カウンセラー・セラピストのための
ibマッピング
ワークショップ

◆ibマッピングを受けてみたい
◆ibマッピングを自分でやってみたい
どちらも体験できるワークショップです。

ibマッピングとは

自然治癒力学校理事長おのころ心平が、25年25,000件のカウンセリングの中で使用しているコミニュケーションツールです。

  • アイビー(ツタ)のように広がる
  • I be. 私は存在する、そのままの私
  • I:行き当たり B:バッチリ
ib(アイビー)には、3つの意味が込められています。

道具は紙と筆記用具だけ。言葉をそのままつないでいくだけです。

断捨離のやましたひでこさんも推薦の思考の整理術。

アタマの中を整理することで、ビックリするくらいにスッキリ!
新たな発見があるかもしれません。

このワークショップは
こんな方にオススメ

こんなことありませんか?

  • クライアントの話しを聞いて共感したいけれど、ずるずると時間がかかってしまい、要点が把握できない。
  • クライアントの話しがどうどう巡りで時間ばかりかかってしまう。
  • クライアントの話しに共感しすぎてしまい、自分の感受性の高さに疲れてしまう。
    • クライアントに「話しを聞いてもらった~」と実感してもらいたい。
  • 自分の思考の整理に使いたい。
  • セミナーや講座のメモを効率的に取りたい。
  • 自分のブレストミーティングに使いたい。
  • クライアントの話しがどうどう巡りで時間ばかりかかってしまう。

遺伝子栄養療法(Nutrigenomics)
鈴木淳先生に体験していただきました

ibマッピングの進め方

  • 紙と筆記用具を用意します
  • 話すほう(クライエント)を「語り手」、聞くほう(カウンセラー)を「聞き手」と呼びます
  • 語り手の名前、聞き手の名前、日にちを記入します
  • テーマを真ん中に書き、マルで囲みます
  • 聞き手が質問をし、語り手が答えます
  • 答えを書いてマルで囲み、線でつなぎます
  • それを繰り返します

なんと、それだけなんです。
とってもシンプル。でも効果は無限大です!

1dayで基礎編と応用編の2本立て

Step
1
基礎編(10:00~13:00)
  • ibマッピングとは
  • ibマッピングの基本のお約束
  • ibマッピング ペアワーク
  • 講師による公開マッピング(※人数に限りがあります)
  • 全体シェア
Step
応用編(14:00~17:00)
  • カウンセリングの組み立て
  • 質問の使い分け
  • ibマッピング ペアワーク
  • 講師による公開マッピング(※人数に限りがあります)
  • 全体シェア
Step
応用編(14:00~17:00)
  • カウンセリングの組み立て
  • 質問の使い分け
  • ibマッピング ペアワーク
  • 講師による公開マッピング(※人数に限りがあります)
  • 全体シェア

ご参加いただいた方のご感想

  • 思考の整理ができて面白かったです。自分の知らない自分の本音もかいま見えました(汗)
  • 面白かったです。自分のモヤモヤが文字で見えるというのがいいなと思います。
  • 自分の思考が整理できて、他人から言われるのではなく、自分で問題点や解決策に気づけるのがいいなと思いました。
  • 意外な自分の意見に気づけるのがすごい。
  • 自分がするべきことがみえてきた。
  • 人とのコミュニケーションのきっかけになると思った。客観的に目で見て進むのがよくわかった。
  • おとじさんに会いたかった。楽しかったです。

日時

平日開催:2020年2月14日(金)
土日開催:2020年2月16日(日)
 いずれも10:00~17:00
ご都合のつく日程をお選びください

会場

都内会議室(四ッ谷近辺)を予定しています

参加費

12,000円

お二人でお申込みいただくと
ペア割り
お一人 12,000円 → 10,000円

キャンセルポリシー:開催1週間前までのキャンセルは、振込手数料を除き全額返金致します。開催1週間を切ってからのキャンセルやご欠席は、ご返金できません。次回の開催に振り替えてご参加いただくことが可能です。ペアでお申込みの場合、お連れ様の変更は可能です。開催1週間前までのお一人分だけのキャンセルの際は、差額の8,000円を振込手数料を除き返金いたします。

FAQ

  • Q
    ibマッピングは全くの初めてですが大丈夫ですか?
    A
    大丈夫です! 日本語が話せる方ならどなたでも大丈夫です。
  • Q
    セラピスト、カウンセラーではないですが、参加しても大丈夫でしょうか?
    A
    セラピスト、カウンセラーの方をイメージして内容を構成していますが、セラピスト・カウンセラーの仕事をされていなくても、下記に該当してればご参加いただけます。
    ◆ibマッピングをやってみたい方
    ◆ibマッピングを受けてみたい方
    ◆コミュニケーション力を向上させたい方
    ◆コミュニケーションで疲れてしまうのを軽減させたい方
    ◆自分の考えを整理したい方
    ◆タスクを整理して行動に移したい方
    ◆セミナー等のノートを効率的に取りたい方
  • Q
    ibマッピングベーシック講座を受けたことがあるのですが、内容は同じですか?
    A
    ワークショップなので、テーマに沿って体験型で学んでいただくスタイルとなります。
    ibマッピングの基本的なお約束などは共通しているところはありますが、今回のテーマに沿ってアレンジしているところもありますので、ibマッピングベーシック講座とは違う内容になります。
  • Q
    一人で参加しても大丈夫でしょうか?
    A
    ワークショップの中で、ペアになってのワークがありますが、ランダムで知らない方とペアを組んでいただきますので、心配ありません。
  • Q
    昼食はお弁当を持参してもいいですか?
    A
    予定している会場が飲食禁止のため、ご昼食は、近隣のお店でおとりいただければと思います。ゴミは持ち帰りとなります。
  • Q
    ibマッピングの100名モニターに挑戦中です。ワークショップ中のibマッピングは数にカウントできますか?
    A
    聞き手(クライエント)の方のご了承があれば、用紙をお持ち帰りいただき、100名モニターにカウントいただいて大丈夫です。
  • Q
    ibマッピングのワークの中で、話したくないことを聞かれたりしませんか?
    A
    話したくないことについて聞かれた場合は、「話したくない」と言っていただいて大丈夫です。また、ibマッピングのワークには守秘義務もありますので、ワーク中にお話しいただいた内容については、お互いに、外部で公開しないようにします。
  • Q
    修了証(ディプロマ)は出ますか?
    A
    ワークショップでは修了証は出ません。修了証(ディプロマ)が出るのは、ibマッピングベーシック講座(3時間×6回or6時間×3回)となります。
  • Q
    コミュニケーションが苦手です。
    A
    ibマッピングのワークを通じて、「話しやすい」とは何なのかを体験いただけますので、今まで、どうして苦手だったのかがわかるかもしれません。
  • Q
    問い合せ先は?
    A
    ご質問、お問合せはメールでお送り下さい。

    felizdomingolabo@gmail.com

    Facebook、LINEなどで既につながっていただいている場合は、messenger、LINEでもご質問、お問合せを承っております。
  • Q
    セラピスト、カウンセラーではないですが、参加しても大丈夫でしょうか?
    A
    セラピスト、カウンセラーの方をイメージして内容を構成していますが、セラピスト・カウンセラーの仕事をされていなくても、下記に該当してればご参加いただけます。
    ◆ibマッピングをやってみたい方
    ◆ibマッピングを受けてみたい方
    ◆コミュニケーション力を向上させたい方
    ◆コミュニケーションで疲れてしまうのを軽減させたい方
    ◆自分の考えを整理したい方
    ◆タスクを整理して行動に移したい方
    ◆セミナー等のノートを効率的に取りたい方

お申込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
お申込みフォームを送信いただくと、「noreply@peraichi.com」より自動でメールが届きます。noreply@peraichi.comからのメールが届かない場合は、
  • 入力したご自身のメールアドレスに間違いがないか
  • 迷惑メールフォルダやプロモーションフォルダに分類されていないか
をご確認上、felizdomingolabo@gmail.comまでご連絡ください。

講師プロフィール

川上おとじ 脱疲労コンサルタント
  • ibマッピングスペシャリスト
  • 臨床分子栄養学医学研究会指導認定カウンセラー
  • メタモルフォーゼエッセンスセラピスト
  • ワイルドフラワーエッセンスセラピスト
  • 産業カウンセラー
人材企業勤務の後、外資系製薬メーカーに転職し、MR(医療情報担当者)として従事、医薬品栄養剤のプロモーションに携わる。栄養学の勉強のために参加した分子栄養学実践講座で自分も副腎疲労であることに気づき、転勤を機に退職。
現在、統合医療・栄養療法のクリニックに勤務し、分子栄養学の講座などを開催。
「”脱”疲労!」をテーマにBody(栄養コンサル)・Mind(ibマッピング)・Spirit(メタモルフォーゼエッセンス)の3方向から講座やカウンセリングを実施している。