私たちは、
「食から始める地域活性。食から始まる多文化共生。
みんな一緒に、おいしい・楽しい!」をコンセプトに、
食のバリアフリー対応を推進しています。
■食のバリアフリーとは?(私たちの定義)
宗教上の理由や嗜好、アレルギーなど、どんな食生活の方でも、食を楽しめること。そして、それぞれのニーズを満たした食を提供すること。

協議会の主な目的

  • 食のバリアフリーを実現する

    ハラール、ベジタリアン、ビーガン、アレルギーなど、どんな食生活の人も「同じ食卓で、同じものを楽しく食べられる」地域を目指す(多文化共生の第1歩)

    ★「食のバリアフリー」からスタートし、地域全体に多文化共生の環境が整えば、国籍に関わらず人が集まるようになる。そのことで、今後人口減少が確実な日本において、地域の存続と永続的な発展につながる

  • 地域や地域の連携のために、活動する

    地域に住む人、自営業、商業や農業に関わる人が、豊かになるための活動する。地域が連携することで、国内外から人を呼び込む。

    ★地元での底力と魅力をたくさんの人に知っててもらうことで、人・モノ・ことの流れが増え、地域が活性化できる。

  • 多文化共生できる地域を実現する

    国籍や宗教などに関係なく、多様な人が地域で健やかに育ち、安心して心地よく生活できる環境を整える。

    ★多様な価値観を持つことが当たり前の文化圏が形成され、日本人にとっても、子どもたちにとっても、住みやすい地域になることでしょう。

  • 食のバリアフリーを実現する

    ハラール、ベジタリアン、ビーガン、アレルギーなど、どんな食生活の人も「同じ食卓で、同じものを楽しく食べられる」地域を目指す(多文化共生の第1歩)

    ★「食のバリアフリー」からスタートし、地域全体に多文化共生の環境が整えば、国籍に関わらず人が集まるようになる。そのことで、今後人口減少が確実な日本において、地域の存続と永続的な発展につながる

主な活動

食のバリアフリー対応店舗/企業、対応商品/サービスを増やすこと
必要な情報提供やコンサルティングなどを行って対応を促進します。
対応店舗/企業や商品のプロモーションを行うこと
ウェブサイト、Facebook、コミュニティなどに情報を公開、拡散し、必要とされている方々に周知します(イベント出展なども行う予定)
対応店舗/企業を連携すること
対応店舗、企業同士が情報交換やネットワーキング、商談できる場を設けてまいります(予定)
食のバリアフリーについて、理解を促すこと
勉強会やセミナーなどを通し、食のバリアフリーについての知識や理解を広めます。
対応店舗/企業を連携すること
対応店舗、企業同士が情報交換やネットワーキング、商談できる場を設けてまいります(予定)
大切なのは、
「できることを、できる人が、できるだけ。」

多様な食のニーズ対応するには、
1店舗だけでは、難しい。
企業・店舗・地域の連携が必要不可欠です。

皆さんも協力していただけませんか?

食のバリアフリーに対応している。
将来食のバリアフリー対応を実践したい。
食のバリアフリーに興味がある。

そんな、店舗・企業・団体・組織・個人の皆さまが、互いに協力・応援・連携するために、この推進協議会があります。

店舗や企業が繋がることで、広がるアイデアも、チャンスもあるでしょう。協議会も促進のために、しっかりとサポート&活動してまいります。

皆さまもぜひ、ご参加ください。

会員特典

全会員対象
  • Crossbridgeによる1時間無料コンサルティング(食のバリアフリー、ムスリム対応、インバウンド対応など)
  • 安達法務事務所による1時間無料コンサルティング(各種許認可申請や外国人雇用等に関する法規的な相談)
  • 会員限定価格での、Facebookページ or サイト作成(Crossbridge)
  • 会員割引でのコンサルティング(2回目以降)
  • 会員割引での勉強会・交流会参加 
  • 食のバリアフリーに関連する各種情報提供
  • 各地で開催されるイベント・セミナー情報の提供
食のバリアフリー対応店舗・企業対象
  • 推薦協議会が作成する、対応店シールの配布
  • 紹介サイトやマップへの掲載
  • メディアなどへの情報拡散
  • コミュニティやサイトでの情報発信と拡散(集客サポート)
  • 協議会のイベントへの出展やサンプリング など
    ※対応店であることを、お申し込み後にヒアリングなどを通し、確認させていただきますこと、ご了承ください。
食のバリアフリー対応店舗・企業対象
  • 推薦協議会が作成する、対応店シールの配布
  • 紹介サイトやマップへの掲載
  • メディアなどへの情報拡散
  • コミュニティやサイトでの情報発信と拡散(集客サポート)
  • 協議会のイベントへの出展やサンプリング など
    ※対応店であることを、お申し込み後にヒアリングなどを通し、確認させていただきますこと、ご了承ください。
食のバリアフリー推進協議会の会員になる
食のバリアフリー推進協議会は、下記メンバーが発起人となり設立した任意団体です(2018年現在)。
円滑な運営のため、下記の規約に同意の上、お申し込みください。
(2018年は会費無料。2019年度より、会費制となります)

協議会コアメンバー(役員)

代表:カーン 恵理子

合同会社Crossbridge 代表
ムスリム対応専門家
ミラサポ(ハラール・ムスリム対応)専門家

サイトへ

副代表:安達 弘樹

安達法務事務所
行政書士

サイトへ

顧問:中崎 巧

アジアサポートビジネスセンター中崎事務所
フィールドコーディネーター