この本の著者より―――――――――――――――――――――
今から12年ほど前、私は人生のドン底にいました。
毎日毎日、
好きでもない仕事を夜の11時ごろまでやり、
土日も働いているにもかかわらず、
仕事は全くうまくいきません。
収入は低く来月の家賃が払えるかどうかも
不安でした。

恋人もいないし、
親とはケンカばかりで
しばらく会ってもいませんでした。

いつも不機嫌さを抱え、
何もかもがうまくいかないでいました。
毎日がストレスの連続でした。

そんなとき、
仕事の関係から私は“彼”の話を知ったのです。  

それまでの私は、
プラス思考で目標を設定して
一生懸命努力していれば、
いつかは人生で成功して
幸せになれると思っていました。

しかし、それは大きな間違いでした。
もっと楽な方法があったのです。

そして、その方法を実践することで、
私は自分自身の人生を
大きく変えることができました。

以前よりも働く時間が
圧倒的に減ったにもかかわらず、
より大きな仕事をすることができ、
収入は10倍以上になりました。

最高の恋人を見つけて、
幸せな結婚をすることもできました。
そして、
今では怒ったり不機嫌になったりすることも
めったにありません。

私は、成功をつかみ、
幸せな人生を送ることができるようになりました。
「不幸」から脱して「幸せ」になるには?は
http://directlink.jp/tracking/af/287095/fGFLucGf/ から

この本には、
あなたが幸せな人生を送るために何をすればいいか、
その秘密のすべてを書きました。

“彼”が教えてくれた秘密です。
私が幸せをつかむことに成功した秘密です。

その秘密が何なのか、ここでは言いません。
読み進んでいけば
自然にあなた自身で見つけることができるでしょう。

あなたがどんな道をたどるかは、
この秘密をどう使うかによります。
今なら、通常1300円が、
なんと1000円(送料無料)で手に入ります。
http://directlink.jp/tracking/af/287095/fGFLucGf/
 
あなたは今まで
不思議に思ったことはありませんか?
たくさんの人が
一生懸命がんばっているのに、
成功することもなければ
幸せそうにもみえないことを・・・・・。

そして、一方で人生を楽しみながら成功し、
幸せのすべてを

手に入れているように
見える人がいることを・・・・・。

ほとんどの人は、
自分で自分を不幸にしまっています。
自分で自分を
成功から遠ざけるようなことをしています。
それは、習慣的に行われているので、
本人がそれに気づくことはありません。

この本では、このような状況を脱して、
自分で自分を不幸にしないための大切な習慣と
それを身につける方法を書きました。

この習慣を身につけることで、
あなたはきっと今よりももっと充実して、
毎日が楽しくなるような人生を
送ることができるでしょう。
そして、
自分が望んでいる人生を
もっと簡単に手に入れることができるでしょう。

 幸せな人が毎日幸せなのは、
偶然ではありません。
 成功する人が成功しているのは、
偶然ではありません。
 
 逆に成功しない人、不幸な人が、
今現在そうであるのは偶然ではないのです。

 そこには何か違いがあります。
 何か秘密があります。

その秘密を知っていて使っているにせよ、
知らずに使っているにせよ、
幸せな人・成功する人はみなその秘密を使っています。

その秘密とは何なのか?
その秘密をどうやって使うのか?
あなたは今、知ろうとしています・・・・・。

今なら、通常1300円が、
なんと1000円(送料無料)で手に入ります。
http://directlink.jp/tracking/af/287095/fGFLucGf/

【お客様の声】
C氏
ほっとする1冊
気分がゆううつになった時などに読むと、ふとほっとした気持にさせてくれる一冊です。

C氏
よかった
ネガティブな私に力になりました。不安だらけの人生だったので、よかったです。

A氏
読みやすい
とても読みやすく分かりやすい本です。
まだ全部は読み終わっていませんが、私にとってこれからの人生に役立つと思います。

g氏
なんとなく自分を変えたいと思っても、いつもうまく行かない人にオススメ
人前に出たり、知らない人と話すとき緊張する。少しも前に進んでいないと感じている。
実はもっと稼ぎたいけど、稼ぐことに罪悪感がある。
他人にどう思われているかが気になって行動できない。
他人の間違いが許せず、すぐイライラしてしまう、というようなことで悩んでいるなら、この書籍が役にたつかも知れない。

M氏
どうなんだろうか
ながら読みなんで、深いところで理解していないと思うので
もう一度少し真面目に少し読みたい感じっす