新人の理学療法士・作業療法士でも
先輩セラピストより臨床で成果が出せる
「リハビリテーション臨床校フィット」


新人の私が、
誰よりも臨床で成果を出せるようになりたい
と言ったら、病院スタッフの皆が笑った。

でも、私がリハビリテーション臨床校フィットで
臨床スキルを手に入れると・・・


無料でフィットの
臨床スキルを入手する
無料購読で、
臨床で成果を出して
自信を持つことがあなたにも可能です。

あなたは毎日、自信を持って

患者さんにリハビリができていますか?

あなたがもし以下の項目に当てはまるなら、
このメッセージの続きは、
あなたのリハビリの
圧倒的な力になることでしょう。

臨床でこんな悩みありませんか?

  • 理学療法士・作業療法士として生き残れるのか不安
  • 自分の臨床の内容に自信がない
  • どの勉強会に行ったらいいのか分からない
  • 先輩セラピストもアテにならない
  • もっと患者さんの喜ぶ笑顔が見たい
  • 一緒に勉強できる仲間が欲しい
  • お金をかけずに、最短で結果に繋がる勉強をしたい
  • どの勉強会に行ったらいいのか分からない

あなたの臨床が
上手くいかない3つの原因

原因1:教科書通りしかできない


あなたは教科書や文献に頼って
リハビリをしてはいませんか?

しかし、考えてみてください。
教科書や文献通りの患者さんは存在しません・・・

それなのに、記載されているリハビリのみをしても、
教科書や文献と違う
身体・精神状態の患者さんには効果は出ません。

患者さんの個性を無視して、
ただ教科書通りに
ROM・筋力トレーニング・ADL練習をしている

これが、あなたのリハビリが
上手くいかない原因の一つです。


原因2:テクニックだけに頼っている

勉強会で学んだテクニックを
そのまま患者さんに使っていませんか?

勉強会でテクニックを
学ぶことは、素晴らしい事です。

しかし、それだけでは
臨床で高い効果を
出せるとは限りません。

なぜでしょう?

それは、
患者さんに本当に合った
テクニックを使っていないからです。

テクニックを使う前に、
患者さんの身体の状態を
しっかりと把握する必要があります。

例えば、腰痛の原因が
股関節の機能不全からきているとします。

それなのに、原因をつかめず
腰部のモビライゼーションばかり
しているとどうでしょう?

いつまで経っても、
腰痛は改善しませんよね。

まずは、股関節の機能改善をするための
テクニックを使う必要があるのです。

そうすることで、
はじめて患者さんの腰痛は解消されます。

このように患者さんに
応じたテクニックを使って、
はじめて効果が出るのです。

では、どうしたら
患者さんに合ったテクニックを
見極めることができるのでしょう?

それには、
患者さんを最初に適切に把握できるための
「基礎力」が必要なのです

基礎がないのに、
応用のテクニックばかり使っても
効果は出ません。



原因3:教えてくれる人がいない

優れたセラピストは、
過去に優れた指導者から習っています。

それは、スポーツの世界を見ても分かるように
トップに君臨する人は、
一流の指導者から直接指導を受けています。

一方で、
身も心も許せる
本当に優れた指導者に出会える
ことは極めて稀です。

だから、
何となく指導を受けて
何となくリハビリをしている・・・

本質を教えてくれる人がいないというのも、
あなたがリハビリに
自信を持てない原因です。

私の自己紹介をします

私はかつて、福井県内の総合病院で理学療法士をしていました。

「就職先が良くてうらやましい」
と周囲から言われていましたが、

実は、私は自分の臨床に
全く自信が待てず、
いつも後ろめたい気持ちで仕事をしていました


「こんなんじゃダメだ・・・」

毎日そう思いながら
色んな勉強会に参加して、試行錯誤を繰り返しました。

しかし、どれもピンとこない、、、

心のどこかで患者さんに
申し訳なく思いながら、リハビリをしていたのです。

患者さんは一人一人が異なるため、
勉強会で学んだことが
その患者さんに当てはまるとは限りません。

本当に苦しい日々を過ごしました・・・。

そんな時、東京の勉強会で
ある若手理学療法士の方に出会いました

彼は、20代の若さで会社を2社経営しながら
臨床でみるみる患者さんの身体を変えていく

凄腕の理学療法士でした。

話をしてみると、

「どうも普通のセラピストとは違う…!」

私はそう感じ、彼と食事をして
臨床における考え方の本質について
真剣に聞き出しました。

そして、効果の出るリハビリについて
根本的な考え方を含めて、徹底的に学んだのです。

ちょうど、その出会いから
私は自分の臨床に自信が持てるようになってきました。

患者さんが最も必要としているアプローチを
瞬時に見抜いて、効果を出せるようになってきたのです

周りからもまるで別人だと
驚かれるようになりました。

私は、こうなるまでに
何度も東京など大都市に行き
300万円以上の勉強会への費用と、
9年という長い月日がかかりました。

全国各地で勉強してきただけに
自信が持てるようになるまでには
多くの時間と費用がかかりました

でも、
「本当にこんなに労力がかからないと、
 自信を持って臨床ができないのだろうか?」

私は疑問を持つようになりました。

そして、思ったのです。

新人・若手療法士で、
かつての私のように苦しんでいる人は多いはずだ

その人たちに、自分が全国で学び
さらに臨床経験を重ねた
臨床のためになる
大事な考え方やスキルを伝えていこう。

それが、これからの患者さんや
療法士の役に立つに違いない。

その想いで、
私は「リハビリテーション臨床校フィット」
を立ち上げることにしました。

そこで、
自信を持って臨床ができる!
他にはない情報をあなたにお届けします。


リハビリテーション臨床校フィットだけの
「無料メルマガ」


あなたには、
かつての私のように罪悪感を持ちながら
臨床をしてほしくない!

その想いで、全国各地で勉強をした内容を
無料で提供することにしました。

もちろん、他の勉強会では得られない
フィットだけの臨床に役立つ特別な情報
が詰まっています。

フィットのメルマガに登録すると、
『究極の臨床スキル』
あなたは手に入れることができます。

メルマガで得られる凄いメリット

フィットのメルマガの特徴

  • 最新のリハビリ情報が常に手に入る
  • 最新の情報が分かるため、将来も安心できる
  • 選りすぐりの全国からの情報が手に入る
  • 臨床に自信が持てるようになる
  • ROMex・筋力トレーニング・ADL練習の基礎学が徹底的にわかる
  • テクニックだけじゃなく、根底に持つべき「考え方」がわかる
  • 先輩セラピストが教えてくれなくても、いつでも一人で学べる
  • どの勉強会に行くか悩まずに済むようになる
  • お金をかけずに勉強することができる
  • たった3分読むことで臨床力がアップする
  • 選りすぐりの全国からの情報が手に入る

さらに!メルマガ登録で
豪華な特典が受け取れます!!

check!

今だけの特典1:「間違いだらけの関節可動域エクササイズ」


無料PDF小冊子
「間違いだらけの関節可動域エクササイズ」
プレゼント!
受取条件:フィットのメルマガに登録された方
check!

今だけの特典2:「学校では習わない筋力トレーニングのホント」


無料PDF小冊子
「学校では習わない筋力トレーニングのホント」
プレゼント!
受取条件:フィットのメルマガに登録された方
check!

今だけの特典3:「根拠に基づくADL-BOOK」


無料PDF小冊子
「根拠に基づくADL-BOOK」
プレゼント!
受取条件:フィットのメルマガに登録された方

どんなメルマガが来るの?

フィットの無料メルマガでは、
臨床で最も大切な考え方を
お伝えしていきます

それは、テクニックだけでは
臨床で通用するとは限らないからです。

テクニックを活かすには、
その手前にある「考え方」が大切なのです。

例えば、以下は「考え方」についての
臨床で使えるメルマガの一例です。

---------------------------------------------

現代人はスマホやデスクワークにより
骨盤後傾位で円背姿勢になりやすくなっています。

高齢者も背骨は重力に負けて曲がり、
骨盤後傾位で円背姿勢になりやすいです。

ここで、
円背姿勢を思いっきり取ってみてください。

この時、上肢(肩関節)は屈曲・内旋するはずです。
確認してみてください。

今度は、 骨盤を前傾させて
思い切り胸を張ってみてください。

この時、上肢(肩関節)は伸展・外旋するはずです。
確認してみてください。

このように、円背姿勢は上肢にも連鎖して影響しているのです。

だから反対に、上肢は円背姿勢にも影響を及ぼしている事が分かります。

つまり、 もしあなたが臨床で
患者さんの円背姿勢を観察できたら、
上肢との関係性を頭に入れて

臨床を展開していく事ができるのです。

具体的には、今まで円背姿勢の患者さんに
骨盤の前後運動やバルーンエクササイズで
脊柱の伸展を出すことしか選択肢がなかったとします。

それでイマイチ効果が見られなかったのであれば、
上肢(肩関節)の伸展・外旋を促すために
肩関節屈筋・内旋筋のストレッチといった
上肢からのアプローチを試してみてください。

上肢からのアプローチを行って
結果的に脊柱の伸展を出していく事が出来れば、
今よりも早く円背の改善につながることでしょう。


---------------------------------------------

ポイントは、
「テクニックの前に考え方が大事」
ということです。

でも、その考え方が一人じゃ分からない!!

そんなあなたのために、
全てのリハビリの根底となる
最強の考え方が身に付く
「リハビリ臨床スキルアップ通信講座」
このメルマガで
出し惜しみすることなくお伝えします。 
代表紹介

松井 洸
(まつい ひかる)

急性期・地域包括ケアを有する総合病院に勤務。主に運動器、脳血管障害の患者を対象にしている。学生時代に学んできたことでは中々成果を出せないことに悩んでいた。また、数十年も経験年数をもつベテランセラピストが、どの患者様にも同じような内容の理学療法を提供していることに疑問を感じていた。

 そこで、もっと外の世界を見ようと県外の様々なセミナーに参加して人脈を広げる。外の世界を知れば知るほど、浅い理学療法しか提供できていなかったことに気づく。周囲にいる同じような悩みをもつセラピストに自信を持って理学療法・作業療法を提供して欲しいと思い、北陸で熱い想いを持つ仲間とともに自身も講習会を運営する立場にまわり、現在は講師として活動しつつ、常に高い目標を設定し自身のスキルアップを図っている。
 理学療法士、作業療法士向けに解剖・生理・運動学的な知識や各種治療手技についてブログにまとめ発信するサイト「リハ塾」の塾長を務める。

リハ塾:http://riha-axis.com/
(月20万人ほどの療法士からアクセスがある人気サイト)

主な実績

肩書:FIT臨床校代表責任者
リハビリ職種向けブログ「リハ塾」塾長
資格:理学療法士
得意分野:運動器全般
     筋・筋膜テクニック
講師:
脳卒中患者の診方と身体アプローチ
石川県ナイトスクール

主な実績

  • 肩書:FIT臨床校代表責任者
    リハビリ職種向けブログ「リハ塾」塾長
  • 資格:理学療法士
  • 得意分野:運動器全般
         筋・筋膜テクニック
  • 得意分野:運動器全般
         筋・筋膜テクニック

コンセプト

フィットの3つのコンセプトをご紹介します。フィットでは、世の中に求められるリハビリテーション従事者への成長をしっかりとサポートしていきます。

詳細

カリキュラム紹介

フィットのカリキュラムをご紹介します。評価の基礎から統合的なアセスメントまで、さらには身体アプローチのテクニックまで幅広く学びます。

詳細

メルマガ読者からの喜びの声

当団体の活動紹介

自信を持って仕事ができるようになりました!

私は、学生時代勉強が苦手で、PTとして働きだしてからもこのままじゃいけないと思い、様々な勉強会に積極的に足を運ぶようしていました。勉強会では知識的なことや技術的なことを教わりましたが、実際やってみるも案外効果が出づらいものでした。もちろん原因が違うということもありますが、そもそもやり方が違うのではないかと思うことの方が強かったです。

そんな中でフィットに出会いました。フィットで学んだ内容は、治療の効果がすぐに出やすく患者さんも変化を感じやすいため、「この人の治療は効果がある」と思われるようになり、信頼関係も築きやすくなりました。フィットで学ぶことができて感謝しています。ありがとうございました。
理学療法士(臨床3年目)
福井県 24歳 長谷尚樹 様

色んな勉強会に行きましたが…
「フィットで学んだスキル」は最高です!

1、2年目の時は知っている知識の中で患者様の症状を当てはめて治療をしている事が多く、途中で行き詰まる事が多くありました。 他団体の勉強会にも参加していましたが、特別な術後の症例へのアプローチや座学が多く、自分の中で臨床につながるような考えに行きつけませんでした

フィットでは細かい解剖学に加え、 それを評価・検証する方法、治療の実技(組織へのタッチやリリーステクニック)を丁寧に学べました。1つの事に捉われずいろんな方達の臨床の考え方を勉強することができ、とても参考になりました。疼痛が簡単に取れたり、身体に負担の少ない動作パターンへアプローチ出来たり、以前までは何をしたらいいかわからない様々な症状にも対応することができるようになりました。

県外まで交通費を含め高いお金を払ってセミナーに行くよりも、近くでこんなに内容の充実した情報を受け取れるのはかなりお金もお得で、続ける事で周りのセラピストと格段に差が付くと思います。自分の臨床に良い変化を与えて下さったフィットにすごく感謝しています。
理学療法士(臨床5年目)
福井県 25歳 男性 福谷優介 様

色んな勉強会に行きましたが…
「フィットで学んだスキル」は最高です!

1、2年目の時は知っている知識の中で患者様の症状を当てはめて治療をしている事が多く、途中で行き詰まる事が多くありました。 他団体の勉強会にも参加していましたが、特別な術後の症例へのアプローチや座学が多く、自分の中で臨床につながるような考えに行きつけませんでした

フィットでは細かい解剖学に加え、 それを評価・検証する方法、治療の実技(組織へのタッチやリリーステクニック)を丁寧に学べました。1つの事に捉われずいろんな方達の臨床の考え方を勉強することができ、とても参考になりました。疼痛が簡単に取れたり、身体に負担の少ない動作パターンへアプローチ出来たり、以前までは何をしたらいいかわからない様々な症状にも対応することができるようになりました。

県外まで交通費を含め高いお金を払ってセミナーに行くよりも、近くでこんなに内容の充実した情報を受け取れるのはかなりお金もお得で、続ける事で周りのセラピストと格段に差が付くと思います。自分の臨床に良い変化を与えて下さったフィットにすごく感謝しています。
理学療法士(臨床5年目)
福井県 25歳 男性 福谷優介 様

300万円分の情報が詰まった
「無料メルマガ」ですが、

あなたが受け取れるとは限りません・・・


これから、無料で臨床スキルをお伝えしますが、
残念ながら受け取れない方もいます。

読んで実践しない人          
患者さんに従来通りのリハビリが    
できれば満足な人         

給料さえもらえれば良い人       
テクニックだけ手に入れて満足する人
患者さんに還元しない人      

私がお伝えするのは
本質の臨床スキルです。

世の中で他にはない
本物の考え方が詰まっています

だから、
上記のような方には軽い気持ちで
受け取ってもらいたくないのです。

どんな良いものも
受け取り手がいい加減だと、
全てが無駄になってしまいます。

あなたは患者さんを良くできるようになって
もっと成長したいですか??

患者さんの役に立って成長したい!
臨床に自信を持ちたい!

その覚悟がある方のみ、
無料メルマガを登録してください。

無料メルマガ登録はこちら

無料メルマガに登録すると、
フィット臨床校だけの特別な臨床スキルが手に入ります。

下記フォームにメールアドレスを入力して
「送信」をクリックしてください。

*登録後はメルマガが届きますが、いつでも配信を解除できます。

*メールアドレス
*都道府県

よくある質問

Qメールマガジンが届かないのですが、なぜでしょうか?
A2日経ってもメールマガジンが届かない場合は、入力時のメールアドレスが間違っている場合があります。
再度、メールアドレスをよく確認した上で入力し、ご登録ください。
Q特典が受け取れません、なぜでしょうか?
A特典は全てPDFファイルで送らせて頂いております。万が一ファイルが開けない場合は、お手数ですが再度PCアドレスでご登録されますと確実に受け取ることができます。それでも受け取れない場合は、お問い合わせ下さい。
Qメールマガジンが届かないのですが、なぜでしょうか?
A2日経ってもメールマガジンが届かない場合は、入力時のメールアドレスが間違っている場合があります。
再度、メールアドレスをよく確認した上で入力し、ご登録ください。
刻印

お問い合わせ

ご用件のある方は、以下のメールアドレスにご連絡ください。

fit.hokuriku2604@gmail.com

団体概要

団体名 リハビリテーション臨床校フィット
代表者 松井  洸
住所 福井県福井市新保3-1401
住所 福井県福井市新保3-1401