このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
営業時間:平日10:00~21:00

仲介手数料無料では
良い物件に出会えない

業界歴12年のベテランが語る真実

「仲介手数料無料!」・・・近年ほとんどの賃貸不動産は、このような広告を打ち、お客様を獲得しています。もはや、手数料無料は当たり前の時代になっています。

「結局、どこに行っても同じ。」そう思われている方は、多くいらっしゃると思います。

でも実は、仲介手数料無料というのは罠なんです。

・不動産屋が教えたくない裏側
・無料の先にある真実
を説明します。

また、弊社は他社とは全く違うサービスを提供しています。

取り扱い物件は、どの不動産屋も
同じって知っていますか?

一般的な不動産物件を取引する場合、賃貸・売買に関わらず、「レインズ」と呼ばれる国土交通大臣が指定する不動産流通機構に登録されます。

不動産屋は、そのレインズに登録されている物件をみて、お客様に情報を提供しています。

つまり、どこの不動産屋も取り扱える物件は同じです。あとは、「どの物件をお客様に提供するのか」が重要となります。

【重要】
不動産はどこで儲けているの?

賃貸不動産の収益は主に2つです。

① 仲介手数料
② 物件オーナーからの広告料(AD)

①に関しては、みなさんも知っている通りお客様から手数料としていただくものです。

最大家賃の1ヶ月分取ることができます。

②に関しては、ほとんどの方は知らないと思いますが、
実は、物件を契約したときにオーナーから賃貸不動産に広告料としてお金が支払われます。

オーナーからすれば、自分の物件を貸すことができれば家賃収入がはいるわけですから、お金を支払っても問題ありません。
広告料はないとこもあれば、家賃の1ヶ月分、2ヶ月分、それ以上でるところもあります。
この広告料が賃貸不動産にとって最も大きい収益になるわけです。

「仲介手数料無料」に隠された罠

仲介手数料を無料にするということは、賃貸不動産の収益はオーナーの広告料しかありません。

そうなると必然的にオーナーの広告料がない物件は紹介できなくなります。

では、賃貸不動産はどういった物件を紹介すると思いますか?

「オーナーからの広告料ができるだけ高い物件を紹介します。」

しかしよく考えてください。

広告料が高いということはなかなか空室が埋まらない物件。つまり、良い物件でない可能性が高いのです。

弊社のサービス内容

弊社は、お客様にとって一番住みたい物件をご提案いたします。

お客様が希望であれば取り扱える物件を全てご提案します。

さらに、仲介手数料無料にしています。

オーナーからの広告料がでない物件であったとしても無料です。

そうなった場合は、赤字になってしまいますが、全ての物件が広告料がでないということはまずありえないので、「貰える物件からは貰う」というスタンスで営業しています。

お客様のことを考えるとその選択しかありませんでした。

正直いって他の賃貸不動産会社に怒られてしまう内容ですが、賃貸不動産業界に革命を起こそうという決心の元毎日営業しております。


お客様にとって、より良いお部屋探しを提供いたしますので、まずはご相談ください!

会社概要

株式会社FR ESTATE
大阪府知事(1)第61675号
     住所:大阪市中央区南船場2-10-21
        日宝サンキュービル4F-10
     TEL:06-6253-3800

     FAX:06-6253-3801
     MAIL:info@fr-e.co.jp