北摂国際特許事務所が提供するFREE顧問契約
Hokusetsu International Patent Office

京阪神地区・東京地区の中小企業の方々へ!
顧問契約を一定期間継続すれば、特許出願や商標登録出願が無料になる!
そんな画期的な「FREE顧問契約」を試してみませんか?
常時、京阪神地区10社、東京地区5社限定で契約します。
(超えた場合は順番待ちとなります)。

特許や商標を小学生でもわかるように説明する!
それが、私たちの基本ポリシーです!

私たちのサービスの基本

弁理士というと、「特許を取得するための代理人」「特許庁に対する手続書面を作成してくれる人」というイメージを、ほとんどの方がお持ちかもしれません。

実際、ほとんどの特許事務所では、そういったサービスだけを提供していることでしょう。

しかし、私は、たんなる代理業務や書面作成代行業務だけが弁理士の仕事であるとは考えていません。

特許や商標の相談時には、お客様の会社の事業戦略等について詳しくお聞きしている状態ですから、

 ・特許や商標をどう活用すれば、売上を上げることができるか?

 ・どうすれば、もっと商品やサービスの認知度を上げることができるか?

といった具体的な営業戦術等のアドバイスもすることもできるはずなんです。逆に言えば、そこまでお客様に貢献できてこそ、初めて弁理士に依頼する意味が出てくる、と考えています。

コンサルティングの事例
「5年の契約延長を勝ち取った!!」

セキュリティサービスの開発・販売会社の事例ですが、このお客様は、「大手との継続契約を取ることが難しく、安定経営につながらない・・・」というお悩みを抱えていました。 

このお悩みを解決するべく、システムの内容を詳細にヒアリングしたところ、1つ1つの技術は普遍的なものでしたが、その組み合わせ方に非常に斬新なアイデアが隠れていることを発見しました。

交渉の切り札として用いるために、そのアイデアを特許化し、他社に乗り換えられた場合には不本意ながら特許の実施料を請求せざるを得ない旨を伝えるよう提案したところ、当初希望の3年の契約延長を超えて、5年の契約延長を取引先から提案していただくことに成功しました。

このお客様には、「最初は半信半疑だったけど、特許の力っていうのを初めて体感することができました。非常にうれしかったです。」と喜んでいただけました。

私は、特許業務もかれこれもうすぐ20年になりますが、その前は、メーカの設計者として4年、SEとして10余年の経験を有しています。特にSE時代には、お客様の中に入り込んで、コンサルタントとしてお客様の悩みに直接向き合ってきました。

また、独立開業後、様々な営業戦術を試行錯誤する中で、開業5年で50社を超える新規顧客を獲得した実績があります。ですから、お客様にとって本当に効果の出る実践的な戦術をご提案することができるのです。

なぜ他の特許事務所ができないのか

「専門家」という響き、確かに信頼感は出てきます。しかし、どのような経緯で弁理士になったか。どのような経験をしてきたか。それによって、趣が大きく変わることをご存知でしょうか。  

例えば、IT企業のSEと言えば、どのような人材を想像するでしょう。いわゆる「オタク」でしょうか(笑)?私もSEは10余年経験しましたが、周りを見回してもあまりコミュニケーションが得意な人間はいませんでした。というよりも、システム屋としての技術が高いほどコミュニケーション能力は低い、というのが業界人の共通の感覚だと思います。

弁理士も同じ傾向にあります。なぜでしょう。実は、そのほとんどが技術屋出身だからです。最近では、マーケターとかから合格者も出ていますが、比率的にはごく少数にとどまっています。そうすると、まともなコミュニケーションを取ること自体が困難なケース、意外と多い理由も理解できるかと思います。 

私は、幸運ではあったのですが、SE時代、上流から下流まで一通りのシステム開発業務に関わることができるとともに、ITコンサルティング業務の黎明期に悪戦苦闘してきました。当時は、なぜこんなことを、と思うことが多かったのですが、今となっては大きなアドバンテージとなっています。なぜなら、お客様の中に入り込んでいたので、お客様の様々な悩みを大局的に理解することができるからです。

また、私は、IT企業初の労働組合の設立に書記長として関わるという稀有な経験の持ち主です。したがって、コミュニケーションに関しては、現場で培った技術があります。そのおかげか、プロの講師が集う某社開催の「セミナー講師オーディション」でも準優勝した実績もあります。比較的コミュニケーションが苦手な「職人」が多いこの業界において、お客様にとって話しやすい相談相手として選択肢の1つにしても悪くはないでしょう。

私たちが約束する5つの安心

相談実績による安心

年間200件前後の相談を、開業以来12年間してきました。特許や商標にとどまらず、資金調達から販路の拡大、労務管理まで。「何でも屋」ではありませんが、様々な課題やお悩みに向き合うことができます。

技術分野限定の安心

「なんでもできる」は「何もできない」に通じると考えます。あなたは、脳しゅようができたとき、脳神経外科の専門医と、なんでもできる医者と、どちらに命を任せますか?私たちは化学以外の分野でプロの仕事を提供します。

顔を合わせる安心

ネットでの宣伝広告が増えると、専門家と一度も顔を合わせることなく依頼する、などという話も良く聞きます。私たちは、直接お会いしてこその信頼、というスタンスを崩しません。お互いが永遠のパートナーとなるために。

市場を読める安心

商標は、権利を取る取らないよりも、商品やサービスの市場での認知度が上がるか否かの方が大切です。マーケティングの知識がない専門家では対応できない対応策を提案することができます。

相談が無料でできる安心

原則として、無料相談は弊所にて実施いたします。ご来所が難しい場合には、京阪神地区であれば無料で出張することも可能です。それ以外の地区については交通費実費でお伺いすることも可能です。

無料相談は予約制です。まずは、お電話でお気軽にご連絡ください。

相談実績による安心

年間200件前後の相談を、開業以来12年間してきました。特許や商標にとどまらず、資金調達から販路の拡大、労務管理まで。「何でも屋」ではありませんが、様々な課題やお悩みに向き合うことができます。

FREE顧問契約の内容

FREE顧問契約の内容の骨子は以下の通りです。
詳細については、無料相談時にご確認ください。

・目的別のプロジェクト単位の顧問契約です。
・訪問は原則月一回です。
・6か月継続してご契約していただいた時点で、特許出願1件、又は商標登録出願1件(三区分まで)を無料で行う権利が発生します(印紙代込み)。
・原則、自社出願として出願していただきます。
・権利の行使・不行使は御社の自由です。
・各種調査、社内向け研修等は別料金となります。

価格表

特許顧問料(月額)
¥100,000
消費税(月額) ¥8,000
6か月継続時特許出願料 ¥0
印紙代 上に含む
調査等 実費
社内研修(60分) ¥100,000
交通費(京阪神地区以外) 実費
社内研修(60分) ¥100,000
商標顧問料(月額)
¥100,000
消費税(月額) ¥8,000
6か月継続時商標登録出願料(3区分まで) ¥0
印紙代 上に含む
調査等 実費
社内研修(60分) \100,000
交通費(京阪神地区以外) 実費
調査等 実費
その他ご希望に応じて対応しますので、お気軽にお問い合わせください
当事務所について

代表挨拶

お客様の笑顔が私たちの力の源泉です!!

私は、最初は帆船日本丸の設計者でした。そこからSEとして10年余り。当時、ソフトウェアのパクリなんて業界の日常茶飯事。上司に物言おうが、「他がやってるんだから仕方ないんだよ」で済ませる始末。どうしようもなかったです。 

そこで、弁護士さんに聞きに行ったんです。すると、「そういうのは弁理士に聞いてほしいんだよねえ。」と門前払い。ここで初めて「弁理士」なるものの存在を知りました。 

そして、弁理士さんを訪問したところ、「プログラムなんて特許で守れないんだよ。」とここでもまた門前払い。後で知ったのは、当時も腕の良い弁理士はうまくプログラムを特許で守っていたこと、そして技術分野によって得手不得手があって、私が訪ねたのは得意な技術分野が異なる先生だったということでした。

そんなバカな!怒りに震えた私の頭をよぎったのは、「そうだ!私が弁理士になれば、多くの人を助けられる!」その一念で、右も左もわからない私が特許業界へと身を投じたのです。

それからもう20年が過ぎようとしています。おかげさまでソフトウエアに強い弁理士として一定の信頼を得るようになれました。また、ITコンサルタントとしての経験が商標を用いた戦略策定に大きな力となっています。 

士業の先生の多くが顧問契約を提案されます。確かに日常的に次々と問題が生じる税務や労務については理解できます。一方で、どれだけの会社が日常的に新たな特許や商標の問題を抱えているでしょうか。私には、現状の多くの顧問契約は、企業にとって本当に意味があるのか疑問でした。

私たちは、目的を特定した短期プロジェクトとしての顧問契約を提案します。目的が定まっているのですから、そこには必ずリターンがあります。意味ある顧問契約だと思いませんか? 

FREE顧問契約は、上記の考え方から生まれたもの。あなたの事業が円滑に、そして飛躍的に伸びることを心から願っています。

事務所概要

社名 北摂国際特許事務所
所在地 〒564-0063 吹田市江坂町1-23-5 大同生命江坂第2ビル5F
電話番号 06-6380-2040
設立 2006年9月
代表者 福永正也
所在地 〒564-0063 吹田市江坂町1-23-5 大同生命江坂第2ビル5F

アクセス

北摂国際特許事務所

■電話受付
 10:00~18:00 ※土日祝除く
■mail
 soudan@hokusetsu-ip.com
■アクセス
 御堂筋線江坂駅から徒歩2分。


ご依頼の流れ

STEP

1

お問い合わせ

まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。

06-6380-2040 (平日10時~18時)

この時間帯以外は、メールにてお問い合わせください。

STEP

2

無料相談

無料相談にて、顧問契約における課題をお話の中で固めましょう。あなたが考えている課題とは実は異なる課題が問題となっているケース、多々あります。対面して話をするからこそ本当の課題が見えてくる。弊所と顧問契約するメリットの1つです。

STEP

3

ご提案・お見積り

お客様に合わせた顧問契約の課題をご提案します。もちろん、別途調査等の作業依頼が発生しない限り、顧問契約金額以外に請求はございません。

STEP

4

ご契約

ご提案内容にご満足いただけましたら顧問契約となります。本顧問契約を6か月継続した時点で、特許出願又は商標登録出願(3区分まで)のいずれか1件を無料で依頼する権利が発生します。

STEP

1

お問い合わせ

まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。

06-6380-2040 (平日10時~18時)

この時間帯以外は、メールにてお問い合わせください。

よくあるご質問

Q
調査費用は顧問料金に含まれていますか?
A
調査は、種類も範囲もお客様の状況によって千差万別です。したがって、本顧問料金とは別に請求する形となります。
Q
無料で出願した特許出願又は商標登録出願の中間処理はどうなるのですか?
A
基本的には御社による自社出願という形で出願していただきます(願書、明細書等の書類作成は弊所で行います)ので、自社で対応されるか、弊所を含む特許事務所に対応を依頼することになります。
Q
遠方ですが、対応は可能ですか?
A
こちらまで足をお運びいただけるなら可能です。また当方が出張する場合でも、交通費が実費とはなりますが、対応は可能です。京阪神地区は交通費無料で出張可能です。
Q
顧問契約を6か月経過した後はどうなるのですか?
A
6か月継続する都度1件、特許出願又は商標登録出願を無料で行うので、半年ごとに1件出願可能となります。もちろん、出願時点で解約することも可能です。(6か月未満で解約した場合は、無料で出願する権利を喪失します)
Q
土日祝にはお申し込みできませんか?
A
お電話でのお申し込みは平日のみですが、メールでのお申し込みは24時間受け付けています。ただし、引き受け可能件数に限度がありますので先着順となっております事、ご了解ください。
Q
顧問費用が割高ではないですか?
A
考えてみてください。
ユーザにヒアリングすると、月1回あるかないかの訪問で月3-5万請求される事務所が多いそうです。しかも、出願時には若干の割引があるところもありますが原則別料金。ほとんど自分たちが活動して、書類作成のみが先生の仕事だそうです。
これに対して、弊所のFREE顧問契約は、少なくとも目的を最初に決定します。(例:新事業での特許取得マップの作成、一つの事業での商標取得計画、etc.)
目的に沿って、権利取得を含めた知財戦術を一つ一つ実践していくので、予算取りが明確なうえ、商標については、最初の出願をしてしまえば、やろうという意思さえあれば2件目以降自分たちでも権利取得できるようになります。そして、あなたの手元には事業に必要な権利が確実に残ります。
トータルコストで、どちらがあなたにとって安価であるかは明確ではないでしょうか。一部で問題視されている安売り商標のように意味のない権利を取ってしまう心配もないのですから。
Q
調査費用は顧問料金に含まれていますか?
A
調査は、種類も範囲もお客様の状況によって千差万別です。したがって、本顧問料金とは別に請求する形となります。

お客様の声

IT企業

外国の企業の特許が厄介だったので事業化推進には二の足を踏んでいました。しかし、権利の穴の発見、そして「置石特許」戦術で、当面の敵とも和解でき次の一歩を進めることができました。これからが勝負ですよね。頑張ります!

ITベンチャー

右も左もわからない状況だったのを、競合の状況等を含めてうまく整理できたので、戦略的な動きをしやすくなりました。頭がもやもやしているときこそ、福永先生をお勧めします(いやがるでしょうけど笑)。

メーカー

ニッチな技術ばかりを追いかけていましたが、意外と骨太の技術で勝負できることがわかり安心しました。激戦ですが、これからも支援よろしくお願いします。

IT企業

オープンソースばかりなので、およそ特許なんて端から頭にありませんでした。組み合わせ方、見せ方で、相手をけん制することが可能な権利を取れること、初めて知りました。もっと、社内のネタ、集めてみます。

IT企業

外国の企業の特許が厄介だったので事業化推進には二の足を踏んでいました。しかし、権利の穴の発見、そして「置石特許」戦術で、当面の敵とも和解でき次の一歩を進めることができました。これからが勝負ですよね。頑張ります!

追伸:弁理士と顧問契約をご検討の方へ

弁理士に相談する。初めての方にとっては、結構敷居が高いことかと思います。また、どうも話がうまく伝わらない。そういう印象を持たれたことも少なくないかと思います。ただそれは、多くの先生が、お客様のお話をうまく引き出すコミュニケーション能力の向上に投資していないから。決してあなたに原因があるわけではないのです。

何か疑問が生じたら気軽に相談できる専門家。これが私たちの目指す専門家像です。ですから、「これは特許になるか?」みたいな具体的なものでなくてもいいんです。例えば、 

・本当に今が特許を取るチャンスなのか?
・商売のアイデアで勝負したい
・事業計画に沿った特許取得って可能ですか?
・依頼するときに何を準備すればいいのかわからない
・自分たちで商標を取っていきたいが、何らかの指針が欲しい

のようなことを計画的に相談できる。それが「FREE顧問契約」です。

短期間のプロジェクト単位とはなりますが、京阪神地区10社、東京地区5社限定のサービスです。
早めにお電話ください。

電話受付時間外の方は、こちらからお問い合わせください。