次のような方のために書かれています

  • クリスチャンホームだけれど夫婦関係に問題を抱えている
  • 聖書から具体的な夫婦関係のアドバイスをもらいたい
  • 満たされない思い、セックスレスを解消したい
  • パートナーの気持ちがわからないで不安になる
  • 夫婦関係のことなので牧師に相談しづらい
  • 聖書から具体的な夫婦関係のアドバイスをもらいたい

この小冊子を読んだ後あなたは

  • 神様が願っておられる祝福された夫婦のあり方がわかる
  • 聖書からのアドバイスに平安をもって従うことができる
  • 妻として、夫として悔い改めたいと願うようになる
  • パートナーをいとおしく思う想いが増し加えられる
  • 聖書からのアドバイスに平安をもって従うことができる

この小冊子と同じ内容のセミナーに参加された方の声

匿名希望(女性)
今まで「夫の下に自らを置く」という考えがなかったのと、夫を愛する方法がわからなくて、祈ってきました。
新しい発見、希望が与えられました。
この働きを是非、日本中で続けてほしいです。
Mさん(女性)
「神様が見ておられるのは、私たちが教会にいるときではなく、家庭にいるとき」という言葉が心に残ります。

本日はどうもありがとうございました。
匿名希望(女性)
私の生活の中で、家庭での義務を考えるとき、様々な働きがありますが、それを人に対してではなく「神様にする」と考えると楽しくなりそうです。
ありがとうございました。
匿名希望(女性)
私の生活の中で、家庭での義務を考えるとき、様々な働きがありますが、それを人に対してではなく「神様にする」と考えると楽しくなりそうです。
ありがとうございました。
創世記、エペソ人への手紙を中心に、聖書の教える幸せな夫婦の在り方を考えます。
妻は夫からの「思いやり」を必要とし、夫は妻からの「信頼」を必要としています。
お互いの必要が満たされた時、神様の祝福を夫婦としていただくことができるようになります。