第2回ともいきフォーラム
「家族と食卓」

―〝こ食”の時代に育つ子どもたちの未来を考える―

主催:公益財団法人 浄土宗ともいき財団
協力:芝学園 後援:読売新聞社
詳細は下にスクロールしてください↓

お申し込み

 孤食、個食、子食……。
 近年、日本では家庭環境の影響により、家族一緒に食事をする機会が少なくなっています。そのことで、一番に影響を受けるのは子どもたちの健やかな成長です。家族の食卓には、家族の在り方、コミュニケーション、生活スタイルなどが如実に表れています。
 家族の変遷とともに変化する食卓を分析しながら、これからの日本社会と子どもたちの未来を考えます。

日程:2018年1月27日(土) 13:30〜16:00(開場13:00)
参加費:無料  定員:500名
場所:芝学園講堂
(東京都港区芝公園3-5-37)

下部のボタンよりお申込みください

プログラム

第1部 基調講演
「食卓からみた現代家族」
岩村 暢子(大正大学客員教授、キユーピー株式会社顧問)
学校活動紹介
「芝学園における生徒のお弁当調査について」
井上 美葉(芝学園PTA副会長)
第2部 パネルトーク
「孤食の時代に育つ、子どもたちの未来を考える」
・パネリスト
岩村 暢子(大正大学客員教授、キユーピー株式会社顧問)
山折 哲雄(宗教学者)
武藤 道郎(芝中学校・芝高等学校 校長、学校法人芝学園 理事)
・コーディネーター
戸松 義晴(浄土宗総合研究所主任研究員)
第2部 パネルトーク
「孤食の時代に育つ、子どもたちの未来を考える」
・パネリスト
岩村 暢子(大正大学客員教授、キユーピー株式会社顧問)
山折 哲雄(宗教学者)
武藤 道郎(芝中学校・芝高等学校 校長、学校法人芝学園 理事)
・コーディネーター
戸松 義晴(浄土宗総合研究所主任研究員)

講演・パネリスト

岩村 暢子

大正大学客員教授/キユーピー株式会社顧問

1953年生まれ。総研、大手広告会社を経て、大正大学客員教授、日本能率協会総合研究所客員研究員、キユーピー株式会社顧問。
食卓を通じて現代家族を見つめる調査を続けて20年目。「家族の勝手でしょ!」で、第2回辻静雄食文化賞。

山折 哲雄

宗教学者

1931年サンフランシスコ生まれ。東北大学文学部卒業。専攻は宗教史・日本思想史。2003年日本放送協会放送文化賞、2010年南方熊楠賞受賞。前国際日本文化研究センター所長・名誉教授、大佛次郎賞、和辻哲郎文化賞。

武藤 道郎

芝中学校・芝高等学校 校長/学校法人芝学園 理事

1961年東京生まれ。東京理科大学理学部卒業。1991年に芝中学校・芝高等学校専任教諭。同校生活指導係主任、入試委員長、経営企画室副室長、副校長を経て、2017年より現職。

コーディネーター

戸松 義晴

浄土宗総合研究所主任研究員
1953年東京都生まれ。慶應義塾大学、大正大学大学院卒業後、1989年よりハーバード大学神学校留学、神学修士取得。仏教者による生命倫理、死生観教育に携わる。現在、浄土宗心光院住職。浄土宗総合研究所主任研究員、国際医療福祉大学特任教授。

会場

芝学園講堂

東京メトロ日比谷線「神谷町駅」3番出口徒歩5分
都営地下鉄三田線「御成門駅」A5出口徒歩7分
JR「浜松町」徒歩17分
※会場には駐車場はありませんので、公共交通機関でご来場ください。

浄土宗ともいき財団のHPはこちら

お問い合わせ

浄土宗ともいき財団 事務局 ともいきフォーラム係
TEL 03-3436-3353 FAX 03-5472-4878 E-mail tomoiki-info@jodo.or.jp

フォーラムのチラシ、またFAXでのお申し込みをご希望の方は、こちらからPDFをダウンロードしてください。

※個人情報の取り扱いについて
お客様からいただいた個人情報は、当財団がフォーラムの事務処理および、今後のフォーラムの開催案内等に利用し、当該業務の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合以外は、お客様の承諾なく第三者に提供いたしません。