ニート・フリーターを続けるべきではない理由10個

ニート・フリータでいることは、自分の将来の可能性を潰してしまいます。ここでは、ニートやフリーターを続けるべきではない理由をご紹介します。

ニートの末路は

2017年時点でのニートの総数は、71マン人を超えています。20代だけではなく、30代もほぼ同数です。そんなニートの末路は、ニュースや漫画など、どれも目を避けたくなるような悲惨なものが多いです。
ニートの末路は、どうなるのか。過去のニュースなどを調べてみると・・・。

ニートの末路・・

  • 食料難による衰弱死
  • 家族、親族から縁を切られる
  • ホームレスの生活
  • 生活保護も断られる
  • 生きる道が途絶える
  • 家族、親族から縁を切られる

ニートはお金が無くなる

ニートは、お金がなくなったら、何も手立てが打てません。社会人であれば、仕事がなくなってニートになっても、失業している間は、失業保険がおります。もちろん、期間はありますが・・。

親に頼る、親戚に頼るなんて生活は、続くものではありません。生きている以上、将来に目を向けなければなりません。

社会的な信用がなくなる

ニートやフリーターでずっと長くいることは、社会的な信用も失ってしまいます。近所の人だって、世の中の人だって、辛い中、頑張って働いているわけです。

社会から逃げてばかりいては、いつまで立っても社会人として自立できません。責任ある立場、ポジションを掴むことこそ、信頼が生まれます。チャンスは、まだあります。

家族へ迷惑になる

ニートは、家族から縁切りされる可能性も十分あります。そして、フリーターは、20代であればまだ、家から通うこともできるかもしれません。ただ、一生親と生活できるわけではありません。

どこかで、親孝行の立場にならなくては、おかしいです。甘えた人生を送っていると、家族だけではなく、世の中から見放されるとも限りません。

就職が厳しくなる

ニートやフリータである時間が長くなるほど、就職は厳しくなるでしょう。生涯賃金も、減っていってしまいます。まだ、ニートでも生活できる、フリーターだから収入もあるし大丈夫といった逃げの姿勢でいると、就職が厳しくなります。

今すぐ就活しようという気持ちが湧かない限り、将来は今以上に苦しい状況に追い込まれてしまいます。

仕事についていけなくなる

ニートやフリーターの期間が長いと、実際に仕事を始めた時に、仕事のペースについていけない、力が全く及ばないといったことが起こります。もちろん、仕事に対して、必死にくらいついていく位の気持ちがあれば心配ないですが、仕事に空白期間が長いと、厳しくなる一方です。

フリーターは収入が安定しない

フリーターでいる限り、収入は、いつまでも安定しません。そもそも、フリーターに与えられる仕事は、他の代わりになる簡単な仕事を回されることが多いからです。

だから、時給制なんです。学生であれば、小遣い稼ぎとしては良いですが、社会人になる年齢であれば、正規の仕事に就くべきでしょう。

フリーターはボーナスがない

フリーターは、ボーナスがありません。つまり、年収面からみると、かなり安い給料で生活していかなければならないのです。また、仕事を頑張ったとしても、精々時給がアップする程度です。

忙しい仕事けど、収入は上がらない、スキルも上がらない、もちろんボーナスもない。でも、企業としては、便利に使える人間。そうならないよう、フリーターから卒業しなければなりません。

社会保険に入れないフリーターも

社会保険は、自分が病気になった時に健康保険組合が負担してくれる保険や、老後の年金など、日々の生活や将来の担保のために必ずといっていい程、必要なものです。

ただ、事業所の規模(被保険者が500人以上)や勤務時間(所定労働時間20時間以上)、雇用期間が1年以上の見込みがあるなど、社会保険に加入するためには、条件をクリアしなければなりません。

人間は、一生と健康でいられるとは限りません。また、年齢も確実に増えていきます。そういった状況で保険がない生き方は、本当に厳しい状況になってしまいます。

能力が身に付かない

フリーターやニートは、その期間、将来の仕事に関する勉強期間として利用している場合は、良いですが、それ以外の場合、社会に出てから仕事を学ぶことになります。

つまり、それまでの期間は、全く能力が身に付かないことを意味します。そのため、どんどん周りの人間に追い越され、いつまで経っても一人前になれません。

能力を身に付けるためにも、早期に今の状況を脱していくべきでしょう。

就活に失敗しないための注意点7つ

ここからは、ニート、フリーターが就活で失敗しないための注意点に絞ってご紹介します。

20代フリーターやニートの就職で注意すべき点

未経験採用の企業を狙う

20代の場合、未経験で採用してくれる企業は沢山あります。特に、フリーターやニートの方は、確実に狙うべきでしょう。もちろん、企業が未経験で採用してくれる理由は、入社後に、教育してくれる体制が整っているからです。

そのためには、就活支援サイトをどういったものを使うかによっても変わります。

就職支援サービスを使う

20代では、就活支援サービスを使って、求人活動をおこなっていった方が良いです。特に、20代のフリーターや、ニートを専門に支援を行っている転職サイトがあります。

このようなサイトを使えば、確実にチャンスは広がりますよ。

就職する強い気持ちを持つ

未経験で採用してくれる企業の多くは、応募する人にスキルや能力を求めてはいません。なぜなら、経験がないことは承知だからです。では、何で採用を決めているかというと、本人のやる気や心構えです。

ですので、ニート、フリーターから脱したい、正社員として頑張っていきたいという気持ちが何よりも大事になってきます。

30代フリーターやニートの就職で注意すべき点

落ちることを覚悟で何度も受ける

30代のニートやフリーターの場合は、採用してくれる企業側も少なくなります。ですので、20代とは異なり、落ちてもめげずに就活することが大切です。

もちろん、採用してくれる企業が減るだけで、何社も受けていけば、必ず、採用してくれる企業は見つかるはずです。ですので、簡単に受かると思ってしまうと、逆に、「もしかしたらずっと受からないかも」といった不安が出てきてしまいます。

余計な不安なので、簡単には内定はもらえないと思うだけでも、就活はぐっとラクになりますよ。

広い視野で業界を知る。就職活動をおこなう

30代であれば、本来は、企業側の多くは即戦力を採用する年齢です。ただ、ニートやフリーターの場合は、入社前から即戦力となるようなPRできるスキルはないかもしれません。

ですので、まずは、未経験でも採用してくれそうな企業を幅広く探していきましょう。

就活支援サイトを幅広く利用する

未経験で採用してもらうには、就職活動を1つではなく、複数の活動を組み合わせて活動していった方が求人を広く探せます。

例えば、ハローワーク以外にも、民間の就職支援サービスを活用できます。民間の場合、30代向けの多くは、即戦力を中心として採用している企業が集まる転職エージェントがほとんどです。

ただ、即戦力中心だからといって、30代未経験でチャンスがないかといったら、そんなことはありません。数は減っても、採用してくれる企業はあります。

ですので、転職エージェント選びは、20代、30代の両方を使ってみることがポイントです。もちろん、登録しても、利用不可の連絡がくるかもしれません。それでもいいんです。

数多く登録して、紹介してもらえる転職エージェントを見つける事に注力していきましょう。

バイト経験や自分の長所の洗い出し

フリーターやニートで就活する場合、社会人の転職活動と違い、過去の業務経験から上手く志望動機につなげられる材料がありません。

とはいえ、業務経験がなくても、フリーターであれば、バイトの経験、ニートであれば、自分の長所、もしくは何かしら勉強やチャレンジしたこと、社会貢献したことなど、何かしら自分が特異とするものがあるはずです。

また、逆に、これだけは苦手、やりたくないものもあるかもしれません。それもリストアップしましょう。

そこから、企業探しの方向性や志望動機としてつなげられるものが見つかる可能性があります。どうしても分からない場合は、就職支援サービスを活用しながら整理していきましょう。

転職しないためにも10年先の将来の方向性を決める

30代の就活であれば、これは最後と決め、フリーター、ニートからは足を洗うつもりで、就活をしましょう。その時に、入社だけを目的とするのではなく、将来10年後、どうありたいのか、どうしたいのか、夢などがあれば持っておきましょう。

これは、就活して、決まりそうな企業、もしくは、内定をもらってからでも良いかもしれません。入社したら、続ける気持ち、何があっても頑張る気持ちでいきましょう。

もちろん、どうせ勤めるなら、しっかり能力を身に付け、次は転職できるレベルまで上げていきましょう。もちろん、転職することが目的ではなくても・・。収入もアップの可能性も見えてきます。

高卒フリーター・大卒フリーターの就活の注意すべき点

就職しなくてもバイトに戻れるという甘えをなくす

フリーターの場合は、アルバイトという仕事で、食つなぐことはできます。だからといって、バイト代で生活できるという甘い気持ちでいると、仕事が決まりません。油断すると、ずるずると1年、2年と仕事が決まらない人もいます。

責任がないからと楽な道に逃げない

会社の社員として働くと、アルバイト時代とは違い、責任ある仕事を任されるようになってきます。これは、自分の能力を上げることにもつながるチャンスなんです。責任がないアルバイトがラクだからといって、正社員から逃げていると、いつまでも成長しません。

今は就活しなくても生活できるという考えを捨てる

収入さえあれば、生活ができるといった、考えでいると、フリーターのままでいいのではと思いがちです。ただ、フリーターは、いつクビになるか分かりません。生活も安定しません。社会的にも弱い立場の人間です。

そうならないよう、一にも早く就活をすべきでしょう。

ニート・フリーターの自己分析の手順

ステップ1:過去の経験を整理する(感謝されたことなど)

自己分析の仕方は、数多くあります。例えば、自分の過去の体験や頑張ったことなど・・。もちろん、どの自己分析でも良いですが、もし、少しでも過去に感謝されたこと。小さなことでもいいです。席を譲って感謝もありますよね。記入してみましょう。

感謝されるというのは、自分の評価ではなく、他人が評価したものです。それを洗い出す中で、自分の長所を見つけてみましょう。下では、中学時代、高校時代、大学時代、社会人経験時代に分けてます。該当する部分のみ記入しましょう。

ステップ2:周りとの関係の大切さを感じたことの洗い出し(感謝したこと)

ニートやフリーターとして生活している中で、周りの人に感謝したこと、感謝すべきことがあれば、書き込んでいきましょう。つまりこれは、自分が感じた価値です。この価値は、自分が今度は与える立場になるものです。
将来は、日々の生活の中で、感じた価値を与える立場になります。将来、あなたが活躍している中で、どう価値を与えられるかイメージしてみましょう。

ステップ3:自分の長所、目指すべき人柄を見つける

上記から、自分の長所、目指すべき人物像が描けるようになってきたら、社会人としてあるべき姿が見えてくるはずです。

そして、仕事を通じて、どんな方向に進んでいきたいのか考えてみましょう。

ステップ4:自分の強みを知る

自分の強み。これを知ると、自分が具体的にどんな仕事に向いていて、どんな方向に活かせば良いのかといったものが大筋ですが見えるようになってきます。ただ、なかなか自分で考えても出てこないかもしれません。

なので、無料で受けられるサービスもあるので、試したことのない方ややってみる価値はありますよ。以下は、求人サイトが提供している「自分の強みを洗い出してくれるサービス」です。求人登録すると、使えます。
>>自分の強みを知る適性検査

履歴書等の作成

就活で失敗しないためには、応募書類もしっかりと作り込んでいく必要があります。特に、社会人経験がある中での履歴書や職務経歴書は、業務経験があるため、比較的作りやすいでしょう。

ただ、ニートやフリーターの場合、少なくとも、正規の社員として働いていない空白期間があります。
これをどう埋めていくのか?フリーターであれば、バイト経験を活かしていくのか、ニートであれば、その期間、勉強、ボランティア、家業、介護など書くものがあるでしょう。

ただ、応募書類として書くにあたって、どう書いていくべきなのか、もしくは、空白の方が良いのかといった点は、企業によって異なります。ですので、そこは就職エージェントと相談するなどして、決めていった方が良いでしょう。

フリーター・ニートの面接対策のポイント6つ

ここからは、フリーター、ニートの面談対策のポイントをご紹介します。

面接時の服装

面接時の服装ですが、就活時は、リクルートスーツが一般的です。ただ、新卒ではないケースの場合は、学生のイメージを残すだけなので、辞めた方が無難です。

基本は、転職の面接と同じ、グレーやネイビー色のスーツの方がおすすめです。また、会社によっては、「私服で来てもらって大丈夫ですよ」と言われるかもしれません。

その場合は、私服でも大丈夫ですが、失礼のない服装でいきましょう。迷ったら、スーツでいきましょう。私服は入社してから周りを見てから決めたっていいですよね。

自己PRのポイント5つ

入社後、どう会社に貢献していきたいのか熱意を伝える
入社後に自分がどんなに頑張れるか、働いて会社に貢献したいという気持ちを伝えましょう。必要に応じて、会社のホームページや募集要項を読み直し、どんな人材を募集しているかチェックしましょう。


何かに打ち込んできたこと、熱中したことを伝える
何かに打ち込んでいる人間なら、会社に入っても、一生懸命に頑張ってくれると思うものです。学生時代、バイトなど、自分が熱中していることがあれば、それを伝えましょう。

 

人から感謝されたエピソードを伝える
人から感謝されたエピソードがあれば、その人の人柄が良く見えます。見かけよりも、実は内面の優しさや気転の良さ、気遣いなどのある人間とみられます。会社ではコミュニケーションは重視されるため、このエピソードがあると強力です。

 

自分で工夫したこと、改善したことを伝える
過去のアルバイトや仕事で、自分で工夫した点、何かしら改善した点などがあれば、伝えましょう。特に、仕事を単にこなすだけではなく、自分で物事を考えられる人間かといった視点でみられ、プラス評価になります。

 

苦労したことを乗り越えたエピソードを伝える
過去に苦労した点、大変だったことを乗り越えた経験があれば、それもテーマの1つとなります。これから入社してから、辛いこと大変な経験もするでしょう。そんな時に、乗り越えられる人間なのかといった視点でみてもらえます。

 


フリーター・ニート期間の就職しなかった理由

面接では、ニート、フリーターの期間何をしていたのか、聞かれます。その時に、何等かしらの回答ができるよう、準備をしておきましょう。採用担当者は、意地悪い質問をしたいがために聞くのではなく、理由が知りたいだけです。

もちろん、理由は、事前に準備しておけば、困ることはなくなります。少なくとも、ネガティブな理由ではなく、仕方ない事情があったようなニュアンスで伝えれば、マイナス評価にされることはないでしょう。

怖いと思わないための3つの心構え

ニートやフリーターで採用面接となると、怖いという気持ちが先行してしまい、企業への応募もできないといった、本末転倒なことでは困ってしまいますよね。なので、そうならないために、3つのポイントだけ押さえておきましょう。

といっても、気持ち面です。

3つのポイント

  • 1.面接は全て練習だと思うこと。
  • 2.何度も面接の練習を飽きるほど行うこと。
  • 3.鏡に向かって、「自分はできる」と毎日つぶやくこと。
  • 2.何度も面接の練習を飽きるほど行うこと。
以上をおこなえば、面接に動じることはありません。大丈夫ですよ!

面談で見られる最大のポイント

面談となると、30分や50分と長いものもあります。そんな長い間、いろいろ聞かれるのは気が引けると思うかもしれませんよね。

確かに、この時間、全ての集中するというのは、無理があります。

実は、面接も多くの場合、最初の4分で採用するしないは、決まると言われてます。残りの時間は、その決定した内容を確認するための質問です。ただ、一度決まった意志が変わるケースというのはほとんどないようです。

ですので、最初の4分は大事にいきましょう。一番効果的なのは、笑顔を作ることです。もちろん、最初からそんな笑顔を出す余裕はないかもしせんが、笑顔が出るようになってきた頃には内定も幾つももらえる段階になっていることでしょう。

フリーター・ニートにおすすめの職種7選

公務員

高卒の場合、卒業後、数年以内ならニートやフリーターであっても受験可能です。大卒の場合もどうように試験を受けることが可能です。

そのため、ニートやフリーターだからといって、不利ということは全くありません。また、公務員を目指し、不合格となり、勉強のため、ニートやフリーターになっている方もいます。

技術職

フリーターやニートの場合、20代であれば、ITエンジニアスクールに通いながら、スクール経由の紹介で就職する方法もあります。通常、エンジニアスクールは、15万円から50万円程度費用がかかります。

ただ、以下のITエンジニアスクールの場合、転職まで成功すると、スクール費用を全額キャッシュバックしてくれます。つまり、実質無料で受けることができます。

気になる方は、一度申し込んでみると良いでしょう。
>>実質無料になるITエンジニアスクール

営業職

フリーターやニートから営業を目指す方も多くいます。確かに、営業というと顧客回りをしたり、大変というイメージもありますが、ゼロから知識や経験を積むことができる数少ない職業の一つです。

また、営業職は、どこの業界にいっても通用します。また、一度身に付けてしまえば、自分に向いた商品を扱う営業への転職もできます。そして、成果を上げれば、高い年収が期待できるのも営業職ではないでしょうか。

女性におすすめ一般事務職

事務職は、女性に非常に人気のある職業です。簿記や経理業務経験などの知識があると、当然有利に就職ができます。ただ、人気がある職種ために、ハロワークなどの一般的な求人情報から応募すると、仕事が見つかりにくいといったことが起こります。

ですので、事務職を目指す方は、就職エージェントは、必須と思っていいでしょう。

販売職

この販売職も事務職の次くらいに人気のある職種です。販売は、主に商品の知識が必要になりますが、営業と同じく販売も未経験から身に付けやすい職業といえるでしょう。

ただ、販売職の場合、正社員よりアルバイトの方が採用は多いかもしれません。

製造業職

製造業は、工場などで働く仕事です。工場は、仕事のパターンがあるため、一度覚えてしまうと、仕事のペースを掴むことができます。また、たいていは、シフト勤務なので、急が障害対応といった突発的な仕事はありません。

また、考えなければ先に進まないような業務でもないため、比較的慣れてしまえば居心地のよい仕事の一つと言えるでしょう。

高齢化社会へ向けた介護職

介護職は、これから益々必要とされる仕事になっていくことでしょう。ただ、今は、給料が少なかったり、仕事が重労働といったキツさもあります。ただ、人の世話が好きな人、自分の意思をしっかり持って仕事が出来る人にとっては、悪くない仕事です。

介護職は、将来的にもいろいろなビジネスチャンスも生まれる可能性があります。まずは現場で、経験を積みながらスキルアップを図る面白さはあるかもしれません。

ニートやフリーターにおすすめの就職支援エージェント

ここからは、ニート、フリーターから正社員になるために、皆が使っている人気の転職サイトをご紹介します。特に30代は、20代と30代の両方の転職エージェントを使いましょう。

出来る限り、登録する前から絞り込むのは得策ではありません。ここは、注意が必要です。

20代の高卒フリーター・ニートの転職エージェント

高卒、大卒フリーターと、ニートの転職の転職活動は、一般の転職エージェントではなく、20代に特化した転職エージェントがあるので、それを使っていきましょう。

もちろん、今まで他の就活支援サービスも使っているなら、合わせて、使うことで内定への道が一気に近づきます。逆にいうと、この機会を逃すと、仕事が決まりにくくなるため、早めの行動を心がけましょう。

30代フリーターの転職エージェント

30代になると、就職エージェントは、ほぼ全て即戦力募集が中心です。なので、30代は、転職エージェントの使い方を変えていきます。どうするかというと、20代の就活エージェントと、30代の転職エージェントの両方を使います。

転職エージェントは、20代向け、30代向けとありますが、全ての企業がそれにきっちり当てはまる人材ばかり募集しているとは限りません。時期タイミングによっては、採用してくれる企業も少なくありません。

なので、登録したら、利用不可と連絡がくることの方が多いかもしれません。ただ、数社でも返信があれば、十分次へ進むことができます。ですので、まずは結果次第で就活方法も変わってくるため、早めのアクションを心がけましょう。

仕事を見つけるまでのつなぎ

就職先が決まるまでにつなぎでアルバイト、派遣、契約社員などで凌ぐのも一つの方法でしょう。ただ、将来を見据えるなら、出来る限り早めに正社員として安定した仕事に就くことをおすすめします。

ここでは、就活エージェントの登録は済ませ、仕事が決まるまでの間、一時しのぎとして、バイトのメリットをご紹介し、最後にバイト探しに使っている人気サイトをご紹介します。

つなぎバイト

つなぎバイトのメリットは、短期間で収入が得られる点でしょう。また、数多くのバイトを経験することで、自分がどんな仕事に向いているのか、どんな仕事が世の中にあるのかを体験することが出来ます。

つなぎバイトをしている期間に、稼ぎながらも自分の長所、自己分析のネタとして作っていくのもありです。

つなぎ 派遣

派遣の仕事の場合、数ヶ月単位といったケースもあるため、就活エージェントと相談するときには、スケジュールを立てていきましょう。就職活動の期間は、一般的には、早い人で3ヶ月、通常は6ヶ月以上かかります。

ですので、就活エージェントに登録してから、数ヶ月間は、バイトか派遣の仕事でしのぐ必要があります。また、エージェントと相談するときは、内定まで取れるおおよその期間を聞いて、長そうであれば、派遣の仕事をする旨、一言伝えておきましょう。

それによって、スケジュール調整や面接日などを調整してくれるはずです。

フリーター、ニートにおすすめバイト・派遣サイト3選

バイト(マッハバイト)

マッハバイトは、お祝い金がもらえたり、振込日が早いバイトなど、すぐに金欠になりそうな方にとっては嬉しいバイが揃っています。また、バイト案件も全国に21万件と充実しています。旧ジョブセンスが運営しているサイトなので、安心して利用できますよ。

マッハバイト

派遣(リクルートスタッフィング)

リクルートスタッフィングは、リクルートが母体となっている派遣に特化した求人サイトです。特に、女性に人気の事務職も多数揃えているほか、仕事相談もしっかり乗ってもらえます。

リクルートスタッフィング

工場派遣(ジョブハウス)

工場派遣の中でも、充実した求人情報を掲載しているのが、ジョブハウスです。短期間で高収入がえられる仕事が多数あるため、一度応募してみましょう。

介護派遣(きらケア派遣)

将来、高齢化社会がますます進んでいきます。その中で、介護職はより注目をあびる職業になっていくでしょう。正社員として入社する前に、経験するのも一つの方法です。時給も高めなので、おすすめです。

まとめ

フリーター・ニートで正社員として就職するまでの、就職対策、ポイント、就職エージェント、収入のつなぎバイトなどご紹介してきました。フリーター、ニートの方は、今日から取り入れられるものも数多くあるはずです。

長い人生、誰もが失敗や挫折の経験はあります。それが、実は大切なことでもあります。ニートやフリーターから大きく成功された方も少なくありません。だから、一歩でも前進していきましょう。必ず、人生が明るい方向に変わるはずです!