#朝活ナース!
知ってみよう訪問看護

朝食を食べながら訪問看護についてのミニ勉強会とナースの交流会を開催します。

申し込み

前回の様子

一番不安な「自分で判断して一人で行うの?」は間違い!病棟と同じようにいつでも相談します。

 困った気はすぐに相談するのは病棟にいた時と同じ。実際に不安な時は自分の判断ではなくいつでも相談しています。先生に画像を添付したり動画も送ることもあります。SNSの活用もありますが、個人情報保護の観点から気をつけることももちろんありますので、各ステーションの使っているシステムを覚える必要がありますね

#朝活ナースvol.8 開催決定!!
 
訪問看護はまさに看護の原点!
患者さんと寄り添える!
面白い!
子育て中でも働きやすい!!

とっても魅力が詰まっています。
だけど、

「勉強不足で知識も少ないし」
「一人で自宅に行くのは不安・・・。」
「経験が少ないから怖い・・・。」
「実際どんなふうに働いているかイメージつかない」
というみなさん。

 朝食(今回はランチ)を食べながらちょっと勉強したり、話したりしてしてみませんか?

今回のミニ勉強会の内容は、
「すぐに役立つ訪問看護技術」

在宅ならではの看護技術をかいつまんで学びます。
在宅では経済的な視点からもケア方法を看護師がコーディネートしたり、創意工夫しています。

 
日程:2019年7月20日(土) 9:30〜11:30
参加費:1000円(朝食付き)
定員:10人 
場所:tavern on S<es>タバーン オン エス

東京都渋谷区千駄ヶ谷5ー24ー55ニュウマン新宿店フードホール内


【タイムスケジュール】
9:35~自己紹介 
    ブレイクタイム
10:00~ミニ勉強会
10:45~訪問看護なんでも質問会
・・・など




ページ下部のボタンより参加チケット(peatix)をお申込みください。
facebookアカウントがある方はfacebookのイベントページの参加ボタンを押してください。
こちらからご連絡いたします。
※連絡がない場合は、お手数ですが、こちらにメールをお願いします。

support@for-nurse.com




vol.1の様子

訪問看護の対象の違いについて勉強しました。

医療保険?介護保険??

対象が違うことで看護ケアにどんな違いがあるのかなど、ちょっとマニアックなことを勉強してみました。なんと対象者の保険が違うとケア時間が違っていたり、訪問回数が違ったりします。
参考文献はこちらから
http://www.tampopo-clinic.com/torikumi/images/test_nagai.pdf

正社員でもパートでも訪問している間は同じ仕事をさせてもらえるのが訪問看護の魅力であることも話させていただきました。

vol.2の様子

「訪問看護は怖くない」実際の連絡、相談、報告の仕方について勉強しました。

 訪問看護は訪問看護指示書をもとにドクターの指示によって訪問してケアを行なっています。
 実際の事例を見ながらお話しました。病棟のステーションと訪問看護ステーションは同じ。廊下は自宅までの道路。病室が自宅。病棟でステーションに帰って相談する時、人を呼んでくるとき、ナースコールを押して助けを呼ぶ時の判断をするのは在宅も一緒です。いろんな事例が出てきたので、分かり易かったと思います。連絡の仕方一つとっても全てが個別性。訪問看護って楽しいですね。

vol.3,4の様子

1日のスケジュール大公開!症例を交えて実際の看護の展開を勉強しました。

1日の訪問は4件から7件です。

朝礼での情報の共有から始まり、物品の確認をしていざ出発!訪問看護ステーションによって訪問時間はバラバラですが、決まった時間に訪問をしていると相談しやすいメリットもあります。事務所に帰ってきてからは今日の患者さんの報告や相談、ドクターやケアマネージャーとのやり取りもあります。その日の疑問はその日に解決です。
症例検討では、がん末期で自宅看取りを行なったケースと要支援(介護の程度は軽い)だけど、老夫婦での生活をどう支えていくのか看護師の視点の大切さを学びました。

vol.5の様子

在宅ならではの訪問看護技術

 ご自宅にあるものを使ってケアを行うことがほとんですので、使用するときは必ず利用者さん、または家族から許可を得て使わせていただきます。ケリーパットも手作りして先髪を行なっていたりしています。病棟では気にしていないコストのことも在宅では気にする必要があります。

vol.7は大阪開催しました。

訪問看護で看取りをしたい!

緩和ケア病棟の看護師さん、脳外科の看護師さん、訪問看護ステーションの経営者で訪問看護に必要な考え方などについて話し合いました。現在の病院での看取りが8割以上であり、実際に自宅での死を望んでいる人は7割もいるにも関わらず、実際に自宅で最期を迎えることができる人は2割もいないのが現状です。もしも、きちんと「死に関して」教育ができることができたら、在宅での看取りの実際を知っていたら、もっとその思いは叶えられるはずです。訪問看護は在宅での看取りにも欠かせない存在です。

ボタン

来月以降の開催予定

未定


私たちが企画しています

冨永久美恵

病院、クリニックなどで働きながら

2001年准看護師免許取得久留米医師会看護専門学校卒業

2004年看護師免許取得

地元の大病院のSCU、GICU血液浄化センター、透析室勤務

2005年結婚、2006年第1子出産し退職。

2009年第2子出産。

2012年派遣看護師として復帰。

2015年訪問看護師として病院勤務。現在4年目。

2017年訪問ボランティアナースの会CANNUS小金井国分寺発会。現在働きつつ活動中。

西山妙子

2001年横浜赤十字専門学校卒業 看護師免許取得

急性期病棟、手術室を経験後、2006年に結婚、出産。2008年、2010年にも出産。パートで地域の総合病院などに勤務。

2013年訪問看護の道へ。

2015年居宅介護支援専門員取得。ケアマネージャーとしても勤務経験あり。
現在小学生3人のママ(一人重度難聴あり)
東京都北区の訪問看護ステーションに勤務中
マインヘルスケア 株式会社 代表取締役としての顔も持つ。
病院の激務で疲弊しないでほしいと看護師の横のつながりや、新しい看護師のライフスタイルの提案を行うナースのためのオンラインサロン「ナースライフバランス 」を企画運営中。

会場

tavern on S<es>タバーン オン エス

新宿駅新南口からすぐ

お店のサイトはこちら

※問い合わせのメールに「#朝活ナース参加希望」と記載をお願いします。またはfacebokのイベントページの参加ボタンを押してください。

主催:ナースライフバランス
イベント協賛:株式会社メディフォロー

私たちは、看護師としての様々な働き方やプライベートを充実させるための情報や活動を、日本中のナースとシェアすることで、1人でも多くの看護師が「自分らしさを」大切に、自由で面白いナースライフを過ごせる世の中を目指します。