茨城県は人口10万人あたりの
空き巣被害が全国最多
茨城県での住宅を狙った「空き巣」の被害件数は、人口10万人あたり53.2件。全国ワースト1になっています。

平成28年1月から9月末までの発生件数です。世帯数では約725世帯に1世帯が空き巣被害にあっています。市町村別では、水戸市がもっとも多くなっています。

空き巣被害の概要

発生件数:1,552件(1日平均で約5.7件) 10万人当たりの発生件数:53.2件 世帯数での発生件数:約725世帯に1世帯

※世帯数は1,125,916世帯(平成28年3月)

侵入の手口

留守中の侵入:999件
就寝中を狙った忍び込み:505件
居空き:48件

※居空きは、住人の在宅中に部屋に侵入する手口です。忍び込みや居空きは、居直り強盗に発展することもあり、十分な注意が必要です。

住宅侵入窃盗が多い市町村

※平成28年8月末現在(出典:茨城県警の公表データー)

1位 水戸市:157件
2位 土浦市:74件
3位 ひたちなか市:71件
4位 日立市:70件
5位 石岡市:65件
6位 古河市:62件
7位 筑西市:59件
8位 神栖市:51件
9位 取手市:47件
10位 笠間市:45件


(防犯・防災事件・事故・災害
アーカイブより)

防犯対策
どうすれば?

防犯カメラは侵入者の犯行を記録して後で犯人逮捕に貢献するものになると思いますが、侵入されて財産や大切なものを奪われてしまったら取り戻す事ができないケースがほとんどです。侵入者と鉢合わせをしてしまったら何をされるかわかりません!
まずは侵入を防ぐ防犯対策を考えましょう!


侵入を防ぐいろいろな
防犯対策

・面格子をつける
・補助錠をつける
・防犯ガラスにする
・防犯フィルムを貼る
・窓ロックをつける

短時間の外出時でも、かならず施錠する
 (タワーマンション高層階も同様)

・新聞受け・植木鉢にカギを隠さない

・ワンドアツーロックを徹底する
・賃貸住宅では、入居時にカギを交換してもらう

※茨城県警が2014~18年の過去5年間の住宅侵入窃盗被害を分析したところ侵入手段は無施錠が47%ガラス破りが42%などで無施錠の被害は暑さから窓を開けっ放しにしておくことが多い6~8月にピークを迎えることが判明。
侵入するのに5分以上かかると約7割は諦めるという調査結果を踏まえ窓や出入り口の施錠の徹底に加え、窓ガラスに補助錠や防犯フィルムを貼ることを呼びかけている。

防犯窓フィルムという対策

窓を割って侵入するケースが多いのであれば窓に防犯対策をする方法があります。

窓ガラスについては、窓の中心部に付いている「クレセント錠」だけで施錠する場合が多く、しかも多くの人は、「ガラスは割れやすい」と認識しながらも、窓ガラスに十分な対策が施されていないのが現状です。

実際侵入までに5分以上かかると7割の侵入者があきらめるというデータがあります。

防犯ガラスというのもありますが、既存の窓を交換するというのはちょっと大がかかりになります。

既存の窓を防犯対策の窓にリフォームできたらどうでしょうか?

防犯フィルム

防犯フィルムを貼っても外から衝撃が加わるとガラスは割れてしまいます。
ただし、分厚い防犯フィルムを破ることが非常に困難で外から鍵をあけるのに容易ではなく時間がかかります!
空き巣のガラス破りに時間を
かけさせ諦めさせる。
とにかく侵入を防ぐという防犯対策!!

その他
台風や災害などでガラスが割れた際にガラス片が飛び散るのを防ぐ飛散防止効果や紫外線や日焼けを抑制するUVカット効果があります。
昨今災害が今まででは予想もつかなかった被害が多々
あります。竜巻レベルの災害で瓦などが窓を破って飛び込んできたという被害情報もあります。防犯フィルムはその様な被害も軽減させてくれる効果も期待できます。

フローイズムは茨城県石岡市の
建築用窓ガラスフィルム施工
業者です。国家資格を持った
代表が責任施工を致します。

茨城県が空き巣被害
ワーストということで
地元の建築用窓ガラス
フィルム施工業者と
して防犯に力をいれて

地域に貢献したい。




会社概要
社名 FLOWIZM
  フローイズム
住所 〒315-0037
  茨城県石岡市東石岡2-4-16
代表 松﨑 寛幸
mail:flowizm_8@yahoo.co.jp
HP:flowmadofilm.com


お気軽にご相談ください!

お問合せフォーム

お問合せ・ご相談などありましたらお気軽に
ご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信