編集画面では動画は再生されません。

小規模リサイクル事業者さまにおすすめ
回収されたPETボトルを処理する前の
ペットボトル ラベル剥離機 シリーズ

ペレットの質の向上、ペレットを少しでも高く売りたい
先にラベルをとってベール状にして売りたい、

そんな小規模のリサイクル事業者さまにおすすめの

ペットボトル剥離機シリーズはいかがでしょうか。

ラベル剥離率約95%でラベルがきれいに取れて、縦型で設置面積をとらない剥離機シリーズです。

様々な事業者さまが弊社の製品を活用しています

お客様の声

小規模リサイクルにぴったり

当社は小規模の事業のリサイクル事業を行っております。
そのため、あまり場所がとれないという弱みがありました。
第一鈑金のペットボトル剥離機は縦型で
設置面積が取られないというところに魅力を感じお問合せをしました。

アットホームで相談に乗ってくれて、良心的な価格で購入することができました。
(リサイクル事業者さま)

サービスエリアのペットボトルを回収しています・・・

サービスエリアやコンビニのペットボトルを集めています。
ラベルは当然つけっぱなしでした。
今までは人の手で剥いていましたが、第一鈑金のペットボトルラベル剥離機に出会い人的資源をさかずに経営できているし
ペレットの質も向上し、高単価でう売れるようになりました。
そのため剥離機を導入して1年ほどで機械の代金もペイできました。
(回収業者さま)

弊社の剥離機が選ばれる理由

ランニングコストが抑えられる
構造がシンプルで自社メンテナンスが可能で、長持ち設計。
省スペース設置可能
縦型の機械であるため、省スペースでの設置が可能
ラベル剥離率約95%
ラベル剥離率95%でベール状のペットボトルでも剥離できる設計
ラベル剥離率約95%
ラベル剥離率95%でベール状のペットボトルでも剥離できる設計

製品一覧

製品一覧ペットボトル ラベル剥離機(剥離・分離)

商品名:Bottle Friend・L-107
●剥離率約95%達成 ベール状ボトルにも対応可能
●自社メンテナンスができ、シンプルな構造で刃も長寿命
●縦型なので省スペース

仕様

概要 1連続投入可能
2圧縮されたペットボトルも可能
3ラベルとペット片の剥離排出
(剥離率 約95%一社内テスト結果)
4縦型で設置面積がコンパクト
5省人化仕様
※上記仕様は改良のため予告なく変更することがあります
※上記数値は使用条件投入状況により変わることがあります
寸法関係 1 H×W×D 3,550×1,700×1,370(mm)
2 床設置寸法 1,000×1,000(mm)
3 重量 約1,400(㎏)
電装 1メインモーター 30KW
2攪拌モーター 1/80 0.4KW×2
3モーター付きブロアー 1.0KW×2
電装 1メインモーター 30KW
2攪拌モーター 1/80 0.4KW×2
3モーター付きブロアー 1.0KW×2

処理サンプル

剥離前

回収されたPETボトルで剥離前のラベル付き

つぶれたペットボトルも剥離可能です

剥離後
95%の剥離率。刃を回転させて剥離し分離します。剥離後のペットボトルは写真のようになります。
剥離後
95%の剥離率。刃を回転させて剥離し分離します。剥離後のペットボトルは写真のようになります。

ペットボトル ラベル 剥離機(剥離特化)

商品名:ラベルセパレーター

より小さく、よりお買い求めやすい、圧縮前ペットボトル(300ML~600MLのペットボトル専用)のラベル剥離特化タイプ 

●1時間に100㎏の能力で、連続投入可能。
●ラベル剥離率約90%を確保
●縦型設計により超省スペースを実現
●剥離後のペットボトル形状が原型に近く、プレスによる圧縮が可能

仕様

概要 連続投入可能
能力 約100kg/Hr
寸法関係 1 H×W×D 1,990×900×900(mm)
電装 モーター5.5W仕様
寸法関係 1 H×W×D 1,990×900×900(mm)

処理サンプル

剥離前
回収されたPETボトルで剥離前のラベル付き
剥離後
剥離後分離はしませんが、破砕されないので、そのままの形で出てきます。
剥離後
剥離後分離はしませんが、破砕されないので、そのままの形で出てきます。

よくあるご質問

  • Q
    サンプル機械は見ることができますか?
    A
    もちろんです。お気軽にお問い合わせ下さい。
  • Q
    見積もり依頼だけでも可能でしょうか?
    A
    もちろんです。まずは現状の確認も含め、直接お話しさせて頂ければと思います。お気軽にお問い合わせ下さい
  • Q
    塗装作業も併せて依頼することは可能でしょうか?
    A
    可能です。
  • Q
    塗装作業も併せて依頼することは可能でしょうか?
    A
    可能です。

制作・販売第一鈑金


当社は創業以来、鈑金、製缶一筋に業務を拡大してまいりました。
現在エレベーター関連、空調システム関連に製品を納入したお客
様から高い評価を得ております。
そして長年にわたり培ってきた鈑金、製缶の技術をもとにペットボトルリサイクル機器を開発し市場にだし公表をはくしております。
一つは、ペットボトル剥離・分離機であり、ほかはペットボトルリサイクルシステム関連機器を通して社会に貢献していきたいと念願しております。
又、鈑金、製缶関係も高い品質、短納期、低価格をモットーに努めてまいります。

会社概要

会社名 第一鈑金
住所 神奈川県横浜市都筑区川向町922番地49
電話番号 045-471-5225
代表者 廣瀬久和
ホームページ http://www.fmf-daiichi.co.jp/
e-mail

fmf-daiichi@galaxy.ocn.ne.jp
ブログ

http://daiichibankin.hama1.jp/
e-mail

fmf-daiichi@galaxy.ocn.ne.jp

お問合せ・資料請求はお電話またはお問合せフォームからお願いします

沿革

1972年4月
前代表取締役 廣瀬清彦が
個人で横浜市港北区新羽町に
三和工業を設立
1981年4月 有限会社 第一鈑金へ社名変更
1999年3月 エレベーター(三菱電機製)部品納入
2001年1月 ペットボトルラベル剥離機を開発、発売開始
2003年12月 財団法人 神奈川中小企業センターよりAランク評価
2004年8月 代表取締役社長に廣瀬久和 就任
1981年4月 有限会社 第一鈑金へ社名変更