【2020年版】フロアコーティング業者おすすめ6社を徹底比較!
安い・口コミ良いのはここ

自宅のフロアコーティング、自分でやるのは面倒なので専門の業者に頼みたい、でもどの業者を選んで良いか迷ってはいませんか?

業者に依頼する前に、ぜひ知っておきたいことや注意すべき点もいくつかあります。

そこで、この記事ではフロアコーティングでおすすめの業者を比較しながら、良い業者の選び方・メリット・注意点について徹底解説します。

フロアコーティング業者の選び方

そもそもフロアコーティングとは、室内の床の本来の美しさ・質感・清潔感を維持するために施すコーティングのことを指します。

自分の判断でフロアコーティングをしていると、床材に思わぬダメージを与えてしまう可能性もあります。

そこで、フロアコーティング業者を上手に選ぶポイントについて、下記の通り5つ紹介しましょう。
コーティングの種類はなにか
フロアコーティング業者を選ぶ上で、どんなコーティングの種類があるのか、どんな対応ができるのか、あらかじめ把握する必要があります。

一般的にフロアコーティングの種類は、下記の5つあります。その中から、家庭の環境やニーズに見合う方法を選択すると良いでしょう。

○アクリル系(ワックス)

アクリル系(ワックス)のコーティングは、美しい光沢が出ます。
耐用期間は、数ヶ月~3年が目安です。

他のコーティング方法と比較すると、費用が安い反面、耐用期間が短いのがアクリル系の欠点です。

床の保護性能は弱いので、定期的にメンテナンスが必要となります。

○ウレタンコーティング

ウレタンコーティングの場合、他のコーティング方法と比較すると、床のツヤはやや控えめな仕上がりになります。

コーティングの処理を施してから床を完全に乾燥させるまでには、2~3日必要です。

仕上げまでに時間はかかりますが、耐用期間は8年~10年と長いので、コストパフォーマンスが良いのが大きなメリットです。

コーティングには水性の塗料が使われるため、環境に優しいです。

○シリコンコーティング

シリコンコーティングの名の通り、コーティングの原料にはシリコン樹脂が含まれています。

シリコン樹脂が多く含まれるほどコーティングとしての機能性は高く、美しいツヤが出ます。

○ガラスコーティング

ガラスコーティングの耐用期間は10年が目安、耐久性が高いのが長所です。

光沢の有無について選択することができる上に、ガラスコーティングを施した後は床に傷がつきにくくなります。

室内でペットを飼う家庭や子どものいる家庭に最適です。

○UVコーティング

他のフロアコーティング方法と比較すると、もっとも品質が高いのがUVコーティングです。

保護機能・耐久性が高く、コーティングを施した後に塗り直しを行うことも可能です。
費用はどれぐらいか
フロアコーティング業者を選ぶ上で、もっとも気になるのが費用です。

コーティングの費用がどの程度かかるのか、契約前に見積書を出してもらうと安心です。

室内の広さ・コーティング方法・コーティング剤の種類などによって、費用がどの程度かかるのか、変わってきます。
保証期間やアフターサポート
良い業者を選ぶためには、保証期間やアフターサポートが充実しているかどうか要チェックです。

保証制度の有無・保証期間の長さ・アフターサービスの内容について事前に確認する必要があります。

保証期間は、コーティング方法により格差が生じる場合があります。

業者によっては、施工後に床に傷がついたり、カビが生えたなどのトラブルが生じた場合に、無償でフローリングをしてもらえるところもあります。

保証期間が長くてアフターサービスに丁寧に応じてくれる業者を選びましょう。
ショールームがあるか、実物に触れるか
フロアフローリングの方法にはいろいろあるけれど、業者から写真を見せてもらうだけでは、イメージが湧かないものです。

実際にどのようなコーティングが行われているのか、ショールームに出向いて実物を見せてもらった方がイメージしやすいですね。

ショールームがあり、実物に触れることができることが、業者選びでは重要になります。
施工エリア内かの確認
気になる業者がいれば、自宅が施工エリア内かどうか、確認する必要があります。

フローリング専門の業者は全国対応の業者も多数ありますが、中には地域密着型で対応エリアが狭い場合もあります。

家庭の事情で頻繁に引っ越しをする場合は、全国対応の業者を選んでおくと、長くお付き合いできます。
ショールームがあるか、実物に触れるか
フロアフローリングの方法にはいろいろあるけれど、業者から写真を見せてもらうだけでは、イメージが湧かないものです。

実際にどのようなコーティングが行われているのか、ショールームに出向いて実物を見せてもらった方がイメージしやすいですね。

ショールームがあり、実物に触れることができることが、業者選びでは重要になります。

【2020年版】フロアコーティング業者おすすめ6社はここ!

フロアコーティング専門の優良な業者を6社厳選しました。

各業者の得意とするコーティングの種類・費用の目安・保証期間などの情報は下記の通りです。

グッドライフ

グッドライフでは、フロアコーティングランキングで3冠を達成しました。

フロアコーティング顧客満足度・仕上がり満足度・友人に紹介したい部門ですべて堂々の第一位となりました。

グッドライフの基本コンセプトは「息をのむほどの床の輝き」、気になる方はショールームに直接足を運んでみてはいかがでしょうか。

仕上がりの質の高さ・アフターサービス・信頼性の高さ、どの要素をから見ても満足度が高い業者です。

コーティングの種類:UVコーティング・ガラスコーティング・シリコンコーティング
費用の目安:「グッドライフコート(光)」の場合の費用の目安は30㎡につき119,700円※UVコーティング
「グッドライフコート(松)」の費用の目安は30㎡につき94500円※シリコンコーティング
保証期間:20年~35年
施工日数:1日~
施工エリア:関東・関西・中部
ショールーム:あり
横浜・八王子・大阪・福岡

ジェブ

ジェブは、フロアコーティングから防かび・防臭コーティングなど室内を糧的に清潔にすることを目指している業者です。

ジェブはガラスコーティング専門の業者であり、これまで多数の実績を誇ります。

耐久性試験ではブラシ洗浄回数2万回行った後も、異常はみられず、床の美しさが色あせることはありません。ガラスコーティング「EPCOAT」の耐久性は、UVコーティングの10倍以上です。

コーティングの種類:ガラスコーティング「EPCOAT」
費用の目安:214500円 (30㎡未満)
保証期間:10年間・30年間
※必要に応じていずれかを任意で選択できる
施工後5年間は毎年家庭訪問で床の状態をチェックするアフターケアあり
施工日数:1日
施工エリア:全国
ショールーム:あり
横浜・埼玉・千葉・大阪・名古屋・福岡

マイスターコーティング

床のキレイを長持ちさせるなら、マイスターコーティングがおすすめです。

中古の住宅を新築のようなピカピカで美しい床にしたい、床のしつこい汚れをリセットしたい、そんなニーズに応えてくれるのがマイスターコーティングです。

マイスターコーティングの大きなメリットは、施工後の水拭きOK・耐薬品性の高さ、ツヤ仕上げや控えめな光沢など、ラインナップが豊富です。

コーティングの種類:ガラスコーティング・UVコーティング・シリコンコーティグ
費用の目安:フロアシールドS(水性)1㎡あたり4500円~
フロアシールドUV(油性)1㎡あたり5600円~
保証期間:5年保証付き
※おもに施工の不備・密着不良によるコーディングの剥がれが発生した場合に保証される
施工日数:1日
施工エリア:全国

エフプロコート

エフプロコートは、おもにUVコーティング中心の施工業者です。

施工の安全性の高さにおいては、国際規格のISO9001を取得済みです。

フロアコーティング施工後は、床のお掃除はわずか5分で完了、子どもやペットが床を走り回ってもピカピカの美しさを保ちます。

UVコーティングを通して住まいの快適・清潔を目指すとともに、公共施設の施工にも力を入れている業者です。

コーティングの種類:UVフロアコーティング
費用の目安: 30㎡につき195000円
保証期間:20年
施工日数:1日
施工エリア:全国
ショールーム:あり
本社・神奈川県横浜市

カラー

カラーは、京都府・横浜市に店舗を持つフロアコーティングの専門業者です。

店舗の規模は他の業者よりも小さいですが、職人の技術力の高さならピカチイチです。

フロアコーティング総合満足度・アフターサービスが高いフアコーティング業者・建築のプロがおすすめするフロアコーティングの3つの部門において、トップの座を獲得しました。

カラーの基本コンセプトは「快適な住まい空間は床の美しさから」です。

フロアコーティングは3種類、どの方法を選択して良いか戸惑う時にも、スタッフが丁寧にアドバイスしてくれます。とくに、紫外線対策としてカラーのUVコーティングには定評があります。

コーティングの種類:UVコーティング・シリコンコーティング・ガラスコーティング
費用の目安:1坪あたり6000円 (20㎡まで)
保証期間:30年間
※30年の間に無償保証は2回まで
施工日数:1日
施工エリア:全国
ショールーム:横浜・京都

くらしのマーケット

くらしのマーケットのウェブサイトでは、全国各地のフロアコーティング専門の業者について、料金・サービス内容・口コミ情報などを閲覧することができます。

どんな業者がいるのかわからない、どの業者を選んだら良いか困った時には、くらしのマーケットのフロアコーニングのページを閲覧してみて下さい。

くらしのマーケットには、優良なフロアコーティングの業者が多数参加しているので、その中からお気に入りの業者が必ず見つかることでしょう。

お気に入りの業者が見つかったら、くらしのマーケットのウェブサイトから24時間いつでもオンライン予約ができます。

フロアコーティングするメリット

○床の美しい状態が長持ちする

フロアコーティングの最大のメリットは、床の美しい状態が長持ちすることです。

フロアコーティングの施工前・施工後では、床の色・ツヤが全然違います。施工前よりも床の色がワントーン明るくなり、室内全体が明るい雰囲気になります。

○経年劣化を抑制する効果

フロアコーティングは、単に床の見た目を美しくするだけではありません。

床のコーティングを行うことによって、傷などによるダメージを防ぐとともに経年劣化を抑制する効果も期待できます。

○ワックスよりも耐久性が高く面倒な手間が省ける

床のお手入れの方法は、コーティング以外にはワックスをかける方法があります。しかし、ワックスをかけても長持ちしにくいため、短期間で頻繁にお手入れをする必要が出てきます。

その点、フロアコーティングなら数年間は床の美しい状態が維持できる上に、耐久性が高いです。ワックスと比較して面倒な手間がかかることがありません。

○ペット・高齢者・子どものいる家庭に最適

ペットや子どもがいる家庭では、室内の床に傷がつきやすくなります。その点、フロアコーティングを施しておけば、床に傷がつきにくくなり、キレイな状態が長持ちします。

フロアコーティングで使用するコーティング剤は、人体・室内環境に害を及ぼすことがないように、厳しい品質基準をクリアした安全性の高い物のみが使われています。

○フロアコーティング後は飲み物をこぼしても水拭きでOK

うっかり手をすべらしてしまい、飲み物を落としてしまう、日常的によくある事です。

フロアコーティングが施された後は、液体をこぼした後もサッと水拭きで簡単に落とせるので、シミや汚れが目立つこともありません。

フロアコーティングを依頼する前に気になること

専門の業者にフロアコーティングを今すぐにでも注文したい、でもその前に気になる点はありませんか?

依頼前に気になることや疑問点があれば、ここで解消しましょう。
フロアコーティングを頼むタイミングはいつ?
フロアコーティングはコーティングの種類により施工日数が変わるため、余裕をもって入居前に済ませたいもの。

新築時や中古物件のハウスクリーニング後、リフォーム後など部屋に家具や家電などモノが一切ないときがフロアコーティングのベストなタイミングです。
床に傷があるとフロアコーティングできない?
フロアコーティングは、どのような床のタイプでもほとんどの業者で対応可能です。

ただし、あまりにも床に傷が目立つ場合は、フロアコーティング前に補修を施す必要が出てきます。

補修が必要かどうか判断がつかない場合は、フロアコーティングの業者に前もって相談しておくと良いでしょう。
施工前にバルサンしていいの?
フロアコーティングの施工前に、バルサンを使用してもとくに何の問題もありません。

バルサンは、家庭用の空間処理殺虫剤、とくに人体・室内環境に対して油以外とされる成分は含まれていません。

また、コーティング剤とバルサンの成分が化学反応を起こすといった懸念事項もとくにないと考えられます。
施工前にバルサンしていいの?
フロアコーティングの施工前に、バルサンを使用してもとくに何の問題もありません。

バルサンは、家庭用の空間処理殺虫剤、とくに人体・室内環境に対して油以外とされる成分は含まれていません。

また、コーティング剤とバルサンの成分が化学反応を起こすといった懸念事項もとくにないと考えられます。
ワックスとの違いは?
フロアコーティングとワックスの共通点は、床を保護すること・ツヤを出すことです。

ただし、ワックスは床のお手入れの方法のひとつであり、ワックスをかけることで床をコーティングする効果までは期待できません。

フロアコーティングは、床の内装工事の手段であり、コーティング加工を施すことで床を塗装する効果も見込まれます。

単純に価格で比較すると、フロアコーティングよりはワックスの方が安価です。

しかし、ワックスの効果が著駅的に持続することはありません。

フロアコーティングの種類にもよりますが、もっとも効果が長期間持続するUVコーティングだと20年程度は長持ちします。

床お手入れを楽にしたい、室内を明るく見せたいなら、フロアコーティングの方が適しています。
DIYはできるの?
フロアコーティングは、やる気と時間があれば、自分で行うこともできます。

床に髪・ホコリ・紙くずなどが落ちていると、フロアコーティングの仕上がりが雑になってしまいます。

フロアコーティングを自分で行う場合は、事前準備が必要です。用意する物は、掃除機・雑巾・中性洗剤です。

掃除をした後は、フロアコーティングに必要な道具を揃える必要があります。

フロアコーティング専用のモップ・コーティング剤・養生テープを揃えます。

DIYでフロアコーティングを行う場合、コーティング剤の特徴・選び方について基礎知識が必要です。

フロアコーティングについて専門的な知識が薄い人は、価格が1万円~2万円程度のDIY向けのコーティング剤を選んでおくと無難です。

フロアコーティングに専門的な知識・技能・経験がある人は、業務用のコーティング剤を使うと良いでしょう。

まとめ

この記事では、フロアコーティング専門の業者の選び方・優良な業者6選・メリット・気になる疑問点についてお伝えしてきました。

室内環境を良くするための手段のひとつとして、フロアコーティングは外せません。

フロアコーティングを施すことによって、床が清潔になり、床がキレイになるだけで室内全体が明るくみちがえてきます。

これまでフロアコーティングを業者に依頼したことがない人は、ぜひ1度でも注文してはいかがでしょうか。床にツヤが出て室内全体が明るくなります。

一口にフロアコーティングとは言っても多彩な方法があります。

どの方法を選ぶべきか悩むことがあれば、フロアコーティングの効果・耐久性・安全性・コストなどを考慮した上でニーズに見合う方法を選択してはいかがでしょうか。