なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

誰でも簡単に確定申告で医療費控除申請ができる
医療費控除のやり方(手続き)ノウハウお教えします
高額医療申請しただけになっていませんか?

確定申告の医療費控除申請は難しいと思ってませんか?そんなことはありません。
今、開発中のアプリでは誰でも簡単に確定申告の医療費控除申請ができます。
2017年12月サービス開始予定
アプリ利用
希望者
抽選100名様
無料!

確定申告の医療費控除申請で困ってませんか?

  • 確定申告の医療費控除申請したいけどどのようにしたらいいか分からない
  • 確定申告の医療費控除申請方法はわかるのだけど、医療費集計フォームに記入するのに時間が掛かる
  • 確定申告に行く時間がない
  • 確定申告しようと思ったけどパソコンやプリンターがない
  • 確定申告に行く時間がない
毎年、医療費控除申請しようと思ったけど難しそうだから申請しなかた…。
毎年、医療費集計フォームを作成する時間が掛かる、何とか簡単に確定申告の医療費控除ができないだろうか?
そんな方へ朗報です!
スマートフォンから医療費控除アプリをダウンロードし、そのアプリから病院や薬局でもらった領収書と医療費明細と給与所得の源泉徴収表を写真撮影するだけで、なんと確定申告の申請書と医療費集計フォーム、写真撮影した医療明細書一式が自宅に届いてしまいます。
あとは申請内容を確認して頂き、自分の印鑑を押して源泉徴収表(原本)とともに返信用の封筒に入れて弊社に返信するだけ。
弊社の税理士が確認し責任を持って税務署に提出(郵送)させて頂きます。

2017年12月サービス開始(予定)の医療費控除アプリ「健康カルテ(仮称)」を利用すれば
そのお悩み解決できます!

確定申告で医療費控除申請を行った場合の還付額(概算)

  • 所得金額 300万円  
    医療費11万円→所得税の還付額1千円           /     住民税の減税額→1千円
    医療費15万円→所得税の還付額5千円           /   住民税の減税額→5千円
    医療費20万円→所得税の還付額1万円           /   住民税の減税額→1万円
    医療費30万円→所得税の還付額2万円           /   住民税の減税額→2万円 
  • 所得金額 500万円  
    医療費11万円→所得税の還付額2千円           /     住民税の減税額→1千円
    医療費15万円→所得税の還付額1万円           /   住民税の減税額→5千円
    医療費20万円→所得税の還付額2万円           /   住民税の減税額→1万円
    医療費30万円→所得税の還付額4万円           /   住民税の減税額→2万円 
  • 所得金額 800万円 
    医療費11万円→所得税の還付額2千3百円      /     住民税の減税額→1千円
    医療費15万円→所得税の還付額1万1千5百円 /   住民税の減税額→5千円
    医療費20万円→所得税の還付額2万3千円      /   住民税の減税額→1万円
    医療費30万円→所得税の還付額4万6千円      /   住民税の減税額→2万円 
  • 所得金額 1,000万円  
    医療費11万円→所得税の還付額3千3百円    /     住民税の減税額→1千円
    医療費15万円→所得税の還付額1万6千5百円 /   住民税の減税額→5千円
    医療費20万円→所得税の還付額3万3千円      /   住民税の減税額→1万円
    医療費30万円→所得税の還付額6万6千円      /   住民税の減税額→2万円
  • *上記還付額は保険金等の収入がなかった場合のシュミレーション値(概算額)です。
    *詳細な内容に関しましては、各税務署等にご確認ください。

  • 所得金額 800万円 
    医療費11万円→所得税の還付額2千3百円      /     住民税の減税額→1千円
    医療費15万円→所得税の還付額1万1千5百円 /   住民税の減税額→5千円
    医療費20万円→所得税の還付額2万3千円      /   住民税の減税額→1万円
    医療費30万円→所得税の還付額4万6千円      /   住民税の減税額→2万円 

医療費控除のポイント

ポイント1

医療費控除は配偶者や子供、おじいちゃん、おばあちゃんの医療費も対象に
なります

医療費控除の対象となる医療費の要件
(1)納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
(2)その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。
ポイント2

病院や歯科医院に通院した際の交通費も医療費の控除対象になります

医療費控除の対象となる交通費等
医師等による診療等を受けるための通院費若しくは医師等の送迎費、入院若しくは入所の対価として支払う部屋代、食事代等の費用又は医療用器具等の購入、賃借若しくは使用のための費用で、通常必要なもの
ポイント2

病院や歯科医院に通院した際の交通費も医療費の控除対象になります

医療費控除の対象となる交通費等
医師等による診療等を受けるための通院費若しくは医師等の送迎費、入院若しくは入所の対価として支払う部屋代、食事代等の費用又は医療用器具等の購入、賃借若しくは使用のための費用で、通常必要なもの
ご利用方法
  • 必要資料を準備(給与所得の源泉徴収表/病院、薬局等の領収書、医療明細)
  • アプリをダウンロード
  • アプリに住所、名前、年齢、還付金振込口座情報等の基本情報を入力
  • 用意した書類(給与所得の源泉徴収表/病院、薬局等の領収書、医療明細)をスマホで撮影
  • 確定申告医療費控除申請依頼をクリック
  • 自宅に申請様式一式が届いたら確認し、確定申告書に押印後、弊社への返信封筒に入れ弊社宛に投函
  • 弊社に届いた確定申告書を弊社税理士が税務署等に送付
  • 税務署から還付金の確定額が通知
  • 基本情報に入力した口座に税務署から還付金が入金
  • アプリに住所、名前、年齢、還付金振込口座情報等の基本情報を入力

お客様の声

還付金にびっくりしました

都内にお勤めの会社員 佐藤さん
私は、アレルギー体質で肌荒れがひどく皮膚科に二週間に一度通院していました。医療費も毎年20万円程度掛かっていましたが、私の所得では税金の還付なんて大したことないと決めつけ、今まで一度も医療費控除の確定申告なんてしたことがありませんでした。
今回、2017年12月サービス開始(予定)の医療費控除アプリ「健康カルテ(仮称)」のアンケートに答え、還付金のシュミュレーションをして頂き私の医療費控除還付額に驚きました。
このアプリは写メするだけで確定申告の全て手続きを行ってくれるということなので、私でも簡単に申告できるのではとはと思っています。来年の3月は必ず確定申告をしようと思います。
VOICE

目から鱗が落ちました

埼玉県の病院にお勤めの看護師 山田さん
職業柄、確定申告の医療費控除は知っていました。ただ、毎日の仕事が忙しく特に医療費の集計表を書くなんて絶対にムリ、そんな時間あったら友達と遊びに行くか寝たいと思ってました。
そんな時、医療費控除アプリ「健康カルテ(仮称)」の試作版のモニターをさせて頂きました。こんなに簡単に医療費控除の確定申告ができるなら来年の3月にこのアプリを使って申請してみたいと思います。
ちなみに、私はパソコンやプリンターを持ってなく、そんなこともあって今まで医療費控除申請しなかったのですが、このサービスはスマートフォンで全ての手続きができるので、その点が一番気に入りました。
VOICE

目から鱗が落ちました

埼玉県の病院にお勤めの看護師 山田さん
職業柄、確定申告の医療費控除は知っていました。ただ、毎日の仕事が忙しく特に医療費の集計表を書くなんて絶対にムリ、そんな時間あったら友達と遊びに行くか寝たいと思ってました。
そんな時、医療費控除アプリ「健康カルテ(仮称)」の試作版のモニターをさせて頂きました。こんなに簡単に医療費控除の確定申告ができるなら来年の3月にこのアプリを使って申請してみたいと思います。
ちなみに、私はパソコンやプリンターを持ってなく、そんなこともあって今まで医療費控除申請しなかったのですが、このサービスはスマートフォンで全ての手続きができるので、その点が一番気に入りました。
VOICE
今なら先着100名様アプリ利用無料!

医療費控除アプリ「健康カルテ(仮称)」料金表(予定)

・所得税の還付額1万円未満の方の確定申告料金

所得税の還付金額の50%

・所得税の還付額1万円以上の方の確定申告料金

5千円

医療費集計フォーム作成のみの方

無料

・所得税の還付額1万円未満の方の確定申告料金

所得税の還付金額の50%

よくある質問

Q医療費控除の内容に間違いがあった場合はどうするのですか?
Aアプリ内で医療費控除の内容をお客様が修正できますので、お客様自身でも必要に応じて修正が可能となります。
Qこのアプリを使って確定申告をする際に、医療費以外の経費や源泉徴収表に記載以外の所得があるときはどのようにすればよいですか?
A現在のところ医療費以外の経費や源泉徴収表に記載以外の所得がある方は本サービスの対象外とさせて頂きます。
Qこのアプリを使って確定申告をする際に、医療費以外の経費や源泉徴収表に記載以外の所得があるときはどのようにすればよいですか?
A現在のところ医療費以外の経費や源泉徴収表に記載以外の所得がある方は本サービスの対象外とさせて頂きます。

お申込み

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
抽選結果については当選者のみのご連絡とさせて頂き、当選者にはメールにてご案内致します。(11月下旬)
本サービスは12月に開始予定です。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

サービス運営会社
株式会社フロンティア・フィールド