FLL2021-2022シーズン開幕
「FLL SEASON KICKOFF」開催

世界に羽ばたく挑戦の機会を子どもたちに。
スマホでどこでも誰でも参加可能

8月29日(日)13:00~ オンライン開催

FLLの新シーズンの開幕を記念してシーズンの内容をお披露目するイベント「FLL SEASON KICKOFF 」をオンラインで開催します。新シーズンの大会テーマやロボット競技の紹介、昨シーズン世界大会に参加したチームによる活動紹介、FLLに関するQ&Aをみんなで共有するコーナーなど、FLLに参加するチームはもちろん、FLLに少しでも興味のある子供たち、保護者、教育関係者の皆さんにもご参加頂ける幅広い方々を対象にしたオープンなイベントです。
FIRST JAPANの情報は下記SNSにて発信するのでフォローミー!

世界最大のSTEM教育コミュニティ
「FIRST」

FIRST (For Inspiration and Recognition of Science and Technology)は若者たちの科学とテクノロジーへの興味を促し、未来のリーダーやサイエンティストを育成するために1989年に設立されました。現在全世界189カ国で毎年100万人以上の子ども達、メンターが参加する世界最大のSTEM教育コミュニティです。ファーストはただのロボットコンテストでありません。ファーストに参加することは、STEMに関連する分野で教育とキャリアにおいて若者たちを奮起させるきっかけとなります。リーダーとなり、革新を起こす者となり、21世紀のワークライフスキルを磨くための刺激を与えることが出来ます。

FIRST® LEGO League
世界110ヶ国 40万人が参加する
世界最大級のSTEM教育プログラム

FLL は6歳~16歳の青少年を対象とした世界最大規模の国際的なSTEMコンテストです。1998年に米国のNPO法人「FIRST」とレゴ社によってに設立され、日本では2004年から開催されています。現在、世界110カ国、約40万人以上が出場しており、毎年世界大会が世界数ヶ所で行われ各国の代表チームが参加しています。毎年大会から出されるテーマに対する研究活動を行い、大会では専門家の前で問題解決策を提案します。子どもたちが科学技術に親しみながらチームで取り組むFLLの活動は、プログラミング教育、アクティブ・ラーニングの実践であり、21世紀型スキルを身につけるのに適した教育プログラムとして世界中の教育機関でで導入されています。

YouTube LIVE で開催

お申込み頂いた方に当日までにYoutubeにてLIVE配信される講演の限定公開URLをお送りします。ネット環境とスマホなどがあればどなたでも見学ができます。参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

FIRST JAPAN 全プログラム紹介

FLL DISCOVER 4~6才対象
FIRST LEGO League Discoverは、子どもたちをSTEMの世界へ導く最初のプログラムです。4歳から6歳までの子供たちがこの学習の旅に参加します。毎年エキサイティングなチャレンジテーマがあり、4人のグループでそのテーマを探求します。
専用のレゴのインスパイアセットでモデルをデザインしたり、アイデアをスケッチしたりします。
プログラムの最後には、成果を称えるセレブレーション・イベントが行われます。幼稚園・保育園・プリスクールでのカリキュラムとしての導入に最適です。
FLL EXPLORE 6~10才対象
FLL Exploreは子どもたちに楽しくSTEM教育を学んでもらうためのものです。毎年、新しくて興味深いテーマが選ばれます。チームは2~6人です。動くレゴモデルとポスターを使って、調べたことや新しく発見したことを発表します。チームメンバーは FIRSTのコアバリューを学び、お互いを尊敬し、話し合いながらチームワークを育てていきます。チーム一丸となり楽しみ、お互いのアイデアを紹介しあいましょう。 FLL Exploreに勝敗はありません! 全てのチームへ活動に対する賞が贈られます。
FLL CHALLENGE 9~16歳対象
現在、世界110カ国、約67,000チームが出場しており、毎年世界大会が世界数ヶ所で行われ各国の代表チームが参加しています。2008年にはアジア初の世界大会が東京で開催されました。競技は自律型ロボットで2分30秒の間にミッションの攻略を目指す『ロボットゲーム』と「イノベーションプロジェクト」「ロボットデザイン」「コアバリュー」の3分野の『プレゼンテーション』で構成されます。「イノベーションプロジェクト」では毎年大会から出されるテーマに対する研究活動を行い、大会では専門家の前で問題解決策を提案します。子どもたちが科学技術に親しみながらチームで取り組むFLL CHALLENGEの活動は、プログラミング教育、アクティブ・ラーニングの実践であり、21世紀型スキルを身につけるのに適した教育プログラムとして世界中の教育機関でで導入されています。
FRC 15~18歳才対象
FRC(FIRST® Robotics Competition)とは15歳から18歳の青少年を対象とした世界規模の国際ロボット競技会です。1992年にFIRSTによって設立されて以来、今では世界33か国9万4千人以上の生徒が参加しており、毎年世界大会がアメリカ国内の2都市にて開催されます。日本からも2014年より参加チームが出ており、2018年には世界大会入賞を果たしたチームも出ました。毎年10名以上で構成されるチームが新しいチャレンジに挑むためにチームワークスキルを磨き、6週間で他チームと戦えるロボットを設計し、組み立て、プログラムし、チームのブランドを確立し、必要な資金を調達します。参加者はプロのエンジニアが使うものと同じ道具:National Instruments社のLabVIEW®を使用し、プロフェッショナルメンターがその時間と才能でチームの成功を助けます。FIRST® Robotics Competitionは学生ができる最も実践的なエンジニアリングであり、全ての参加者に対してプロフェッショナルとなるチョイスを与えるスポーツと考えられています。また、FRCに参加することによって数百もの大学からのプログラム参加者に特化した奨学金を受け取ることが出来ます。

キックオフスケジュール

12:50-13:00

開場:
本番開演前の接続確認時間になります。お申込み頂いた方はYoutubeLIVEのURLにアクセスしてください。運営が待機しておりますので問題なく表示されるか、参加できるかご確認ください。

13:00-13:10 開演・イベント説明・登壇者紹介:10分
イベント全体の流れの説明を行います。
13:10-13:40 新シーズンのお披露目:20分
1.シーズンテーマの紹介
2.ロボットミッションゲームの紹介
13:45-14:20

昨シーズン出場チームによる活動紹介:30分
昨シーズン世界大会に出場した3チームに、どのような活動をしてきたかを紹介して頂きます。
FLL Explore:「BB4 Cartwheel」
FLL Challnege:「BIG BEAR」「FIRST FUJISAN」

14:20-14:50 FLL何でもQ&A:30分
皆さんからのFLLに関するご質問にお答えします!
聞きたい質問を事前に申込みフォームからお送りください。頂いた質問をピックアップして事務機局、レフリー、先輩チームが回答いたします。
※時間の関係上、すべてのご質問にはお答えできませんので予めご了承ください。
14:50-15:00 事務局からの告知・終演:
オンライン特別講演会、その他新情報をご案内いたします。
13:10-13:40 新シーズンのお披露目:20分
1.シーズンテーマの紹介
2.ロボットミッションゲームの紹介

登壇チーム紹介

BB4 Cartwheel
東京都
町田市立鶴間小学校の児童で構成された仲良し4人組のチームです。2019年にスターウォーズ・チーム枠で初出場。2020年の全国大会でファイナリスト1位に選出され、オンラインの世界大会に出場し海外チームとの交流を経験しました!
BIG BEAR
東京都
2019年度の学校チャレンジチームとして初出場、早稲田中学校 物理研究部のメンバーで構成されるチームです。初年度に世界大会の出場権を獲得しましたが大会はコロナで中止...。2年目も見事入賞しギリシャ世界大会の出場を果たしました!
FIRST FUJISAN
山梨県
これまでチーム内で代替わりをしながらも、チーム名「FIRST FUJISAN」を引き継いできたチームです。これまで世界大会に15回出場!2020年の全国大会では「FIRST FUJISAN Jump」が総合優勝、「FIRST FUJISAN Up!」が5位に入賞する大活躍でした。
FIRST FUJISAN
山梨県
これまでチーム内で代替わりをしながらも、チーム名「FIRST FUJISAN」を引き継いできたチームです。これまで世界大会に15回出場!2020年の全国大会では「FIRST FUJISAN Jump」が総合優勝、「FIRST FUJISAN Up!」が5位に入賞する大活躍でした。

YouTube LIVE で開催

お申込み頂いた方に当日までにYoutubeにてLIVE配信される講演の限定公開URLをお送りします。ネット環境とスマホなどがあればどなたでも見学ができます。参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

よくある質問

  • Q
    最初から最後まですべてに参加しないといけませんか?
    A
    いつ参加してもいつ退出しても構いません。オンラインだからこそ気軽に可能なときに参加・退出することが可能になっています。
  • Q
    参加にお金はかかりますか?
    A
    参加費は必要ありません。無料です。
  • Q
    登壇者の方と絶対にお話できますか?
    A
    確実にお話できるとは限りません。オンラインといえど時間は限られていますので、参加人数や時間によっては対応できない場合があることはご了承ください。
  • Q
    当日開場後も参加申し込みできますか?
    A
    開場後の対応はできません。
  • Q
    当日どのように参加したらいいでしょうか?
    A
    お申し込みいただきますと、当日までにYoutubeLIVEのURLがおくられてきます。当日そちらにアクセスしてください。
  • Q
    参加にお金はかかりますか?
    A
    参加費は必要ありません。無料です。

お問い合わせ

info@firstjapan.jp

取材などのお問い合わせはメールアドレスにご連絡お願いいたします。

企画・運営

NPO法人 青少年科学技術振興会(FIRST JAPAN)
当法人はアメリカNPO法人FIRSTと提携し、FIRST JapanとしてFLL DISCOVER、FLL EXPLORE、FLL CHALLENGE、FIRST Global Challengeの日本独占開催権を取得しています。FLLは2003年に初めて日本に上陸して以来、株式会社ロボット科学教育Crefusの支援により運営されています。
近藤 敬洋
FIRST JAPAN 事務局長
大学卒業後、大手学習塾チェーンに入社。個別指導部門で自律学習プログラムの開発を担当。在職中に北欧型の探求学習・STEM教育を知り、株式会社ロボット科学教育に入社。2012年からFLLの運営責任者を担当。2017年にNPO法人FIRST Japanに移籍し事務局長としてFLL Japanの国内外の窓口を担当する。
並行して一般社団法人ロボット技術検定機構の事務局長としてロボット検定・企業研修に従事する。ロボット教育を通じて人材育成・国際友好に貢献することが自身のテーマ。

鈴木 健太郎
FIRST JAPAN 統括ディレクター

チームラボに新卒一期で入社したのち独立。日本最大級の教育イベント ロマンティック数学ナイト、MATHPOWERや、不登校生向けの修学旅行プラットフォーム「新世界への修学旅行」の立ち上げを行う。世界最大のSTEM教育コミュニティFIRSTの日本統括ディレクターも務め、日本最大のオンライン授業展「これからのみんなの授業展」事務局長として全体の企画統括を行う。公立の小中学校の設計にも携わるなど、教育クリエイターとして多方面で活動中
https://twitter.com/momiagematsuge

中嶋 花音
FIRST JAPAN 事務局
2016年よりFIRST Robotics Competitionに参加。Regional Chairman's Awardを3回受賞、FRCの新人賞3つを全て受賞し、FIRST Dean's List Finalistに選出されたほか、FIRST Championshipに3年連続で出場。
2017年にSAKURA Tempestaを設立し今はメンターとして活動。
米国にあるMacalester Collegeにて神経科学、心理学を専攻する傍らハイパワーロケットの開発などを行う。
大西祐輝
FIRST JAPAN 事務局
2014年に岩崎光里らと共に国内でのFIRST Robotics Competitionへの挑戦を開始し、2015年に日本チームとして初出場。The Highest Rookie Seed AwardとThe Rookie Inspiration Awardを受賞。以降、様々なロボット競技会に参加しながら、国内でのFRC普及・チーム設立支援を行っている。2019年9月に東京工業大学を早期卒業し、現在同大学大学院にてロボット制御の研究に従事。

鈴木 健太郎
FIRST JAPAN 統括ディレクター

チームラボに新卒一期で入社したのち独立。日本最大級の教育イベント ロマンティック数学ナイト、MATHPOWERや、不登校生向けの修学旅行プラットフォーム「新世界への修学旅行」の立ち上げを行う。世界最大のSTEM教育コミュニティFIRSTの日本統括ディレクターも務め、日本最大のオンライン授業展「これからのみんなの授業展」事務局長として全体の企画統括を行う。公立の小中学校の設計にも携わるなど、教育クリエイターとして多方面で活動中
https://twitter.com/momiagematsuge

FIRST JAPANの情報は下記SNSにて発信するのでフォローミー!