水漏れ原因はどこ?
頼りになる修理業者について

普段から気を付けていても、ある日トイレの水漏れが起こってしまい冷静さを欠く人もいます。しかし、冷静さを欠いても何も問題解決にはなりません。今回は、水漏れが起こる原因や自分では対応しきれない場合のおすすめ水道修理業者について紹介していきましょう。

水漏れが起こる原因

水漏れと簡単に言っても、さまざまな原因があります。原因によって対処法などが変わってくるのは当然です。こちらでは、水漏れが起こる原因について見ていきましょう。

・結露
水漏れとは少し違いますが、意外と水漏れと多く勘違いされるものが「結露」です。気温差が大きくなることで、トイレタンクに結露がついてしまいそれがどんどん床に垂れてしまうのです。特に、冬場は結露が起こりやすいので安易に水漏れを決めつけないようにしましょう。

・部品の経年劣化
トイレタンクの接続部分の部品など、年数が経つにつれて劣化することで水漏れの原因になります。経年劣化と言っても壊れやすい部品の場合は、わずか数年でダメになることがあるのです。そのため、ボルトやパッキンなどは数年単位で交換しましょう。

・設置不良
ごく稀にあるものが、便器の設置不良による水漏れです。設置不良部分から水漏れした場合は、すぐにでも業者依頼をして対処してもらいましょう。設置不良による水漏れは汚水が溢れでてしまう原因になり、自分だけではなくマンションやアパートの場合は階下の人にも迷惑をかけることになります。

トイレの水漏れを疑うべき前兆とは?

水漏れはいきなり訪れることもありますが、意外と前兆となる症状があるのです。こちらでは、どのような前兆がある時に水漏れを注意すればいいのか見ていきましょう。

・水道料金が高くなる
ある日、突然水道料金が高いことに気づくこともあります。水漏れは一気に壊れることもあれば、ちょろちょろとじわじわ漏水していくパターンもあります。どちらかと言えば、じわじわ漏水の家庭が多いです。普段の水道料金をしっかりチェックしておくことも予兆に気づくことができます。

・水音がしないか注意する
先述したようにじわじわ漏水から、一気に水漏れにつながる家庭が多いです。そのため、夜中などに水音がしないかをチェックしてみましょう。わずかでも水音がしたら、どこかから水漏れしている可能性があります。

・漏水以外に気づく方法はない?
なるべく漏水以外で気づくことができればいいのですが、水漏れの場合はつまりとは異なって明確な「予兆」となるものがありません。ある意味では、じわじわ漏水が最たる予兆と言ってもいいでしょう。

水漏れ修理で頼りになる水道業者とは?

水漏れ対応は自分で出来るものもあれば、出来ないものもあります。自分では対応できないかもしれないと思ったら無理に対応せずに、業者依頼を検討しましょう。こちらでは、水漏れ修理で頼りになる業者について見ていきましょう。

・クラシアン
リズミカルなCMで知名度が高い水道業者です。水トラブルの対応業者と言えば、多くの人がクラシアンを想像するのではないでしょうか。全国展開しているので、トラブル地域からもっとも近い業者が来てくれます。比較的リーズナブルであること、素早い対応に定評がある業者です。

・水道救急センター
迅速な対応と業界最安値を目指している業者です。安かろう悪かろうではなく、クオリティの高い技術を低価格で提供してくれます。出張費も無料なので他の業者よりもはるかに安くなるケースが多いです。

・水道屋本舗
水回りのホームドクターのように、常にお客様のサポートをしてくれます。技術向上の研修にも力を入れていることで有名です。充実のアフターフォロー制度が整っているので、安心して依頼できます。

水漏れが起こりやすい場所とは?

こちらでは、水漏れが起こりやすい場所について見ていきましょう。どの部分も等しく壊れやすいわけではないので普段からある程度壊れやすい場所を絞っていれば、素早く気づくことができるのではないでしょうか。

・スパウト周辺
レバーの下にある銀色の金具部分を指します。スパウト周りから水漏れが起こった亜愛は、バルブカートリッジかパッキンの老朽化が原因と思われるのでホームセンターで材料を用意すれば自分で対応可能です。

・止水栓の接続部分
意外と気づきにくい部分であり、止水栓の接続部分から水漏れが起こるケースもあります。パッキンの老朽化が原因のようです。他にも、ナットのゆるみによって水漏れが起こる場合もあります。ナットのゆるみだけであれば、きつく締め直すだけでトラブル解決になります。

・吐水口
レバーを下げているのに、吐水口から水漏れが起こることもあります。バルブカートリッジの故障である可能性が高いようです。自分で対応できる場合もあれば、業者に任せた方がいい場合もあります。
水漏れ修理に関して他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

水漏れは冷静さを欠きがちですが、落ち着いて対処すれば問題ありません。
慣れていない人は無理に自分で対処するよりも業者依頼をした方が出費を抑えることもできます。
下手にいじってしまうことで、トラブルが悪化する可能性があるからです。