だからこそ、不安で不安で仕方なかったんです。

ある日、気分を紛らわせるために雑誌を手に取ると「思念伝達で復縁」という見出しを発見しました。
藁をもすがる思いでその記事を最後まで一生懸命読んでみました。



内容を簡単にまとめてみると、思念伝達とは「強い思いを持っていれば、その思いは相手に伝わる」ということらしく、信じて待てば復縁することさえ可能だということでした。


私は占いとかスピリチュアルとか、そういう類は一切信じない人でしたが、思念伝達の記事はなんだかとても納得したんです。いつか彼が何かのタイミングで必ず戻ってきてくる、そう信じて疑わない私の気持ちと、思念伝達の記事に書かれている内容がぴったり一致していたからです。


それから私は夜寝る前に、彼の写真を見ながら、記事に書かれていたように前向きな言葉を使って必死で彼への気持ちを伝え続けました。

3ケ月くらいたった頃、いつものように「おはよう😊」とLINEを送ると、なんと既読がついたのです!


そして「おはよう。あれから冷静に考えたんだけど、やっぱり俺が悪かったよ。もう一度、話したいんだけど、いつ空いてる?」と返信まで‥‥

 
最後まで読む前に涙が溢れてきて、何度も何度も目をこすりながら大切な彼からのLINEを見直しました。


その後、私はすぐに彼と予定を合わせ久しぶりの再会を果たしました。そして、色々お互いの気持ちを話し合った末、とうとう私と彼は復縁することができたのです。

 

「本当に信じて思い続けてよかった!!」と心から思えた瞬間でした。



実を言うと、以前の私なら「思念伝達の記事を読んだとしても、本当にそんな力があるならとっくに復縁してるわよ!」と否定的だったと思うし、今回も半信半疑な部分もありました。

 

でも実際に、夢にまでみた復縁が成功したので「私のように悩んでいる人にもぜひこの方法を知ってもらいたい」と、思念伝達についていろいろと調べてみました。

 

自分の努力だけでこの能力を発揮して復縁できるには、私もしくは私以上にとても時間がかかるケースがほとんどらしく、3年以上かかった人もいるらしいのです。

 

でも、専門の先生にお願いすれば、思念伝達の力を確実にしてくれて、より早い時間で復縁できるみたいなんです。
私はなんとか3ケ月で復縁できましたが、この力をもっと早く知って専門の先生にお願いすることができれば、辛くて不安日々をたくさん過ごさなくてよかったのにな、なんて思っています。




今の時代は、専門の先生の所に行かなくても自宅の電話でお願いできるサイトもあるみたいです。参考までにリンクを貼っておきますね。一刻も早く、幸せが訪れますように💕

◆◇DMM FXは国内口座数第1位!!!◇◆
※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)
口座開設キャンペーン!【最大20,000円キャッシュバック】
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35NXH5+6XGN8Y+1WP2+6BEQB