ハッピーエンドが、エンドレス。

 国連による世界幸福度報告書では、2017年度、日本は51位(2013年は43位)。ランキングの分析では、身体だけでなく、「頼りにされている」「貢献できている」などのつながりもふくめた健康度などが大きなポイントになっています。

 そんななか、結婚式や披露宴は、幸せな人生のために、つながりを分かち合い、幸福度をたかめる場のはずなのに、現在のブライダルは、結婚式のためだけの会場、持込料など特有のシステム、ブライダルローンなど、負担が増えるばかりで、結婚式を挙げにくい環境をつくっています。

 だから、お二人の幸せを最優先に、家族、友人、職場などのつながりやおもてなしを大切に、ハッピーエンドがエンドレスになるブライダルをつくり続けることが、ハミングバードのミッションです。

結婚式は、幸福度をたかめるためにある。

「結婚式をあげた人の方が、離婚率は低い。(みんなのウェディング調べ)」という調査結果もあるとおり、結婚式や披露宴は、幸せを実感するだけでなく、特別な記憶として、幸せを続ける大きな原動力なります。

 また、「両家、友人、職場などの大切なご縁をつないでいく場」と言われると、少し重苦しく思われる方もおられるかもしれませんが、つながりを大切にすることは、生活の質(QOL)を測る指標として「人間関係」「仕事」「健康」に対して、大きな貢献をもたらし、二人の幸福度を高めることにつながると考えています。

幸せは、いつも近くにあってほしい。

 最近は国内外のリゾート婚もありますが、私たちは富山での結婚式にこだわっています。理由は、過去から、そして未来へ、大切にしていただきたい<つながり>のために、できる限り参加していただきやすい環境をつくりたいですし、人生の節目や子供が大きくなった時、振り返えられる場所が、普段の暮らしの近くにあることが、時を重ねていくなかで、素敵なエッセンスになると信じているからです。 

負担は最少、価格も企画も最適化。

 私たちハミングバードでは、持込み料はいただきません。全ての企画、当日の運営、関係者へのご案内や挨拶などまで、全てをワンストップでお手伝いさせていただきます。おかげさまで、お客さまからは「もっと面倒だと思っていたのに」と言われることも多いです。費用は、お手伝いさせていただいたプロデュース費用をお客様にご負担いただいき、そのほかは実費として、そのままの価格。お見積は最初からかかる費用全てをご案内いたします(もちろん費用はそのあとのご要望に応じて調整可能です)。

 また、これまでの実績はありますが、プランはなく、全てオリジナルでご提案させていただいています。私たち日本人は、自分の絶対値評価ではなく、他人と比較で考えることが多いそうです。一生に一度の結婚式だからこそ「他の人がしているから」ではなく、「これからのために本当にすべきこと」を一緒に考えてみませんか?