2018.11.11 さかな屋の嫁直伝!
さかなのさばき方、包丁の研ぎ方講座

「和のお出汁でほっこり離乳食講座」を3講座受講して下さった方のみにご案内するシークレット講座!

旦那様、お子さん家族皆さんでのご参加大歓迎!

さかな屋の嫁 神田光先生が直接お届けする、超特別な機会!お見逃しなく!

お魚料理をプロから学ぶ1日

さかなのプロ、神田一家が届けるおさかなづくしの1日

お子様の離乳食づくりを機に以前よりも「食」に関心をもたれたのではないでしょうか?
離乳食講座シリーズを多く受講されたかあなたなら、きっとそうでしょう。
さかなは栄養満点!だから食べさせたい!
けれど、
ハードルが高い…
切り身ばかりで、料理のレパートリーがない…
さかななんてさばけない!(切り身以外無理!)
なんて方も多いのではないでしょうか?

でも、もし…
自分でおさかなをさばけたら???

お魚料理のレパートリーがグン!と増えます!
選べる魚が多くなり、
旬のお野菜を楽しむように、旬の魚を心待ちに、おいしいお魚料理を家族に届けることができます!

皆さんと同じ子を持つ親の気持ちがわかり、
かつ、さかなやの嫁だからこそお届けできるこの講座。

ランチ付きで、内容盛りだくさんの講座です。
是非、旦那様も一緒にご参加くださいね!

神田光先生の旦那様も講師としてお越しくださいますので、家族みんなでおさかなを学び楽しみましょう!

「食」の大切さを知り、お子さんと家族の健康への意識の高いあなたへ、ぜひ届けたい講座です。

ご受講で得られること

  • おさかな料理のレパートリーが増える
  • 包丁の研ぎ方をマスターし、料理が楽になる
  • 料理がおいしくなる(切り方で変わる!)
  • お魚の苦手意識が減る(なくなっちゃうかも)
  • 子どもが魚好きになる料理を作ることができる
  • おいしい新鮮なお魚の選び方がわかる(スーパーで困らない!迷わない!)
  • 旦那さんの料理への意識が高まる
  • 魚をさばけるカッコいいパパになってもらえる!
  • 受講後もおさかなのプロとつながり、お魚の相談が気軽にできるようになる(神田さん一家が講師です!)
  • 包丁研ぎ、お魚捌きを次世代に伝えることができる(お子さんへ!)
  • おさかな料理のレパートリーが増える

この講座でお伝えすることは、一生使えるスキル!
知ること身につけることで、あなたの食卓が変わっていきます。

料理を通して、家族のきずなもより深くなるかもしれません^^

講座の内容は、大きく分けて3つ。

STEP

1

包丁の研ぎ方

魚をさばく際に大事なのが、「切れる包丁」
あなたの包丁は、食べ物をつぶしていませんか?
包丁のキレで、食べ物の味も変わります。
もちろんお魚も。
今回の講座では、せっかく学ぶお魚さばきの技術をご自宅でも長く使っていただくためにまずは「包丁の研ぎ方」をお伝えします。
ご家庭で食べるおさかな料理がおいしくなるために、気軽に身近におさかな料理をしていただくために、
まずは、ご家庭の包丁を「切れる包丁」に変身させます!
包丁研ぎ…というと、「簡易のシャープナーでイイのでは?」と聞かれますが、
あまり…お勧めできません。
なぜなら、包丁をダメにしてしまうのです。
本来包丁は、使い捨てではありません。
砥石で包丁を研ぎ、末永くご自身包丁を使ってあげてください。

包丁研ぎのレクチャーでは、ご家庭の文化包丁と和包丁、用途に合わせた包丁の使い分けの意味など、
包丁にまつわる知識もお伝えします!

※ご希望の方には包丁・砥石のご注文を承ります。(持参OKです)
(最後のご案内をご覧ください)

STEP

お魚をさばく!

まずは、高級魚「鯛」をさばいて煮魚に!
切れる包丁に変身した包丁で、さっそく実践!
高級魚「鯛」をさばいちゃいます!
そしてさばいた鯛を煮魚にします。
そして、アラであら汁を作ります!

鯛だけではない!
次は、鯵を3枚おろしにしてフライに!
スーパーでも見かける鯵。
これを3枚おろしにします。
3枚おろしは、骨抜きもするので、
お子さんも食べやすい料理に変身!
フライ、かば焼き、ムニエル、酢しめ、塩焼…などなど
まさに料理の幅が広がります!

※お魚の種類は漁によって変更になる場合がございます。

STEP

ランチタイム♪

道具を磨き、魚をさばいて料理したものを、
みんなで食べる時間!

至福の時です☆

STEP

1

包丁の研ぎ方

魚をさばく際に大事なのが、「切れる包丁」
あなたの包丁は、食べ物をつぶしていませんか?
包丁のキレで、食べ物の味も変わります。
もちろんお魚も。
今回の講座では、せっかく学ぶお魚さばきの技術をご自宅でも長く使っていただくためにまずは「包丁の研ぎ方」をお伝えします。
ご家庭で食べるおさかな料理がおいしくなるために、気軽に身近におさかな料理をしていただくために、
まずは、ご家庭の包丁を「切れる包丁」に変身させます!
包丁研ぎ…というと、「簡易のシャープナーでイイのでは?」と聞かれますが、
あまり…お勧めできません。
なぜなら、包丁をダメにしてしまうのです。
本来包丁は、使い捨てではありません。
砥石で包丁を研ぎ、末永くご自身包丁を使ってあげてください。

包丁研ぎのレクチャーでは、ご家庭の文化包丁と和包丁、用途に合わせた包丁の使い分けの意味など、
包丁にまつわる知識もお伝えします!

※ご希望の方には包丁・砥石のご注文を承ります。(持参OKです)
(最後のご案内をご覧ください)

スケジュール

9:30~10:00 【包丁について】
・包丁の種類
・包丁の種類別用途
・包丁の種類別メリット・デメリット
魚をさばくのに適した包丁

10:00~11:00 【砥石を使った包丁の研ぎ方】
・砥石の種類
・砥石を使って包丁を研ぐ

11:00~11:45 【鯛をさばいて煮魚を作る】
デモンストレーション→実践
鯛をさばく
煮魚の作り方(さばいた鯛を煮魚にします)
あら汁の作り方(アラであら汁をつくります)

11:45~13:00 【鯵を3枚おろしてフライに】
デモンストレーション→実践
鯵を3枚におろす
骨を抜く
アジフライにする

13:00~14:00 ランチタイム(記念写真撮影)(アンケート)
さかな、干物販売

14:00~14:30 片づけ
参加者様みなさんで一緒にお願いします!

15:00 終了

・タイムスケジュールはずれる場合があります
(お子様用のごはん、あら汁はありますが、時間がずれる場合は各自ご準備下さい)
・魚種はその時期の漁によっては変更になる場合があります
・ママのみでのご参加の場合は、安全のためお子様をおんぶしていただくようお願いいたします。
(ベビーカーの持ち込みはできません)
・動けるお子様は、刃物や火を使う場所のため安全にはご注意いただき、他の受講者様へのご迷惑の内容ご配慮をお願いいたします。

講座詳細

日時:2018年11月11日(日)
9:30~14:30(4時間)ランチタイム含む

場所:南部地域交流センター(よりなん)調理室
岡崎市上地2丁目39-1

受講料:7000円(一組)
受講料に含まれるもの
煮魚用1匹、フライ1匹(当日さばく)
お持ち帰り用1匹
テキスト、ランチ(煮魚、あら汁、魚フライ、ご飯)
ごはん、アラ汁は多めに作りますのでご家族で召しあがっていただけます。

《定員》10組
応募者多数の場合は、抽選となります。

(持ち物)
エプロン、台拭き(捨ててもいいもの2,3枚)、食器拭き1枚、ご家庭の包丁(研ぎたいもの1本)、
筆記用具、保冷バック(持ち帰る魚用)、保冷剤、砥石(貸してほしい方は事前に教えてください)
いつものお出かけセット、お子様の食事が必要な方は持参(ランチは13時すぎます)
※持参いただく包丁は、セラミック包丁以外をお持ちください。

お申込み締切:10月21日(日)
別途購入品締切:10月21日(日)

キャンセルについて※必ずご確認ください
10月31日までのキャンセル:キャンセル料なし
11月1日以降:受講料全額

(別途購入品を注文された方は、日付に関係なくキャンセル不可。
品物を発送、送料・代引き料金はご負担いただきます)

包丁、砥石の購入について

包丁、砥石の購入をご希望の方は、以下をご覧の上、10月21日までに講座の申し込みと共にお申込みください。

お申込みフォームは、講座申し込みフォームへの入力後、送られてくるメールの中にございます。

講師からのメッセージ

神田 光(さかな屋の嫁)

さかなをさばく事も、砥石で包丁を研ぐ事も
料理人や専門の職人でなければ出来ないって思われていますがそんな事はありません。
練習をすれば誰でも出来るようになります。
「失敗しないコツ」をお伝えすることで「なるほど〜!」と理屈や原理を納得しながら実践出来るので楽しい!と感じてもらえると思います(^-^)
この講座を受け少しでもおさかなへの苦手意識が減り、ご家族みんながおさかなを食べてでHAPPYになってくれる事を願っています。

《プロフィール》

さかなやの嫁、離乳食インストラクター、調理師、2児の母