フィット・
カウンセリング

3つのスキルを使って
「寄り添う姿勢」と
「深堀り」ができるようになる
双方向カウンセリング法
  • コーチング
  • 接遇・接客マナー
  • ホスピタリティ

ビューティーアドバイザーさんのお悩みから生まれました

「お客様に寄り添ったカウンセリング」「深堀り」が実践できない

接客指導のシーンにおいて

よく耳にする「コーチング」という言葉。

研修や勉強会などでも、

「お客様に寄り添って」

「深堀りして真意を」などとテーマを掲げ、

企業全体で取り組まれるようになりました。

しかし…




「是非取り入れてみたいけれど

従来のカウンセリングではなくなる?

どう展開させたら良いの?」

とお困りの方が

実はとても多いようです。


・研修の通り実践したつもりだが、販売につながらない

・お客様の話を傾聴していたらアドバイスしづらくなった、

ストレスを感じるようになった

・スタッフの理解度、実践度に差がある

・コーチング的な質問方法に違和感を覚える

・スタッフにうまくアドバイスができない

というオーナー様・アドバイザーさんのお悩みを、

この半年で数多くお聞きしました。

たくさんのお声には「ある共通の課題」が!


そしてたくさんのクライアント様のお声が集まると、
ある共通した「クリアできていない課題」があることがわかりました。

クリアするべき「3つの課題」

  • 勉強会で聞いた内容とサロンの流れ、実情のギャップが大きい(理想と現実)

  • コーチング接客やSNS発信などの新しい業務を「実践する」ことにだけ注力しすぎている(ホスピタリティの低下)

  • 適時に適切な言葉を使えていない(語彙力・常識力)
  • コーチング接客やSNS発信などの新しい業務を「実践する」ことにだけ注力しすぎている(ホスピタリティの低下)

課題クリアのキーワードは「双方向」

理解しても、実践してみても、変わらない。


その状況は、環境や知識のせいではなく

長年行ってきた「お客様だけを見る」

「お店だけを見る」という姿勢が

起因しているのだとしたら…?

お客様に注視しがちな「カウンセリング」
 
ですが、

このフィットカウンセリングは

まずご自身を分析することから始まります。

どんな言葉をよく使う?

どんな目線でお客様を見ている?

そして、どんな環境を作り出している?


自分のクセを知ってから、

まずは「あなたにフィットした接客方法」を

身に付けます。

オリジナルメソッド
「フィットカウンセリング」

まず自分を知り、補い、満たすこと。


無意識のうちに付いている「接客のクセ」を知ることで、

これまで対応が難しかったタイプのお客様や

商品などに対して、苦手意識を抱いた理由が

明確に浮き出てきます。

そして弱かった部分を補い、足りない部分を満たすことで

「本当の自信」を持って対峙できるようになります。

これまであなたの「接客の引き出し」に

入っていなかったものを見つけ、足すという作業が

これからのあなたの「人と関わるスキル」そのものまでも

向上させてくれます。



そして、いよいよお客様のタイプを見極めます。


ご自身へ行ったタイプ診断と全く同じメソッドを使用し、

お客様の心を掴む、最もフィットしたおもてなしを

見つけ出していきます。

通常の接客の中での会話や所作、やり取りの中で

自然に判断・分析ができますので、

メソッドを意識してスタッフとお喋りをするだけでも

分析スキルはどんどん向上していきます。

とことんフィットさせるための
「プラスプログラム」

一般的なカウンセリング研修では行わなかった

「常識力」や「ホスピタリティ」「語彙力」

も補強できる追加プログラムを完備。

一気に向上、克服できる道を準備いたしました。

開発者・金井香澄

いつもインスタグラムをご覧いただき、
またオンライン講座や動画のご購入、
接遇コンサルティングのご利用など
たくさんのお付き合いを頂いておりますこと
心よりお礼を申し上げます。

いよいよ新プログラム
「フィットカウンセリング」
を皆様へご紹介できる運びとなりました。

多岐にわたる学びを効率よく掛け合わせ、
チーム管理や人間関係にも
お役立て頂ける内容となっております。

なにより私自身が、このメソッドに助けられ、
有難いことに今もなおたくさんの素敵なご縁に恵まれた日々を送っております。

一人でも多くのアドバイザーさんに、
このフィットカウンセリングが届くことを
願って止みません。

公開は2021年、新春の予定でございます。
新しい年を、新しい学びで始めてみませんか?