第3回総会 お申込み受付中

どなたでもご参加可能です。
〈日時〉
2019年9月23日(月・祝)
【前半の部】
◇基礎研究/臨床研究発表・症例報告
10:00~13:30(9:30~受付)
発表者
 ・城谷 昌彦 先生
「腸内フローラ移植後4ヶ月経過して改善を認めたアトピー性皮膚炎の症例」
 ・喜多村 邦弘 先生
「自閉症の治療経験」
 ・川井 勇一 先生
「UB-FMTにより改善を認めた過敏性腸症候群3症例」
 ほか
当研究会会員による症例報告は必見です。

【後半の部】
◇ 基調講演
14:00~15:15
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
ワクチン・アジュバント研究センター
センター長 國澤 純先生
テーマ:「腸内環境から考える健康科学の将来展望」

◇ パネルディスカッション
15:30~16:30
国澤 純 先生、研究会 会員(臨床医)

会場ご案内

〈会場〉都シティ大阪天王寺(旧:天王寺都ホテル)
〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町1-2-8
TEL: 06-6628-3200

お問い合わせ

一般財団法人
腸内フローラ移植臨床研究会

「一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会」は、臨床医が中心となり、「腸内フローラ移植(糞便微生物移植)」という新しい治療の確立に取り組み、腸内フローラ移植の研究開発及び臨床研究を通して、人々の健康に寄与する活動を行います。
06-6379-3328

過去の開催イベント・活動報告

満員御礼にて終了しました。
ありがとうございました。

日時 : 2018年10月14日(日)
場所 : ヒルトンプラザウエストオフィスタワー8階 会議室
〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番2号 
TEL: 06-6341-3334

【 第1部 】役員会(役員のみ、詳細は別途ご案内)

【 第2部 】臨床研究発表会・症例報告(医療関係者向け)
時 間:12:30~14:00(12:00~開場・受付)
会 場:C会議室
参加費:
正会員 無料/正会員のスタッフ様 3,000円
非会員10,000円/非会員のスタッフ様 5,000円

■次世代解析法の開発について(第一報) 
シンバイオシス総合研究所 清水真
■症例報告「過敏性腸症候群・鬱・子どものアレルギー」
かわい内科クリニック 院長 川井勇一 先生
ルークス芦屋クリニック 院長 城谷昌彦 先生
はるなクリニック 副院長 春名令子 先生

【 第3部 】基調講演
時 間:14:30~17:00(14:00~開場・受付)
会 場:AB会議室
参加費:
1,000円    
賛助会員は無料
1部~ご参加、2部~ご参加の方 無料
クラウドファンディングご支援者 無料

■活動報告
腸内フローラ移植臨床研究会の紹介
田中クリニック 院長 田中 善 先生
■基調講演
内容:「日本人の腸内細菌叢解析からみえてきた健康長寿の秘密」
座長:大阪市立大学 名誉教授 井上正康 先生
講師:京都府立医科大学 准教授 内藤裕二 先生
■パネルディスカッション
京都府立医科大学 准教授 内藤裕二 先生、研究会会員
司会:大阪市立大学 名誉教授 井上正康 先生


2018年7月15日
感謝の会を開催いたしました。
当日スケジュール

18:15  受付開始
18:30  開催の挨拶
    腸内フローラ移植臨床研究会
        評議員 田中三紀子
18:35  セミナー
       「無意識を支配する腸内細菌
                     ~脳と腸の深い関係~」
    井上正康 医学博士 
19:25   腸内フローラ移植への想いと
       腸内フローラ検査について 
    

   一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会 大阪ブロック長
    医療法人悠亜会 かわいクリニック
    院長 川井勇一先生  

19:40   財団法人の設立の経緯について
    「うんちのクソぢから」著者:清水 真 紹介
    一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会 評議員    
    医療法人仁善会 田中クリニック院長 田中善先生
19:55  乾杯 
     フレンチレストランプロデュース
    腸に優しいフレンチコース
           (シェフよりご紹介)
20:40  デザートタイム ジャンケン大会
20:55  腸内フローラの喜ぶ食事について
    清水幸子氏 管理栄養士 
21:00  腸内フローラ移植の可能性と
        財団法人の方向性
   一般財団法人腸内フローラ移植臨床研究会 常務理事
    ルークス芦屋クリニック院長 城谷昌彦 先生
    
21:15  閉会の挨拶

ご参加いただきありがとうございました。

ご講演の先生方
プロフィール

井上 正康 先生

岡山大学医学部大学院(医学博士)

アルバートアインシュタイン医科大学 客員教授

米国タフツ大学医学部 客員教授

大阪市立大学医学部 教授

大阪市立大学・名誉教授

宮城大学 理事・副学長

健康科学研究所 所長

(株)キリン堂ホールデイング 取締役

田中 善 先生
鳥取大学医学部 卒業
腎臓内科を専攻 大阪大学にて
腎炎の生化学的進展機構の研究で学位
(医学博士号)取得

現在、 大阪市生野区
医療法人仁善会田中クリニック 理事長
腸内フローラ移植臨床研究会 評議員
IAOMT-Asia(医科歯科連携アカデミー)副代表
日本先制臨床医学会理事
日本フェロトーシス臨床研究会理事
=========

*診療モットー
がんの先進医療を中心に、分子栄養学、免疫学、歯科口腔内環境などを駆使した統合医療を推進し、予防医学の発展に寄与することを心がけ医療を実践している。
川井 勇一 先生
滋賀医科大学医学部 卒業
消化器内科を専攻 京都府立医科大学にて 
消化管免疫学の研究で学位(医学博士号)取得

現在、 大阪市城東区 
医療法人悠亜会 かわい内科クリニック 理事長 腸内フローラ移植臨床研究会 大阪ブロック長
=========

*診療モットー
日々、胃カメラや腹部エコー検査などをする中で、一人ひとりの体質や症状にあわせて、西洋医学のみならず東洋医学、分子整合栄養医学などの中から適切なものを選択し、「病気予防」を第一に、『こころもからだも喜ぶ医療』の実践を心がけている。
また、『セルニュートリション協会』の代表として、定期的なセミナー活動も行い、ABC朝日放送「おはよう朝日です」にも度々出演するなど、さまざまなところで、胃腸の健康を中心に情報発信している。
城谷 昌彦 先生

東京医科歯科大学医学部医学科卒業

以後、

神戸大学第四内科

三木市立三木市民病院内科

京都大学医学部附属病院病理部

兵庫県立塚口病院(現尼崎総合医療センター)消化器内科

において消化器内科医として主に内視鏡診断・治療で研鑽を積む

2016年12月 ルークス芦屋クリニックを開設

ルークス芦屋クリニック 院長

==========
*診療モットー 

自身の患った病を通して、クライアントの視点を大切にしつつ、従来の医療だけにとらわれない幅広い医療を提供できるように努めています。

また、病をメッセンジャーと捉え、その病の意味をクライアントとともに考えていくことで心身ともに癒される環境作りを心がけています。

2017年には腸内フローラ移植臨床研究会の常務理事として設立に関わり、腸内環境の重要性や、腸内フローラ移植の啓蒙に務めています。

城谷 昌彦 先生

東京医科歯科大学医学部医学科卒業

以後、

神戸大学第四内科

三木市立三木市民病院内科

京都大学医学部附属病院病理部

兵庫県立塚口病院(現尼崎総合医療センター)消化器内科

において消化器内科医として主に内視鏡診断・治療で研鑽を積む

2016年12月 ルークス芦屋クリニックを開設

ルークス芦屋クリニック 院長

==========
*診療モットー 

自身の患った病を通して、クライアントの視点を大切にしつつ、従来の医療だけにとらわれない幅広い医療を提供できるように努めています。

また、病をメッセンジャーと捉え、その病の意味をクライアントとともに考えていくことで心身ともに癒される環境作りを心がけています。

2017年には腸内フローラ移植臨床研究会の常務理事として設立に関わり、腸内環境の重要性や、腸内フローラ移植の啓蒙に務めています。

開催情報

会場 Le Clos de Mariage
ル・クロ・ド・マリアージュ
天満橋
参加費 5,500円(税込み)
定員 45名
会場情報 〒540-0012
大阪市中央区谷町2-2-22 2F
電話番号 06-6942-9666(レストラン)
06-6942-9686(ウェディング)
会場情報 〒540-0012
大阪市中央区谷町2-2-22 2F

2018年6月8日
「腸に優しいランチ会」
開催しました。

フレンチレストランの人気店
ル・クロ・ド・クー にて
シェフがこころを込めて作る
腸内フローラが喜ぶランチ

腸に優しい一皿を楽しみながら
今話題の腸内フローラについてのミニセミナー

おかげさまで和やかに楽しいひと時を
ご一緒する機会となりました。

ご参加者様の声
=============

美肌を作るエクオールも
幸せホルモンと言われるセロトニンも
腸と深い関係があります。

脳と腸の深い関係や
腸内フローラって何?
という疑問にお答えするセミナーとなりました。

=============

今、アレルギー等で
皆んなと同じものを食べることができない子供も多いですね。

主催者である、
腸内フローラ移植臨床研究会・評議員の田中の実体験

自身の子供が体調異変になり、
腸内フローラ移植を経験して、
普通だけれど、健康に暮らせるようになった…

何年かぶりにお弁当を持たせることができた…

という喜びを語ったエピソードは、
参加者の皆さまの心に響いたとのご感想をいただきました。

=============

6月1日
クラウドファンディング
キックオフイベント
開催しました。

6月1日12時

Campfireにて
クラウドファンディングプロジェクトを
スタートしました!

お陰様で、
80分で目標としていた100万円、
54人の方に支援をいただき達成することができました。

本当にありがとうございました。

引き続き、腸にやさしいランチ会、
専門家によるセミナー開催を行ってまいります。

ご支援よろしくお願いいたします!