使ってヨシッ!飾ってヨシッ!

「手染め」にこだわった、浅草で1946年創業の老舗手拭屋

ふじ屋のこだわり

下準備
手染めによる染料の色をよく出すために、染色前に生地をお湯で何度も洗っています。
手間も時間もかかる作業ですが、そこまで下処理することで、晒についている汚れやゴミがなくなり、しっかりと美しく染め上がるのです。
手染め
ふじ屋の手拭はすべて「折付注染」という技法で染められています。
晒の反物の染めない箇所に糊付けした後、上からじょうろで染料を注ぎ、染み込んだら水で糊を洗い流す。この工程を何度も繰り返し、手間をかけて染め上げていきます。
染めた布には裏表がなく、プリントの手拭とは一味違った味わいがあります。
すべてオリジナル
手拭のデザインは、1点1点、ふじ屋の主が描き上げたオリジナルのデザインです。
初代から二代目、三代目へと受け継がれるふじ屋の感性が、伝統を守りながらもその時代に合わせたデザインを表現しています。

仕入れなどをせず、浅草の地で三代にわたり受け継ぐオリジナルの図案に加えて、干支、暦、江戸小紋柄、天明四年(1784年)「てぬぐいあわせ」の復刻柄など、ふじ屋にしかないデザインとなっております。
すべてオリジナル
手拭のデザインは、1点1点、ふじ屋の主が描き上げたオリジナルのデザインです。
初代から二代目、三代目へと受け継がれるふじ屋の感性が、伝統を守りながらもその時代に合わせたデザインを表現しています。

仕入れなどをせず、浅草の地で三代にわたり受け継ぐオリジナルの図案に加えて、干支、暦、江戸小紋柄、天明四年(1784年)「てぬぐいあわせ」の復刻柄など、ふじ屋にしかないデザインとなっております。

"自由”な手拭

元来、手拭の使い方は自由でいいのです。

手拭は、歴史の中で様々な使われ方をしてきました。

神祭具
お年賀やお歳暮
祝儀
贈答
名刺代わり
汗を拭うもの
体を洗うもの

etc…



「使ってヨシッ!飾ってヨシッ!」

その言葉が表す通り、手拭は何に使っても良いのです。
使う人自身の自由な発想でお使いいただき、
生活に溶け込めば良いと思います。

好きなデザインを飾ったり、
粋なハンカチとして使ったり、
キャンプのときのバンダナ代わりにしたり、
何かを包むための小布にしたりと、
使う人の想いのままに様々な使い方が楽しめるのが手拭の魅力です。


もっと自由なアイディアで、
ご自身なりの”手拭”を楽しんでいただけたらと思っております。

店舗案内

染絵てぬぐい ふじ屋
東京都台東区浅草2-2-15
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日
電話:03-3841-2283
FAX:03-3845-2483
※クレジットカード利用可能(VISA、Master)

Instagram

店舗へのアクセス

東京メトロ銀座線「浅草駅 1番出口」より徒歩2分
都営浅草線「浅草駅 A5出口」より徒歩3分
東武伊勢崎線「浅草駅 北口」より徒歩3分

NEWS

2019年12月30日 【年末年始のお知らせ】 年末年始も通常通りの営業をしております。
2019年12月30日 【年末年始のお知らせ】 年末年始も通常通りの営業をしております。

お問合せ

商品のご購入やご来店などに関して、お問合せのある方は、下記のフォームよりお問合せください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信