一般社団法人 融資コンサルタント協会 認定

中小零細企業
のための
資金調達
コンサルタント

たいぞう事務所

資金調達のご相談
・お問い合わせ


tel  03-6915-3126

fax 03-6915-3136

10:00~18:00
(土・日・祝除く)

借りたい
ときに
借りられる会社になる

金融機関とのお付き合いでこんな困ったはありませんか?

□以前、融資を断れたことがある。不安です。
□どうして、必要なお金を満額出してくれませんでした。
□赤字決算なら、もう少し様子を見ましょうと言われた。
□金融機関の担当者が来ません。相手にされてないのでは。
□保証協会付融資からプロパー融資にしてほしいのですが
□担保がありません。担保なしの資金がほしいのですが。
□手元資金を多くしたいのですが、相談してよいやら。

資金繰りで
お困りのあなたでも
金融機関から必ず資金調達をするための
9つのポイント
が書かれた
小冊子
無料
でプレゼント
いたします。

Point1 金融機関選び

Point2 仲良くなるべきキーマン
Point3 企業概要のココを見ている
Point4 業務フローのココを見ている
Point5 「将来性」のココを見ている
Point6 財務諸表のココを見ている
Point7 資金繰り表のココを見ている
Point8 経営者資質のココを見ている
Point9 企業訪問ではココを見ている

無料の小冊子
を申し込む

スマートフォンからお申し込みができます。


QRコードを読み込み、
お申し込みください。
(必須情報)
氏名・住所・MailAddress

法人個人を問わず、
資金調達を
全力で支援。

お客様の事業の
成長に寄与します。


  • 金融機関がお金を貸したくなる会社にします。
  • 事業計画書作成の支援をして、未来の決算書をつくります。
  • 毎月の月次決算を通して、経営状況を確認し合います。
  • 金融機関が納得する月次事業報告書を作成します
  • 2~3ヶ月に一度は銀行に説明に行きましょう。同行します。
  • 「融資依頼書兼経営計画書」を作成します。
  • 最低でも2行以上の金融機関開拓が必要。お手伝いします。
  • 金融機関の考え方やその立場をご説明します。
  • 金融機関は大切なパートナーです。事業の協力者です。

金融機関が欲しいのは、あなたの自信溢れた説明です。
数値に基づいた計画や資金繰り、その計画と実際の差異の原因と対策。
これからの経営姿勢が、社長の人格が、見られています。

金融機関はあなたをしっかりと見てます
□自分の言葉で、決算数値を説明できるか
□資金繰りに関心を持っているか
□自分たちの事業をすっきり説明できるか
□資金需要について計画を持っているか
□手許現預金が月商の2ヶ月以下か。
□他金融機関との情報交換があるかどうか。
□キャンペーンなどの協力ができる先か。

CONCEPT

創業後、企業がよちよち歩きの時から、適切なアドバイスと経営者の気付きによって、創業の「想い」の実現と社会貢献を支援します。

資金融資を受けて、金融機関の「お客様」になり、外からの厳しい目に耐えられる会社にしましょう。そのための最初のステップのお手伝いをします。

事業報告書、月次決算・資金繰り、毎月の改善点の拾い出し、金融機関への説明。お金に強い、「みんなが応援したくなる会社づくり」を支援します。

そして、会社の最盛期を過ぎた時、社長様の育てた会社を事業承継したり、廃業する際にもお金はかかります。経営コンサルと資金調達のアドバイザーとして誠意のあるサービスを提供します。

創業経営者の方(日本政策金融公庫からの融資)

事業計画書の作成

はじめての事業のスタートですので、キッチリ考えたものを、自分で説明できるものをご用意ください。300万円以下なら、所定のフォーマットの中に記載しても良いですが、300万円以上の場合は、A4用紙で10枚程度の事業計画書を用意されるようお勧めしています。

自己資金

必要資金の30%を目途に自己資金をご用意ください。計画的に用意された等、資金調達の出処を明確にしてください。

業界での経験

日本政策金融公庫は、事業経験を重要視します。その事業に関する経営ができるといえる経歴書をご用意ください。

資金使途

資金の使途は、設備資金と運転資金です。金融機関は、返済可能であるか、その使途は明確か、生活費に回るような状況でないかを心配しています。
手許現金を厚くし、厳しい状況にも攻めの経営が可能となります。また、1年目、お金が無くなってから融資を申し込んでも、調達しにくくなっています。

事業計画書の作成

はじめての事業のスタートですので、キッチリ考えたものを、自分で説明できるものをご用意ください。300万円以下なら、所定のフォーマットの中に記載しても良いですが、300万円以上の場合は、A4用紙で10枚程度の事業計画書を用意されるようお勧めしています。

創業する前に
お金のことを
考える
5つのポイント
創業経営者向け
無料小冊子を
申し込む

創業経営者が知らなくて困ったことがいくつもあります。

①創業前に準備することとお金のこと
②どこで情報を仕入れて準備するか
③創業時のお金の大切さ、お金は借りるべし
④残念ながら、あなたにはお金は貸せませんと言われる理由
⑤今あなたが準備すべき創業時のお金のこと

創業者向け
5つのPoint
無料小冊子
申込み

スマートフォンからお申し込みください
QRコードを読み込み、お申し込みください。
(必須情報)
氏名・住所・MailAddress

創業2年目以上の
企業経営者の方
(保証協会付融資)

決算書・事業計画書

今までの決算報告書、年間資金繰り表、そして今後の経営計画書を作成します。
業界の動向、季節変動要因など金融機関側でわかりにくい情報を準備して、将来性や可能性をアピールする必要があります。

月次決算・月次資金繰り表

現在直近の経営状況を確認します。同時に、必要な書類を用意できる経営体制があるのか、それを経営者が具体的に説明できるかを見られることになります。月次決算を金融機関で説明でき、今後の資金計画と返済計画をご用意ください。

業界の将来性と市場環境

平成30年度から保証協会100%保証がなくなりました。事業性評価に基づくプロパー融資を目指しましょう。商品・サービスと業界の将来を語ってください。
① 取扱商品・サービスの将来性
② 競合相手
③ 経営環境変化への対応力

中期的な計画と社内整備

現在の経営の状況とともに、これからの中期的な会社経営を支える人材確保・育成、その先の後継者の育成など、会社の中期的なビジョンがあれば、金融機関は前向きに評価することでしょう。

決算書・事業計画書

今までの決算報告書、年間資金繰り表、そして今後の経営計画書を作成します。
業界の動向、季節変動要因など金融機関側でわかりにくい情報を準備して、将来性や可能性をアピールする必要があります。

資金繰りで
お困りのあなたでも
金融機関から
必ず資金調達
をするための
9つのポイント

無料小冊子を申し込む

Point1 金融機関選び

Point2 仲良くなるべきキーマン
Point3 企業概要のココを見ている
Point4 業務フローのココを見ている
Point5 「将来性」のココを見ている
Point6 財務諸表のココを見ている
Point7 資金繰り表のココを見ている
Point8 経営者資質のココを見ている
Point9 企業訪問ではココを見ている

金融機関から
必ず資金調達を
するための
9つのポイント
無料小冊子を
申し込む
(スマートフォンからお申込みください)
金融機関から
必ず資金調達を
するための
9つのポイント
無料小冊子を
申し込む
(スマートフォンからお申込みください)
業  務  内  容

資金調達サポート

融資や補助金の獲得のためのに必要な資料の作成をお手伝いします。
日本政策金融公庫の創業資金のみならず、信用金庫等の創業資金融資のサポートをします。
すでに創業している方については、将来の資金枯渇のリスクを乗り越えるために、地元金融機関との新しい関係を構築するお手伝いをします。
手元の資金が不足してから、どんな金融機関に飛び込んでも、誰も助けてくれません。たとえ赤字の会社でも、応援していただける関係を作りましょう。銀行への同行は、必ずお役に立ちます。

資金調達力強化コンサルティング

創業2年目、3年目で資金が途切れ、「資金がショートしそうです。お金を貸してください」と申込みをしても、「事業の先行きを見たいので、半年ほど見させてくだい」と、あっさりと断られてしまいます。
手遅れにならないよう、早めにヘルプサインを出しましょう。

当事務所では、あなたの会社を半年間をかけて経営改善します。金融機関を決めて、良好な関係を作り上げます。月次決算・月次試算表をベースに毎月の月次事業報告書を作成し、同時に次月へ向けての改善策と具体的な行動目標を設定し、あなたの会社を「信用ある会社」に格上します。

事業計画書作成サポート

中小企業の資金調達は社長様の評価から始まります。社長の今までの歴史と事業への想いを経営理念として事業計画書に反映し、じっくりと2日間をかけてヒアリングをした上で、事業計画書作成を支援します。
金融機関は、結果としての決算書も大切ですが、「将来の決算書」である『事業計画書』を重要に思っています。

今、赤字であろうと、債務超過の状況であろうと、しっかりとした経営理念を持って、ビジョンを示し、社内体制も改善できれば、融資に動く金融機関もでてくるはずです。

M E N U

資金調達支援(500万円以下) \120,000
資金調達支援(500万円超) 融資額*2%
資金調達力強化コンサルティング(6ヶ月パック) ¥180,000
(個別コンサル)月次経営改善サポート/回 ¥20,000
(個別コンサル)月次資金繰り表作成サポート/回 ¥15,000
(個別コンサル)月次事業報告書作成(当社様式)/回 ¥12,000
(個別コンサル)金融機関同行サービス/回 ¥15,000


(個別コンサル)金融機関同行サービス/回 ¥15,000
事業計画書作成サポート(ヒアリング2日間含む) ¥240,000
簡易事業計画書作成サポート(創業者用) ¥60,000
事業承継計画書作成サポート ¥100,000
廃業計画書作成サポート ¥100,000
M&A売り手側アドバイザー 売却額*15%
M&A売り手側アドバイザー 売却額*15%
その他オプション多数ご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください
金額は税抜き価額です。
ご契約までの流れ

STEP

1

お問い合わせ 電話・Fax・Mail

まずはお気軽にお問い合わせください。お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。まずはお気軽にお問い合わせください。お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

STEP

2

ご面談 貴社にお伺いします

ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。

STEP

3

ご提案・お見積り

お客様に合わせたサービスをご提案します。もちろんお見積り内容の他に請求はございません。お客様に合わせたサービスをご提案します。もちろんお見積り内容の他に請求はございません。

STEP

4

ご契約

ご提案内容にご満足いただけましたらご契約となります。全力で業務に取り組みます。ご提案内容にご満足いただけましたらご契約となります。全力で業務に取り組みます。

STEP

1

お問い合わせ 電話・Fax・Mail

まずはお気軽にお問い合わせください。お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。まずはお気軽にお問い合わせください。お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。
当事務所ではお客様とゆっくりとヒアリングをさせていただきたく、
事前にアポを取りますので、
3時間を目途に面談時間を確保ください。

事 務 所 概 要

社名 融資コンサルタント 行政書士たいぞう事務所
所在地 〒171-0052 東京都豊島区南長崎6-5-14-701
電話番号 03-6915-3126
設立 2015年10月
代表者 小 堀 大 藏
職員数 2名
事業内容 融資コンサルティング、事業承継コンサルティング、廃業コンサルティング、行政書士許認可業務等
所在地 〒171-0052 東京都豊島区南長崎6-5-14-701

代 表 挨 拶

中小零細企業が日本経済を支えています。
その企業を支える経営者の皆様と、
将来の経営者の皆様と一緒に、
元気な日本を次の世代に渡したいのです。

【プロフィール】
■東京経済大学卒業 ゼミは中小企業論を専攻
■道路専業の建設会社に事務職として就職
■最初の6年は、北海道三笠市と札幌市の第一線の作業所管理、工場管理の事務責任者を経験
■本社転勤後、リース子会社を企画、設立 金融子会社の責任者として10年間出向 借入額100億円、売上高65億円、従業員45名の実績 ここで、毎日中小零細企業の決算書を読み、与信管理を経験。
■その後約20年間は、本社技術営業部、三重営業所長を経て環境技術の営業、営業企画部、経営企画部を経て退職 多くの協力会社管理や社員育成、中長期の事業計画の作成等を行ってきた
■現在、資金調達コンサル、行政書士たいぞう事務所代表

アクセス

行政書士たいぞう事務所

tel 03-6915-3126
fax 03-6915-3136

■電話受付
 10:00~18:00 ※土日祝除く
■mail
 taizooffice@gmail.com
■アクセス
 西武池袋線東長崎駅から徒歩6分、都営大江戸線落合南長崎駅から徒歩10分。


お問い合わせ
tel 03-6915-3126
Mail taizooffice1@gmail.com

よくある質問

Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
ご提案する内容により料金は変わります。お見積は無料なので、どうぞお気軽にご相談ください。
Q
融資の話でなくても相談に乗っていただけますか?
A
もちろん、経営上の問題であればお聞きします。必要においじて、専門家をご紹介します。
Q
どのエリアまでならお願いできますか?
A
東京、埼玉、神奈川、千葉の1都3県で対応しています。もし、遠方になれば、提携している専門家がいますので、安心してご相談ください。
Q
金利の相場を教えてほしいのですが
A
ここに来て長期の資金相場が動き出しつすあります。お問い合わせをいただいた段階で返答いたします
Q
顧問契約ではどんな事をフォローしてくれますか?
A
融資に関することだけでなく、月次決算や月次報告書作成、金融機関への同行などを含みます
Q
資金調達に関する情報発信はどこを見たらわかりますか?
A
以下のブログを参照ください。できるだけ早い情報をお届けします。
Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
ご提案する内容により料金は変わります。お見積は無料なので、どうぞお気軽にご相談ください。