地盤沈下防止推進協議会
あなたの土地は地盤沈下
しているかも?!
地盤沈下防止推進協議会
にご相談ください
地盤沈下かも?と思われたら今すぐご相談ください。
そもそも地盤沈下はなぜ起こるのか?
街中での地盤沈下は自然現象ではありません。
人災です。

宅地造成や周辺工事による地盤沈下が数多くあります。

すぐに対応しないとあなたの土地の被害は
何の補償もありません。
このままだと泣き寝入りです。
地盤沈下かも?と思われたら今すぐご相談ください。

あなたの家が傾いた
考えられる原因

地下水のくみ上げが原因で
地盤沈下が起こります
井戸などで地下水をくみ上げると土の中の水分が無くなり、主に粘土層が収縮することで地盤が沈んでしまいます。

特に地盤沈下が起こりやすいのは、工業用などで大量に地下水をくみ上げる場合です。

地下水のくみ上げによる地盤沈下は、井戸の抜け上がり(井戸が地面から浮き上がっているような状態)があるかどうかで確認できます。
建てられた家の荷重が偏ること
によって地盤沈下が起こります
水分や空気を含んだ土(盛り土など)の上に重い建物が乗って圧迫されることで、地面の空気や水分が抜けて地盤沈下が起こります。

盛り土の締固め(転圧)が十分でないことが原因です。

また雨などで盛り土部分の土が圧縮し、地面が下がることで家が傾くこともあります。
地震による液状化によって
地盤沈下が起こります
地震による液状化で地盤沈下が発生することがあります。

地震により、土や砂など重さのあるものは下に沈み、軽い水や空気が浮かんで構築物が分離して液状化が起こります。
地面から空気や水分が押し出されて地盤沈下が発生します。
大きな地震の際は、液状化だけでなく地面内の空洞が崩れて、地盤沈下を引き起こすこともあります。
工事で使用する土留部材の引き抜きに
よって地盤沈下が起こります
工事で土中で穴をあけて作業をする際に、土を押さえておく土留部材(鋼矢板)を打ち込みます。
工事が終わり、鋼矢板を引き抜く際に適切な処置が行われず、そのまま引き抜くことも多いです。
鋼矢板と一緒に土砂が引き上げられることによって、土中に空間ができたり、地盤が緩み、近くの土砂が流されていきます。
徐々に周辺の土地の地盤沈下が起こります。

時間が経つほどあなたが損をします。
すぐにご連絡ください。
建てられた家の荷重が偏ること
によって地盤沈下が起こります
水分や空気を含んだ土(盛り土など)の上に重い建物が乗って圧迫されることで、地面の空気や水分が抜けて地盤沈下が起こります。

盛り土の締固め(転圧)が十分でないことが原因です。

また雨などで盛り土部分の土が圧縮し、地面が下がることで家が傾くこともあります。

対応方法

地下水のくみ上げによる地盤沈下

ご自身でのご対応となります。
アドバイスが必要な方は無料相談フォームからご連絡ください。
家の荷重による地盤沈下

ご自身でのご対応となります。
アドバイスが必要な方は無料相談フォームからご連絡ください。
液状化による地盤沈下

ご自身でのご対応となります。
アドバイスが必要な方は無料相談フォームからご連絡ください。
工事による地盤沈下

施工業者への働きかけによって、地盤沈下を未然に防げる可能性があります。
何の工事か特定して無料相談フォームからご連絡ください。
工事による地盤沈下

施工業者への働きかけによって、地盤沈下を未然に防げる可能性があります。
何の工事か特定して無料相談フォームからご連絡ください。
地盤沈下かも?と思われたら今すぐご相談ください。

周辺工事によって地盤沈下が
起こることを知っていますか?

あなたの家の周辺で工事が行われる場合、地盤沈下が起こる可能性があることを知っていますか?
地盤沈下を防ぐ方法は、周辺の工事の情報を知っておくことです。
工事で地盤沈下が起きない工法を使用すれば、あなたの家は守られます。
まず工事の種類を調べて、無料相談フォームにてご連絡ください。

周辺工事の種類

水道工事

下水道工事


ガス工事


電気工事


民間建築土木工事


ガス工事


地盤沈下かも?と思われたら今すぐご相談ください。

地盤沈下が起こる工法
地盤沈下を防ぐ工法

工事で土中に穴をあけて作業をする際に、土を押さえておく土留部材(鋼矢板)を打ち込みます。
工事が終わり、鋼矢板を引き抜く時に適切な処置が行われず、そのまま引き抜くことも多いです。
鋼矢板と一緒に土砂が引き上げられることによって、土中に空間ができたり、地盤が緩み、近くの土砂が流されていきます。
そして徐々に周辺の土地の地盤沈下が起こることがわかっています。

現在行われている代表的な工法では地盤沈下は防げません。

ですが、工事業者も知らない地盤沈下が起きない工法が実はあったのです。
CB(後追い)注入工法 

CB(セメントベントナイトミルク)注入工法は後追い工法とも呼ばれます。土留部材を全て引き抜いた後にCBを圧力をかけて注入します。圧力をかけて押し込むので、引き抜きによってできた隙間の周辺の土粒子の中にまで入り込み、CBの量が多く使用されてコストが上がります。引き抜いた場所ではなく、周辺の土からCBが漏れ出すこともあり、地盤の緩みにもつながります。
また引き抜き直後から土は崩れるので、全て抜いてからCBを注入する間にも地盤沈下は発生しています。
水締め工法 

土留部材引抜後、砂や土砂を水を注ぎながら埋め戻すことで締め固めます。土留部材(鋼矢板)は地下数メートルから十数メートルの深さから引き抜いているので、手の届く範囲は、1メートルくらいしかありませんので表面だけが埋まったように見えるだけです。引き抜いた後で埋めても限界があります。この工法は、引き抜いて地盤沈下した後対処として何度も繰り返し行われている工法です。地盤が沈下したら水締めして、しばらくして沈下したら水締めを繰り返しているのが現状です。
砂投入 

土留部材引抜後、砂で埋め戻す方法です。
引き抜いて地下の空間は地上からいくら砂で埋めても埋まりませんので、徐々に地盤が下がってきます。時間の経過とともに地盤沈下は発生します。
工事の時に地表の見た目が良いように砂を入れて平らにしているのが現状のようです。
残置 

土留部材を引き抜かず、土中に残置します。
残置することで土留部材が買取となり、コストが高くなり、再利用可能な部材を埋めておくので環境への負荷が高くなります。
また、残置した周辺で再工事を行う際に、障害物となる可能性もあります。
今までは一般的にこの方法が取られていました。
引き抜くだけ 

最も問題のある工法です。土留部材を引き抜いたら空間ができるので、周辺の土砂が流れ込み、確実に地盤沈下を起こします。まさに人災です。
土留部材引抜同時充填工法 

土留部材(鋼矢板)の引き抜きと同時に生じる地中の隙間や緩みを恒久充填材で埋めるため、周辺地盤の沈下を抑制し、影響範囲を大幅に狭くします。
鋼矢板を土中に残置することが一般的でしたが、土留部材を回収、再利用でき、コスト削減、環境負荷の低減が可能です。
また再工事の際に残置した鋼矢板が障害になる事がありましたが、その心配がありません。
河川や堤防など土留部材の回収が必須の条件でもこの工法は有効です。
砂投入 

土留部材引抜後、砂で埋め戻す方法です。
引き抜いて地下の空間は地上からいくら砂で埋めても埋まりませんので、徐々に地盤が下がってきます。時間の経過とともに地盤沈下は発生します。
工事の時に地表の見た目が良いように砂を入れて平らにしているのが現状のようです。
地盤沈下かも?と思われたら今すぐご相談ください。

地盤沈下防止推進協議会
とは?

地盤沈下防止推進協議会は、工事により地盤沈下が起こることを世間一般にお伝えし、施工業者へ地盤沈下防止策の必要性を提言しております。
地盤沈下状況の調査に伺います
地盤沈下状況の調査に伺います
地盤沈下防止推進協議会の主な活動
主な活動は以下の2点です。
1)工事現場周辺の地盤沈下調査
2)施工業者への地盤沈下防止策の提言
地盤沈下防止推進協議会データ
名称 地盤沈下防止推進協議会
設立 2015年4月2日
所在地 〒100-0014  東京都千代田区永田町2丁目17番5号 ローレル永田町4階 
公益財団法人 新国際産業学術センター内
連絡先 無料相談フォーム
代表者 小日向 理通子
代表者 小日向 理通子
地盤沈下防止推進協議会の主な活動
主な活動は以下の2点です。
1)工事現場周辺の地盤沈下調査
2)施工業者への地盤沈下防止策の提言

よくあるご質問

最近家の敷地にヒビがあり、ドアがひっかかって開きづらいのですが、何が原因ですか?
地盤沈下が起こっている可能性があります。最近お近くで工事が行われているでしょうか?
もし工事が行われているようでしたら、すぐに対応されることが大切です。無料相談フォームよりご相談ください。
地盤沈下で現れる現象はどのようなものですか?
以下の点をご確認ください。
✔ 家の敷地にひび割れがある
✔ ドアが開かない
✔ 家が傾いている
✔ 門扉が開かない
✔ 外壁基礎にひび割れ
✔ ブロック塀の目地がずれている
✔ 塀が膨らんだり、折れている
✔ 排水溝が詰まっている
家の敷地内にひびを発見しました。放っておくとどうなりますか?
工事の影響による地盤沈下は時間経過と共に徐々に大きくなります。
地盤が緩んでいるため、大雨などでより沈下が進む可能性があります。
沈下が進めば、家が傾いたり、ドアが開かなくなるなど生活に支障がでてきます。
工事による地盤沈下かもしれないと思いましたが、どこに連絡すればよいのですか?
工事の際、何の工事であるか看板が出ています。
工事の種類を調べて、無料相談フォームよりご連絡ください。
工事による地盤沈下だった場合、修理や保証はしてもらえるのですか?
工事中の地盤沈下の場合、工事が原因による地盤沈下なのか調査に伺います。
原因が工事であると明確になれば損害賠償請求をできる可能性があります。
過去の工事に関する地盤沈下にも対応してもらえるものですか?
状況を確認するため現地調査に伺います。
無料相談フォームよりご連絡ください。
工事は行われていませんが、家が徐々に傾いています。どうすればいいですか?
宅地造成時の転圧不足(締固め不足)や排水処理の不備など様々な原因が考えられます。
現地調査に伺いますので、無料相談フォームよりご相談ください。
この地域は地盤が弱いと言われており、将来地盤沈下が心配です。何か手立てはありますか?
現在地盤沈下が起きていなくても、将来地盤沈下が起こる可能性は十分にあります。
あなたの家を守る方法をお伝えします。無料相談フォームよりご連絡ください。
地盤沈下防止推進協議会とはどんな団体なのですか?
地盤沈下防止推進協議会は、工事により地盤沈下が起こることを世間一般にお伝えし、施工業者へ地盤沈下防止策の必要性を提言しております。
地盤沈下防止推進協議会に相談をする時は費用はかかるのですか?
相談費用は無料です。何か料金のかかることは一切ありませんので、ご安心ください。
家の敷地内にひびを発見しました。放っておくとどうなりますか?
工事の影響による地盤沈下は時間経過と共に徐々に大きくなります。
地盤が緩んでいるため、大雨などでより沈下が進む可能性があります。
沈下が進めば、家が傾いたり、ドアが開かなくなるなど生活に支障がでてきます。
地盤沈下かも?と思われたら今すぐご相談ください。
最後に

 宅地の地盤沈下は、宅地造成時の土壌の転圧不足や排水溝などの整備不足、宅地の周辺工事の
土留部材引抜時の地下の空隙ができることによって起こります。

 宅地の地盤沈下の原因を認知していただき、住民の皆様に声を上げていただくことによって、地盤沈下を防ぐことができます。

 地盤沈下は自然災害ではなく、人災なのです。

 しかし、今まできちんとした対応はなされず、住民に説明もされず、行政も工事業者も見てみぬふりをしてきました。

 施工業者は近隣の住居の土地が傾いているのを知っていて、問題がある事を発注元に提言しているようですが、良い対処法が無かったり、コストがかかるため、対応無しでと言われてしまい何もできないという現状。
施工業者でもおかしく思っているが、どうしようもないと話を伺いました。

 技術は進化しており、環境に易しく安全性が高い様々な工法もでてきているので、発注者・施工業者にしっかりと防止策を考えて対応してもらいたいです。
宅地造成時の土壌の転圧不足や排水溝などの整備不足も仕方がないことではありません。

 皆様の声が行政や工事業者を動かすためにとても重要です。
皆様が安全に暮らせるように、これからも私たちは活動していきます。


2018年4月1日 
地盤沈下防止推進協議会 
小日向理通子