顧客満足度
84.7%

自律神経失調症
うつ病
更年期障害
ふじさわ鍼灸院
鍼灸治療に
お任せください

こんな症状にお心当たりありませんか?

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり 不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ 口やのどの不快感、頻尿、残尿感、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない憂鬱になる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる
憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安である、イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない
表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える、食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く
動悸、血圧の変動、腹痛、頭痛、めまい、耳鳴り、疲労感、息切れ、腰痛、しびれ、多汗、手足の冷え、情緒不安定、イライラ、不安感、不眠
動悸、血圧の変動、腹痛、頭痛、めまい、耳鳴り、疲労感、息切れ、腰痛、しびれ、多汗、手足の冷え、情緒不安定、イライラ、不安感、不眠

症状に心当たりのある方
もしかすると・・・

自律神経失調症
うつ病
更年期障害
の疑いがあります!

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】の特徴

鍼=痛い 灸=熱い
そう思っている方こそオススメ

☆鍼治療☆
ふじさわ鍼灸院では、皮膚に髪の毛ほどの太さしかない、非常に細い「鍼」を接触させて行う施術方法です。必要に応じて浅く刺入する施術方法を行うこともあります。

☆灸☆
ふじさわ鍼灸院では、主に知熱灸(じんわりとした熱さを感じたら取る)の施術方法です。必要に応じて点灸(糸状あるいは半米粒大)での施術方法も行います。

経絡治療とは?

ふじさわ鍼灸院で行う経路治療とは、心身を動かすエネルギー(気血)の通路(ネットワーク)である「経路」の滞りから、不定愁訴が生じていると考えますから、「経路」の滞りを改善し、特に不足している気を補う治療を行います。
「経路」の滞りが改善されることにより、自律神経のバランスが整い、症状が改善されて、その人の持っている力(免疫力・自然治癒力)を高めます。

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】のポイント

ふじさわ鍼灸院では、痛む部分や症状が現れている部分だけを治療するのではなく、身体全体に現れている五臓のアンバランスを丁寧に調整することで心と身体の全体的な調和を目指しております。
ふじさわ鍼灸院には看護師経験のある女性鍼灸師がおります。実は女性が抱える女性ならではの症状のなかには鍼灸治療で改善できるものもございます。女性疾患についてのご相談など、看護師経験を生かしてお客様のこころとからだのサポートをさせて頂きます。
ふじさわ鍼灸院は横浜市青葉区にあり、田園都市線 藤が丘駅から徒歩5分。お車でお越しの方は、ふじさわ鍼灸院の向かいの「昭和大学藤が丘病院第2駐車場」をご利用ください。詳しくはご予約の際にお問い合わせください。
ふじさわ鍼灸院は横浜市青葉区にあり、田園都市線 藤が丘駅から徒歩5分。お車でお越しの方は、ふじさわ鍼灸院の向かいの「昭和大学藤が丘病院第2駐車場」をご利用ください。詳しくはご予約の際にお問い合わせください。

施術料

■大人(鍼灸) 5,000円

■大人(鍼灸+身体調整) 7,000円

■小学生(鍼灸) 2,000円

■乳児・幼児(小児鍼) 1,000円

■初診料 1,000円
 最後の施術から1年経過した方は、再診料1,000円となります。

※上記全て税込み価格

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】の想い

  • 「からだ」と「こころ」双方に影響を与えて
    「気持ちいい」と言ってもらえる治療を目指しています。

    鍼灸は病んでいる"部分"ではなく、
    "身体全体"を治すのにとても有効です

    私たちは患者様に寄り添い、患者様が本来持っている力を
    鍼灸によって高めるお手伝いをさせて頂きます。

  • 「からだ」と「こころ」双方に影響を与えて
    「気持ちいい」と言ってもらえる治療を目指しています。

    鍼灸は病んでいる"部分"ではなく、
    "身体全体"を治すのにとても有効です

    私たちは患者様に寄り添い、患者様が本来持っている力を
    鍼灸によって高めるお手伝いをさせて頂きます。

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】のお客様の声

●最初はどのような症状がありましたか?
10日間ほど吐き気でご飯を食べると戻してしまい。
水も飲めずフラフラでした。
肩こりなどもひどくて体がガチガチでした。
冷えもすごかった。

●当院に通院するようになってどのような変化、改善がありましたか?
行ったその日の夜に少しずつだけどご飯が食べれるようになって、フラフラも取れて会社に行けるようになりました。
毎日つかれていたのに、少しずつつかれなくなりました。
多分毎日夢を見ていて途中で起きていたのに夢を見なくなり、よく眠れています。

●当院の鍼灸施術を受けてどうでしたか?
とてもいやされます。
先生お2人の仲の良さや穏やかさに居心地よく受けさせて頂いています。
体も軽くなっているので、ついでに心も軽くして頂いているので通っています。

●同じような症状で悩んでいる方へのメッセージをお願いします。
私自身、病院で検査を受けても数字上は異常なしと言われてしまい。
でも体は不調で…原因が分からず体調不良は辛いものがありました。
特に季節の変わり目など、辛い場合は一度見てもらったら良くなるかもしれないので。鍼はこわいと言う人も多いですが、大丈夫です。
Y.K様 39歳 女性 販売員
●最初はどのような症状がありましたか?
肩こり、偏頭痛、生理不順

●当院に通院するようになってどのような変化、改善がありましたか?
疲れると肩こりが酷くなり、吐き気など体調が悪くなっていましたが、改善されました。
また、生理不順の為、10年以上ピルを服用していましたが、徐々に良くなり、ピル無しでも生理がくる様になりました。
病院では子供が出来にくいと言われていましたが、子供も授かる事も出来ました。

●当院の鍼灸施術を受けてどうでしたか?
鍼灸と聞くと痛い、熱いのイメージがあったので最初は不安でしたが、まったくその様な事は無く、またカウンセリングも含めて沢山お話もして頂き、リラックスした状態で施術を受けられました。

●同じような症状で悩んでいる方へのメッセージをお願いします。
身体も心もとっても楽になりました。
是非一度施術を受けて欲しいと思います。
Y.T様 30歳 女性 販売員
●最初はどのような症状がありましたか?
肩こり、偏頭痛、生理不順

●当院に通院するようになってどのような変化、改善がありましたか?
疲れると肩こりが酷くなり、吐き気など体調が悪くなっていましたが、改善されました。
また、生理不順の為、10年以上ピルを服用していましたが、徐々に良くなり、ピル無しでも生理がくる様になりました。
病院では子供が出来にくいと言われていましたが、子供も授かる事も出来ました。

●当院の鍼灸施術を受けてどうでしたか?
鍼灸と聞くと痛い、熱いのイメージがあったので最初は不安でしたが、まったくその様な事は無く、またカウンセリングも含めて沢山お話もして頂き、リラックスした状態で施術を受けられました。

●同じような症状で悩んでいる方へのメッセージをお願いします。
身体も心もとっても楽になりました。
是非一度施術を受けて欲しいと思います。
Y.T様 30歳 女性 販売員

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】のよくあるご質問

  • Q
    「鍼(はり)」は痛くないのですか?
    A
    ほとんどの方が痛くないと言ってくださいます。
    お客様により異なりますが、治療を受けた方は「はりって痛くないんですね。」と言ってくださいます。
    ふじさわ鍼灸院では主に、「極細(人の髪の毛に近い細さ)」の鍼(はり)を使用して治療をします。
  • Q
    「灸(きゅう)」は熱くないのですか?
    A
    ふじさわ鍼灸院の「灸(きゅう)」は、ジワーと暖かくなる方法を使用しています。
    人差指の頭くらいの大きさの艾(もぐさ)に火をつけて、「温かく感じたら取り除く」方法を行っています。そのため、やけどの跡が残ったり、熱い思いをすることはありません。その他、糸状に艾を捻った方法を用いることもあります。
  • Q
    どのような服装で行ったらよいですか?
    A
    ふじさわ鍼灸院では、治療着を用意していますので、お気軽にいらしてください。
  • Q
    健康保険は利用できますか?
    A
    ふじさわ鍼灸院では、自費治療になります。
    部分的治療ではなく、身体(からだ)全体を治療しますので、健康保険の対象にはなりません。
  • Q
    どのような服装で行ったらよいですか?
    A
    ふじさわ鍼灸院では、治療着を用意していますので、お気軽にいらしてください。

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】概要

院名 ふじさわ鍼灸院
院長 藤澤 知保
住所 〒227-0043
神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-25-4 ビューホームズII 101
フリーダイヤル 0037-60-3027740
受付時間 10:00~18:00(予約制)
ご予約いただければ、18時以降でも対応いたします。
定休日 水曜・日曜
アクセス 東急田園都市線「藤が丘」駅から徒歩5分(「昭和大学病院」近く)
定休日 水曜・日曜

横浜市青葉区藤が丘
【ふじさわ鍼灸院】コラム


自律神経失調症について

■自律神経とは
自律神経の働きについて、北関東循環器病院院長 南 和友先生は次のように言っています。

「人間の身体には2種類の神経が張り巡らされています。1つは手足、目、首を動かす神経(随意神経)であり、もう1つは自分の意志では動かすことのできない神経(不随意神経)です。

後者は、神経が人の意志から独り立ちしていることから"自律神経"と名付けられています。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、それぞれ相反する働きを持っています。

人の自律神経は車に例えればアクセルとブレーキのようなものです。体を能動的に動かそうとすればアクセルである交感神経が働き、休もうとすればブレーキの役割をする副交感神経が働きます。

車の場合には運転手が足でアクセルやブレーキを調整し、適正な速度を保ちながら走らせますが、人間の場合は生まれつき体に備わっている自律神経が「五感」「感情」といった高性能なセンサーで自動的に働き、時に早く時にゆっくり作用して体のバランス(ホメオスタシス)を保ちながら、健康な体の維持に役立っています。」

(参考資料『健康と自律神経・血液循環の関係について』)

■自律神経失調症とは
自律神経失調症は、自律神経の「五感」「感情」といった高性能なセンサーの自動的な働きが低下して、体のバランス(ホメオスタシス)が保てなくなることです。

自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

例えば...
慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり 不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ 口やのどの不快感、頻尿、残尿感
などといった症状です。

精神的な症状としては イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない憂鬱になる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなど症状はいろいろあります。

うつ病について

■うつ病にみられる症状
1)自身で感じる症状

憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安である、
イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、
細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、
物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない

2) 周囲から見てわかる症状

表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える

3) 身体に出る症状

食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、
動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く

(宮岡等:内科医のための精神症状の見方と対応、医学書院、1995を改変)

「うつ病」には「自律神経失調症」と共通する症状があります。ただし、「うつ病」には「悪いことをしたように感じて自分を責める」「物事を悪い方へ考える」「死にたくなる」など深刻な症状があります。
医療機関に通院しながらでも、鍼灸治療はできます。

更年期障害について

■更年期障害とは
「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。

初潮の年齢が人それぞれに異なるように、閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後と言われています。
更年期障害は、この更年期にあらわれる不定愁訴をまとめた症候群です。

当院にいらっしゃる更年期障害の患者様が訴える症状は、
動悸、血圧の変動、腹痛、頭痛、めまい、耳鳴り、疲労感、息切れ、腰痛、しびれ、多汗、手足の冷え、
情緒不安定、イライラ、不安感、不眠などです。

■WHO(世界保健機構)が鍼灸の有効性を発表
1996年、WHO(世界保健機構)は更年期障害に対して鍼灸が有効であると発表しました。

中国伝統医学では、更年期障害は生命活動と深く関わっている腎の力が低下し、月経が停止した状態、
いわゆる閉経の前後に生じると言っています。
この「腎気の衰え」を改善していくのは鍼灸が得意とします。
全身の気血の流れが「腎気の衰え」(陰気)によって、陽の気が実(じっ)して偏ってしまい、
イライラする、突然カーッと熱くなる、冷や汗がでるなどの症状を陽実と診ます。
「心身を動かすエネルギー(気血)」の通路(ネットワーク)である「経絡」の滞りを潤滑に流れるようにすることによって、陽の気を押さえ、「腎気の衰え」(陰気)を補い、心身の不調を調えていきます。
そのことによって自律神経のバランスが保てるようになっていきます。