Lost Town


~Lost story~  vol1.ふるさとの風景

ママは、いつもボクにいうんだ。

自分のことは、自分でしなさい。

いい子でしょって。

けれど、ボクにはむずかしいことばかり。

わからないことが多すぎる。

ママは、そんなボクに、いうんだ。

自分のことは、自分で考えないとね。

だからボクは、ほおづえをついて考える。

何が正しくて、何が悪いの?

誰が正しくて、誰がまちがっているの?

 

 

誰がきめたのでもない。

誰にきめられたのでもない。

誰が選んだのでもない。

誰に、選ばれたのでもない。

あの日、ボクは、そんなことを考えたんだ。

ほおづえをつくのを止めて、じっと手を見つめながら。

そう、生まれてはじめて、未来を、思ったんだ。

世の中は、わからないことばかり。

けれど、ボクは考えるんだ。

ボクの手の中にある、未来を。

誰のものでもない、ボクの未来を。

いい子ねって、ママがほめてくれるまで。