セミナー情報

セミナー予定は以下の通りです。
フィット臨床校カリキュラム
『 フィジカルアセスメントセミナー 』
【日 時】5月27日(日)
    福井開催

     6月10日(日)
    石川開催

【時 間】10:00〜16:00

【定 員】各会場20名のみ(先着順)

【講 師】フィット臨床校専任講師

『膝関節ベーシクセミナー』
【日時】  6月24日(日)
     福井開催
             
     7月15日(日)
     石川開催


【時間】     両日    10:00〜16:00 

【定員】各会場20名のみ(先着順)

【講師】フィット臨床校専任講師

講師紹介

FIT臨床校代表
松井 洸  
(まつい ひかる)

 急性期・地域包括ケアを有する総合病院に勤務。主に運動器、脳血管障害の患者を対象にしている。学生時代に学んできたことでは中々成果を出せないことに悩んでいた。また、数十年も経験年数をもつベテランセラピストが、どの患者様にも同じような内容の理学療法を提供していることに疑問を感じていた。

 そこで、もっと外の世界を見ようと県外の様々なセミナーに参加して人脈を広げる。外の世界を知れば知るほど、浅い理学療法しか提供できていなかったことに気づく。周囲にいる同じような悩みをもつセラピストに自信を持って理学療法・作業療法を提供して欲しいと思い、北陸で熱い想いを持つ仲間とともに自身も講習会を運営する立場にまわり、現在は講師として活動しつつ、常に高い目標を設定し自身のスキルアップを図っている。
 理学療法士、作業療法士向けに解剖・生理・運動学的な知識や各種治療手技についてブログにまとめ発信するサイト「リハ塾」の塾長を務める。

リハ塾:http://riha-axis.com/
(月20万人ほどの療法士からアクセスがある人気サイト)

主な実績

  • 肩書:FIT臨床校代表責任者
    リハビリ職種向けブログ「リハ塾」塾長
  • 資格:理学療法士
  • 得意分野:運動器全般
         筋・筋膜テクニック
  • 講師:
    脳卒中患者の診方と身体アプローチ
    石川県ナイトスクール
  • 得意分野:運動器全般
         筋・筋膜テクニック
フィット臨床校 副代表
吉田 哲也
(よしだ てつや)

 『手技ばかりに頼らない。基本原理に基づいた自ら導き考える力を養い 臨床の真の楽しさを体感しよう!』

 石川県の急性期病院で5年間勤務し、呼吸器疾患やがん患者を中心にICUなどの超急性期から終末期までのリハビリテーションに従事。理学療法士として、より社会に価値を提供するために、現在は訪問リハビリテーションに従事しながら、予防をキーワードとした活動を始めている。

 臨床に出て感じたことは、運動・解剖・生理学という基本原理をいかに臨床に落とし込めるかということ。自身も養成校時代は、この基本原理の重要性に気付けず疎かにしてしまい、臨床3年目までは手技にとらわれ、変化のないルーチンワークをこなすだけの時を過ごした。 

 そんな中、県外の様々なセミナーに参加することで、【基本原理を基にした考える臨床】を肌で感じ、手技ではなく基本原理から考えることが臨床の本質であり、楽しさであり、ヒトを診るということだと学ぶ。

 【基本原理こそ最大の武器】を前提とした、運動・解剖・生理学を基にした考える臨床を伝えながら、若手や将来 に悩むリハビリテーション従事者たちの未来を創造するサポートをしていく。

 

主な実績

  • 肩書:フィット臨床校副代表、専任講師
  • 資格:理学療法士
       3学会合同呼吸療法認定士
       BLSヘルスケアプロバイダー
       日本離床研究会離床アドバイザー
       ピラティスインストラクター
       健康経営アドバイザー

  • 得意分野:内部障害分野
         フィジカルアセスメント
         運動療法・運動指導

  • 講師:
    病院在宅で必要なフィジカルアセスメント
    呼吸・嚥下機能の診方と身体アプローチ
    石川県ナイトスクール

  • 得意分野:内部障害分野
         フィジカルアセスメント
         運動療法・運動指導

山崎 仁史
(やまざき ひとし)
 福井県内の総合病院に7年間勤務し、急性期~在宅においてあらゆる疾患の患者を担当。

 また頭痛専門医と連携し「頭痛リハ外来」を設立するなど慢性疼痛疾患患者に対しても理学療法を提供していた。

 現在はフィールドを地域に移し、地域リハビリテーションの中核を担う会社にて個別だけでなく、集団での指導や新事業の展開など精力的に活動をしている。

 病院勤務時代には自身の理学療法士としての現在地を見つめ、県外の講習会へ毎週参加していた。そこで臨床に対して熱い思いを持った理学療法士に惹かれ、一念発起、地元北陸地域でセミナー団体を立ち上げ自身のスキルアップはもとより、これからの時代を生き抜く若手リハビリテーション従事者の育成こそが急務と確信し、若手セラピスト向けに年間40回以上の講習会の企画・運営を行い、また自ら講師としても活動している。

主な実績

  • 肩書:専任講師
  • 資格:理学療法士
       呼吸療法認定士
       ヨガインストラクター
  • 得意分野:運動療法、呼吸分野、慢性疼痛、集団指導、コーチング
  • 講師:
    股関節機能の診方と身体アプローチ
  • 得意分野:運動療法、呼吸分野、慢性疼痛、集団指導、コーチング
大旗 章人
(おおはた あきと)

 福井県内の病院に勤務。理学療法のみならず、ピラティスを掛け合わした姿勢から本来の能力を引き出す身体へのアプローチを専門としている。

 臨床経験の浅い時期には、「答え」がとにかく欲しく、やりたいことがたくさんあるのに出来ない多忙な毎日を過ごしていた。中でも臨床で苦しんだのは、「できて当然」に見られてきた5年目以降。今までのようにやっていても上手くいかない現状が続き、「どうにかしたい!けど、どうしていいかわからない」と日々悩んでいた。

 そんな状況から抜け出し未来が開けたのは、ピラティス等の“理想的な姿勢と身体の動き”を臨床へ導入したことが大きな転機となった。

 私たちの仕事は、「生涯相手に価値を提供すること」であり、日常の様々な問題や欲求に対して、より建設的かつ効果的に対処するための運動や動作に関してのアドバイスをすること。それが、私が提供できる臨床の全て。

 実践的なワークを豊富に盛り込んで、【今の自分よりも確実に前に進める臨床】を創るサポートを考えている。

主な実績

  • 肩書:専任講師
  • 資格:理学療法士
     PHIピラティスマットインストラクター、呼吸療法認定士
  • 得意分野:姿勢からの運動アプローチ
  • 講師:
    腰部機能の診方と身体アプローチ
    頸部機能の診方と身体アプローチ
    効果的な運動療法の構築と運動指導の実践
    福井県ナイトスクール
  • 得意分野:姿勢からの運動アプローチ
梅田 拓弥
(うめだ たくや)

 現在回復期病院に勤務しており、脳血管障害、運動器疾患を中心に臨床を展開している。自身は一度国家試験に落ちた経験があり、国家試験に落ちたことで1年間介護職として勤務していた。他職種から見たリハビリテーション従事者の視点を学んだことで、一つの事に執着するのではなく、あらゆる方向からみていくことの重要性に気づき、自身の臨床へもその時の教訓を生かした多角的な視点での臨床展開を大切にしている。

 また、臨床の中で日々単調な治療のルーティン化に気づき、多くの講習会に参加し、視点が広がり日々の臨床もより楽しくなった経験を伝えたいと講師として精力的に活動している。

主な実績

  • 肩書:専任講師(事務局長)
  • 資格:作業療法士
  • 得意分野:触診、筋膜アプローチ
         アレルギー分野
  • 得意分野:触診、筋膜アプローチ
         アレルギー分野
奥田 高康
(おくだ たかみち)

 現在、「仕事が楽しい」と思える理学療法士。しかし、養成校時代は成績下位者。また病院をわずか1年半で退職。それまでに多くの講習に参加するが、難しくて理解できずに終わることも数多く経験する。そんな時、「考え方を身につける」講習会に参加し、今まで理解できなかった内容も理解できるようになる。さらには臨床でも結果が伴うようになり、「仕事が楽しい」と思えるようになる。

 今では自分の思考力を広く深くしながら、自分の中の「楽しい」を広げている。現在はその経験を活かしながら受講生の分からないに気づきフォローしていく講師として石川県内で活動している。誰もが仕事を楽しいと思える地域を目指す。

主な実績

  • 肩書:広宣局長
  • 資格:理学療法士
  • 得意分野:動作分析、脳神経分野
         環境アプローチ
  • 得意分野:動作分析、脳神経分野
         環境アプローチ