夫がある日、
解雇されたらどうする?

外資系商社マンの夫を持ち、広い専用庭付きのマンションでのんびり子育てをしていた、私45歳専業主婦。

ある日、夫が懲戒解雇されました。

さて、奥さんならどうする?

まさか自分にこんな事が起きるとは


私は何の取り柄もない専業主婦でした。

それほど贅沢な生活ではないものの、切り詰めた生活でもない、お金の心配をしなくても良い、私にとって十分満足で何不自由ない生活。

夫は成績を伸ばしていたし、年々増えて行く賞与にもそれが現れていました。



あの日、いつも通りの朝を迎えたと思っていたあの日、夫の口から「昨日付で解雇された」と打ち明けられたあの時…



私の立場が一変しました。



外資系商社マンの妻から、無職の夫を持つ妻に。

夫45歳、再就職活動が困難を極める事は誰の目にも明白でした。足元から幸せがガラガラと崩れ落ちるような感覚。


でも、不思議と夫を責める気にはならなかったのです。
もしもご主人が会社をクビになったり、リストラされたりしたら。

ご主人を責めますか?
泣きますか?
愛情が冷めてしまいますか?

不当解雇だと会社と戦いますか?


「前より条件の良い会社に再就職をさせよう」


悔しいからこそ、私はそう思いました。

その時、妻がすべきことは

まずは受け入れる
「私たちの生活はどうするの?!」…そんな風に責めるのは待って!今までの夫に感謝をして、まずは事実を受け入れてあげましょう。
家計を見直してゆとりを
この機会に預貯金や家計の見直しを必ずして!無駄な保険に入ってない?使わないものをタンスの肥やしにしてない?現金は少しでも多く手元に残して。
再就職をサポートしよう
ご主人の再就職活動、遠回りしてませんか?ハローワークや職探しサイトより、断然転職エージェントが有利。エージェントはあなたのご主人の味方です。
今しか出来ない事をしよう
今まで夫が忙しくて出来なかった事をぜひして下さい。旅行に出てもいいですね。1年後、きっと良い思い出になっていますよ。
今しか出来ない事をしよう
今まで夫が忙しくて出来なかった事をぜひして下さい。旅行に出てもいいですね。1年後、きっと良い思い出になっていますよ。
旦那が会社をクビになったら怒らず事実を受け入れて
まず事実を受け入れて
ご主人を責めたくなる気持ちはわかります。

特にうちの夫のように「稼いでいるんだからいいだろう」と大威張りしていたようなご主人をお持ちの奥さんは、その分我慢も多かったでしょう。

でもここでご主人を責めたら損ですよ。

もしもあなたがここでグッと堪えてご主人をサポート出来たなら、ご主人は一生あなたに頭が上がらないでしょう。

旦那が会社をクビになったら家計の見直しをして
ここで一旦、家計の見直し
食費を切り詰めたりするのは得策ではありません。日常的な事を切り詰めるより、大きなお金を切り詰めるべし。

例えば保険。内容が被るものに加入していませんか?

通信費。キャリアにこだわるあまり、通信費が何万と掛かっていませんか?

長年使っていないブランド品や貴金属。
この機会に手離して現金に変えておきましょう。

保険を圧縮し、格安スマホに変えるだけでも毎月数万円変わりますよ。
金銭的なゆとりは、良い就職活動の基盤となります。
旦那が会社をクビになったら再就職をアシストして
就職活動をアシストして!
夫は最初、転職エージェントを怪しんで使わず、ハローワークで仕事を探していました。『公の機関だから信用できる』と言って1ヶ月。

希望条件にそぐわない仕事に仕方なく応募しても、次々と返送される履歴書…

落胆する夫に再度、転職エージェントの利用を強くすすめ、その後1ヶ月で年収アップで再就職が決定しました。

もしも私が転職エージェントを強くすすめなかったら。
奥さんもご主人の就職活動をアシストして下さいね。
旦那が会社をクビになったら今しかできない事をしよう
今しかできない事をしよう
夫がお休みの日は混雑していて行けなかったあの場所。

休日料金では高くて手が出なかったあの宿。

夫婦でランチやショッピング。


今まで出来なかったことをこの機会にどんどんしましょう。

こんな時だからこそ、楽しい思い出を沢山作り、ご主人に「家族のためにもうひと踏ん張り」の意識を高めてもらいましょう。

私が経験した、夫の解雇から再就職までを
同じ悩みをお持ちの奥さんに贈ります

全て実体験

夫が解雇されました