なぜ普通の人が本業をこなしつつ月40万円の権利収入を築き、
40歳でセミリタイアできたのか

「あと3万円あったら…」
「あの出費がなかったら…」

あなたも毎月こう思っていませんか?

贅沢しているわけではないのに、毎月生活が苦しい。
ちゃんと働いているのに、生活が楽にならない。

「働けど働けど
 猶わが生活(暮らし)楽にならざり
 ぢっと手を見る」

石川啄木の名歌です。
「働いているのに生活が苦しい」という現実は、石川啄木の生きていた明治の時代からありました。

月3.9万円の貯金でも足りない⁉
公益財団法人 生命保険文化センターの統計です。

2017年の総務省「家計調査年報」から試算し、
世帯主が60歳以上で無職である世帯(世帯員が2人以上)の家計では
・実収入から非消費支出(税・社会保険料等)を差し引いた可処分所得約17.7万円
・消費支出は約23.8万円で、1ヵ月間に約6.1万円が不足
としています。

2019年の総務省統計局の家計調査では、
・消費支出(二人以上の世帯)は,  1世帯当たり  301,136円(前年同月比:実質 1.3%の増加)
・勤労者世帯の実収入(二人以上の世帯)は,1世帯当たり  525,927 円(前年同月比:実質 5.1%の増加)
と発表されています。

でもちょっと待ってください!


実収入が22万円上回っていますが、うまく貯蓄できているでしょうか?
仮に30歳夫婦で、毎月22万円を30年間貯めた場合、計7,290万円です。


夫婦80歳まで生きるとした場合、約1,464万円が必要になります。
2017年の日本人の平均寿命は男性81.09歳、女性は87.26歳で過去最高となりました。
1400万円あっても足りないのです。
ちなみに、1,400万円貯めるには、30年だと月に約3.9万円貯蓄が必要です。

しかし実際の生活はどうですか?
月22万円を稼げない人もいるでしょう。大卒の初任給は約21万円です。

「むしろ今その3.9万円が必要だ!」
「わかっていても貯められない」
「今の生活にお金がかかる」
そういう人がほとんどです。

ちなみに、生命保険文化センターの統計は、収入の85%が公的年金等の社会給付で賄われる前提です。
年金制度が破綻直前の今、月3.9万円の貯蓄ですら足りないのは明白です。

お金を捻出する方法

支出を減らす

決められた予算内で過ごし、過度な支払いを禁じます。
一番手っ取り早いですが、限度があります。
それに収入が低い場合、努力が割に合わなくなります。

収入を増やす

社内で昇給する、副業を始める。
副業が解禁された今、方法は無限にあります。
ただし働きすぎは健康を損ね、本業へと支障をきたします。

自分が働かず、「お金に働いてもらう」

自分の労働には限界があります。それに老後になっても継続収入があれば一番よいのです。

「金持ち父さん」シリーズで有名なロバート・キヨサキ氏は不労所得の重要性を説いています。
印税や家賃収入が浮かびますよね。


普通の人々が不労所得を築くことなどできるのでしょうか?


ロバートキヨサキ氏は以下の3つを挙げています。
1 自分の会社を作り、大きくする
2 フランチャイズに加盟する
3 マルチレベルマーケティング

この3つを挙げていますが、個人が現実的に実現できそうなのは3のみです。
また、ロバートキヨサキ氏は「マルチレベルマーケティングこそ21世紀のビジネスだ」と説いています。
現代金融界の哲人の見解です。どんな金融業界人より真実味があるでしょう。

また、不労所得があることで「真の経済的自由」を手にすることができます。
支出よりも多くの収入が得られるのです。つまり働く必要すらなくなるのです。

もちろん不労所得を築くことは一朝一夕のことではありません。
しかし不可能ではありません。
実行した方、つまりやればあなたにも手にできるのです。
「真の経済的自由」を手にできたら、こんな未来が待っています。

経済的自由な生活を得た人々の声

キャンピングカーを買い、家族4人で日本一周してきました!
身近で「日本一周した」という人は少ないので、子供たちにも貴重な経験をさせられて、よかったです。
もちろんローンは不労所得が払ってくれています(笑)
40代 女性
ハワイが好きで、「いっそ住みたい!」って思ってたけど、まさか移住できるなんて!
就労とか不安だったんですが、不労所得があれば、言葉とか仕事の問題って不要なんですよね。
でも現地で友達作りたいので、英会話頑張ります!
30代 女性
セミナー講師をしていましたが、今までは「こんなわずかな謝礼で生活できない」と嘆いていました。
しかし今は不労所得のおかげで、収入を気にせず好きな仕事ができます。
「好きなことをして、こんなにもらえるんだ!」と思え、この仕事がますます好きになりました。
50代 男性
今までは転勤のたびに単身赴任。娘の成長を間近で見られないことを嘆きながら、「しょうがない」と諦めていました。
しかし不労所得のおかげで脱サラできました。今は毎日娘の成長に寄り添えることが何よりも幸せです。
30代 男性
セミナー講師をしていましたが、今までは「こんなわずかな謝礼で生活できない」と嘆いていました。
しかし今は不労所得のおかげで、収入を気にせず好きな仕事ができます。
「好きなことをして、こんなにもらえるんだ!」と思え、この仕事がますます好きになりました。
50代 男性
もし真の経済的自由を手に入れたいなら、私はそのお手伝いができます。
しかし本気の人にしかお伝えできません。それほどに貴重な情報だからです。

希望する方は全員、平等にチャンスがあります。
下記メールアドレスに「LPを見た、興味がある」とメールするだけでいいのです。

endlessbeauty.kumiko@gmail.com


学ぶだけでも大変な価値があります。
しかし、すべてはあなたがやるかどうかです。

私は全力でサポートします。
あなたからのメールをお待ちしています。